« どうでしょうの「お詫び」について | トップページ | JRオールキャストによる「華麗なる列車の旅」登場! »

2007.08.10

重い決断

どうでしょう班Dお二人の連名による、今回の件についてのコメントが、水曜どうでしょう公式HPトップページの「本日の日記」にて公開された。

かしこまった言葉ではなく、いつもの彼らの言葉であるからこそ、彼らの「痛み」が直接伝わってくるし、こちらの心に突き刺さってくる。

自分たちが作った番組、その中でも、彼らにとって、そして、視聴者にとっても、思い入れが特に強い企画が、自らのミスによるものとはいえ、もう放送できない。

それは、番組制作者としては、とても重い決断。
(実際に決断したのは「会社」なのかもしれないけれども)

一視聴者である私が、彼らの本当の気持ちを推し量ることなど出来るはずもない。

あのコメントを読んだ時、頭の中にふと浮かんだ言葉があった。

「見てるぞー」

『ベトナム縦断1800キロ』で、パンクが直り、再び走り始めた大泉さんの後ろから藤村Dがかけた言葉である。

そう、ただ、ただ、見る側として今出来ることは、これからも番組を応援し続け、見続けることしかない。

「一生どうでしょうします」と誓ったのだから。

|

« どうでしょうの「お詫び」について | トップページ | JRオールキャストによる「華麗なる列車の旅」登場! »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうでしょうの「お詫び」について | トップページ | JRオールキャストによる「華麗なる列車の旅」登場! »