« 「水陸両用」で神戸観光! | トップページ | 来週はスタレビさんの「スペシャルライブ」! »

2007.08.23

「厳重注意」と「日記本」について

「水曜どうでしょう」の「原付西日本」企画における問題について、HTBから新たな発表が行われた。

「水曜どうでしょう」に関するお詫び(8/23)(HTB)

それによれば、8月23日に 環境省近畿地方環境事務所から文書にて厳重に注意されたとのことだが、その内容は「砂」を持ち帰ったことではなく、鳥取砂丘の上に大きく「水曜どうでしょう」という文字を書いた行為に対してであった。

これは、「広告物の表示」となり、事前に環境大臣の許可を受けなければならないと自然公園法(第14条第3項)で定められているそうで、その件についての注意を受けたとのこと。

「砂」を持ち帰った行為については、今回注意の対象とはなっていないが、HTBとしては、

「演出上 不適切なことと認識し、 重ねて反省しております。」
(「お詫び」より引用)

とし、さらにこう続けている(以下引用)。

今後は今回の措置を真摯に受け止めたうえで、引き続き「水曜どうでしょう」の 制作、放送に努めてまいります。
(引用ここまで)

この『引き続き「水曜どうでしょう」の制作、放送に努めてまいります』という言葉が、とてもうれしい。これこそ全国の「どうでしょうファン」が、待っていた言葉に違いないだろう。
もちろん、「厳重注意」を受けているわけだから、安易に喜んではいけないのかもしれない。しかし、「原付西日本」だけでなく、番組そのものが「最悪の事態」を迎えることは回避されたわけだ。これで、また「一生どうでしょうします」といい続けることが出来る。

さて、話を変える。

水曜どうでしょう公式HPの「ウラ」に、「本日の日記」についての解説が藤村Dにより執筆されている。本の体裁や中身についてのお話が書かれているのだが、注目したいのは最後の方に書かれていることである。一部引用してみる。

そこで今回は初めて、これまでグッズ取り扱いのなかった一般書店でも置いてもらうことにしました。

 紀伊国屋書店さんであります。

 9月5日の発売日には、いつもの道内各HTBグッズ取り扱い店のほかに、「全国の紀伊国屋書店」の店頭に「本日の日記」が並びます。道外であっても紀伊国屋さんがあれば、直接買うことができます(紀伊国屋さんだけです)。
(引用ここまで)

何と、「本日の日記」が、全国に61店舗を抱える大型書籍店・紀伊國屋書店の店頭に並ぶというのである!

もうすでに、ローソンで予約してしまってはいるものの、あの紀伊國屋書店の店頭の一角に、あの本が並ぶとなれば、これはもう店に行かざるを得ない。

阪急梅田駅の下にある梅田本店なら、「大泉本」のところに手書きのPOPを設置していたので、今回の「日記本」でも、何らかの「手書きPOP」をしてくれるのではないか、そんな期待もある。

発売日9月5日まで、約2週間。今からとても楽しみである。

|

« 「水陸両用」で神戸観光! | トップページ | 来週はスタレビさんの「スペシャルライブ」! »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
砂の持ち帰りじゃなかったんですね。
やはり砂丘への広告が問題だったんだ…。

そりゃそうですよね、そっちの方がダメと言われることに納得いきますもん。
「砂、持ち帰るな!」なんて鳥取県の公的なサイトのどこにも書いてなかったし、それをどうやって知れというのか!と思いました。

まぁ何にしてもここまで大きくなった番組なのでいつどこでどんなクレームが入るかわかったもんじゃないですよね。
ヒゲには全速力で全てをDVD化してもらいたいです。「出せ!早く出せって!」(笑)

投稿: ながおか | 2007.08.24 07:16

ながおか様
コメントありがとうございます。お久しぶりでございます。
法律というのはなかなか難しいものですねえ。広く知らしめなければ、適法か違法かわからないですものね。

DVD化については、藤村Dが公式掲示板のレスで「年2枚」とか言ってましたけどねえ・・・もう少し「何とかならんか」と思いますが(苦笑)

投稿: K_S | 2007.08.24 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「水陸両用」で神戸観光! | トップページ | 来週はスタレビさんの「スペシャルライブ」! »