« 廃線車両「復活」へ | トップページ | 実現してほしい!姫路発「伊勢志摩ライナー」 »

2007.09.11

DS持って温泉へ行こう!

水曜どうでしょう公式HPの本日の日記(嬉野D担当)を読んでいると、無性に温泉に入りたくなってきた。

思い起こせば、子供の頃はあまり温泉は好きではなかった。温泉を好んで入るようになったのは、社会人になって旅をすることが多くなってからだと思う。北海道なら、十勝川温泉・定山渓温泉、東北なら秋保温泉、近畿なら白浜温泉・有馬温泉、中国なら湯原温泉、四国なら道後温泉、九州なら別府温泉・・・行った温泉の数など、全国の温泉の数からすればほんの僅かでしかない。

できるだけ旅程の中に温泉地を組み込みたい、そんな用途にぴったり(?)のDSソフトが発売されるそうである。

「DS」で温泉ガイド 札国際大・松田教授が監修 来月発売(北海道新聞)

記事によれば、札幌国際大学の松田教授という方は、「温泉博士」として有名だそうで、この方が監修したDSソフト「全国どこでも温泉手帳」が10月に発売されるとのこと。

ソフトの中には、日本全国約1500箇所もの温泉についての泉質・効能・入浴料・地図などの情報が入っているほか、さらに各地の代表的な土産物や駅弁の情報が500件入っており、温泉地名や泉質、料金などから検索できる機能も搭載されているという。

さらに、訪れた温泉の感想を記録することができる「マイ手帳」という機能があるので、ひとつずつ温泉を「制覇」していくのも楽しいかもしれない。

参考:「全国どこでも温泉手帳」紹介ページ(マーベラスエンターテイメント)

|

« 廃線車両「復活」へ | トップページ | 実現してほしい!姫路発「伊勢志摩ライナー」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 廃線車両「復活」へ | トップページ | 実現してほしい!姫路発「伊勢志摩ライナー」 »