« かに! | トップページ | DVD第10弾編集開始・次は「箱」販売も希望 »

2007.09.16

ぶらり小旅行in鳥取

3連休の中日である。昨日は所用があり、明日は仕事のため、今日しか自由になる日がない。というわけで、先週に引き続き日帰り旅を敢行することにした。

まずは三ノ宮9時41分発の特急「スーパーはくと3号」に乗車する。

天気もよく、明石海峡大橋もきれいに見える。

2007_0916tottori0002

姫路までは先行する新快速がいるために、それほどの速度は出せない。姫路を過ぎ、上郡から智頭急行線に入ると、いよいよ本領発揮である。

2007_0916tottori0005

一線スルーの線路を快調に飛ばしていく。さらにカーブでは制御式振子機能で車両を傾けながら、最高速度130km/hで駆け抜けていく。

 

智頭からはJR因美線を経由する。途中の郡家からは若桜鉄道が分岐している。車内放送によれば、2分の接続で若桜鉄道に乗換えが可能とのこと。一瞬迷ったのだが、このまま鳥取まで乗り続けることにする。このことが、後々いろんなことに影響してくる・・・。

12時ちょうど、鳥取駅に到着。

2007_0916tottori0018

「サイコロ3」で訪れた駅前答は当時と変わらない雰囲気。
駅前のバスターミナルへ向かい、バスの時刻表を確認する。

Bustimetable_2

・・・ちょうどバスが出た直後で、次のバスまでは30分待ちである。予定では、13時48分発の若桜行き普通列車に乗車することになっている。行って帰ってくることが出来るのか・・・とりあえずバスを待つことにする。

2007_0916tottori0022

12時30分、鳥取砂丘行きのバスに乗車。車内はすべての座席が埋まっている状況である。乗車すること約30分、13時に鳥取砂丘に到着。

2007_0916tottori0023

連休中ということもあり、ものすごい台数の乗用車&観光バス&観光客でごった返している。

実は鳥取砂丘に来たのはこれがはじめて。

2007_0916tottori0026

2007_0916tottori0028

もっとゆっくりと見ていたいところではあったが、列車の時間が気になる。折り返しのバスは13時30分発。これでは予定の列車には間に合わない。というわけで、ここはタクシーに乗ることにする。

約25分ほどで鳥取駅に到着。料金は2,000円ちょうど。バスなら360円なのだが・・・。

列車の発車時刻まで余裕があるので、駅弁を購入してから乗車することにする。鳥取駅といえば、「かに寿し」であるが、今回は同じかにを使った駅弁でも、「寿し」ではないものを購入。

2007_0916tottori0039

山陰鳥取かにめし、1,100円である。

2007_0916tottori0040

中はかにの形をしている。

2007_0916tottori0041

かにのつめが二つと、身がぎっしりと敷き詰められている。味はもちろんうまい!!

13時48分、鳥取始発の若桜行きで出発。

2007_0916tottori0033

車両は、若桜鉄道のもので1両編成。郡家から若桜鉄道に入った頃から、雲行きが怪しくなってくる。14時37分、終点若桜に着くと、小雨がぱらついていた。

2007_0916tottori0063

駅舎内には、若桜鉄道のオリジナルグッズ販売コーナーが設けられていて、鉄道部品なども展示されている。

2007_0916tottori0043

駅の先には、先日兵庫県多可町から移設されたSLが置かれている。

2007_0916tottori0047

見た感じ、車両の状態はすごいことになっているのだが、走行できるかどうかの点検が行われた結果、圧縮空気で動かすことが可能だそうである(日本海新聞の記事より)。

折り返しの列車が発車するまで約40分、SLを見るにはちょうどよい時間であった。

実は、行きの「スーパーはくと3号」を郡家で降り、2分の接続で若桜鉄道に乗り継いでいた場合、若桜駅での折り返し時間は僅か9分。結果論ではあるが、鳥取砂丘に先に行ったことが功を奏したことになる。

15時16分、鳥取行きの列車で若桜駅を後にする。

2007_0916tottori0059

列車は1両増結されて2両編成となっている。

若桜駅で購入した、郡家行きの切符は昔懐かしい硬券である。

2007_0916tottori0065

郡家でJR因美線に乗り換え、智頭駅を目指す。

2007_0916tottori0067

その間に雨はだんだんと激しくなってくる。
もしこんな雨が鳥取砂丘で降っていたら・・・見学どころではなかっただろう。

16時24分、智頭駅に到着。すぐ接続する智頭急行線の普通列車を見送り、16時48分発の特急「スーパーいなば8号」に乗車する。

2007_0916tottori0072

乗車するのは上郡駅まで。特急料金も410円(自由席)とお手ごろである。

17時31分、上郡駅に到着。17時34分、姫路行きの普通列車に乗り換える。

2007_0916tottori0074

姫路には18時7分に到着。姫路といえばやはり「えきそば」である。以前から気になっていた夏限定メニューの「ひやしえきそば」を食べる。

Himeji_hiyashi

いつもの麺にあっさりとしただしと南高梅がマッチしてなかなか美味であった。
ただ、いつもの「えきそば」の美味さには勝てないような気がする。

その後新快速に乗車し、19時過ぎには三ノ宮まで戻ってくることが出来、思っていたよりも早めの帰宅となった。

日帰り旅は、どうしてもあわただしくなってしまうのだが、ここ最近日帰り旅を続けているうちに、だんだんと要領をつかんできたような気がする。意外と離れたところまで行って帰ってくることが出来るし、疲れもそれほどない。しばらくまとまった休みが取れそうにもないので、当面こんな旅が続きそうである。

|

« かに! | トップページ | DVD第10弾編集開始・次は「箱」販売も希望 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

姫路に寄ってらっしゃったんですね!
やはり「ひやしえきそば」は男性はあまり好みじゃないのかな?私は4回食べたんだけど、男性が食べてるのは見たことないですね・・・
K_Sさんはえきそばはきつね派ですか?てんぷら派ですか?私は断然きつね派です^^

電車の乗りかえがたくさんですね!かにめしもおいしそうだし。あー!また電車旅に行きたくなってきました。

投稿: きょうこ | 2007.09.17 01:12

きょうこ様
コメントありがとうございます。
確かに、周りの人はふつうの「えきそば」ばかりでしたね。何でしょうね、見た目の「ボリューム感」が物足りないのでしょうか?

私、「えきそば」は「てんぷら派」でございます。子供の頃、帰省の途中で食べたてんぷらの「えきそば」がものすごく強烈な印象として残っておりまして(当時は「きつね」のえきそばはありませんでした。えきそば=てんぷらオンリーだったのです)、あのてんぷらを食べないと食べた気がしないのですよ。

かにめしもすごく美味しかったですよ!

ぜひぜひ電車の旅にお出かけくださいね!

投稿: K_S | 2007.09.17 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かに! | トップページ | DVD第10弾編集開始・次は「箱」販売も希望 »