« 新たな「生き残り策」でどうなる? | トップページ | サーティワンフライングゲット! »

2007.09.03

期限付き新駅登場

特定の祭りやイベント、季節の時だけに営業する「臨時駅」というのはいくつかあるが、来春高山本線にできる駅は、3年間の「期限付き」になるという。

高山本線に新駅、3年間の期間限定で・富山市とJR西日本(NIKKEI NET)

記事によれば、来年3月のダイヤ改正にあわせて、高山本線の西富山駅と速星駅の間に、新しい駅を「実験的に」設置するとのこと。

これは、富山市が行っている高山線の利用客増加のための沿線活性化策の一環として行われ、来年2008年3月から2011年3月までの3年間営業が行われるという。

この駅の近くには、「富山イノベーションパーク」があり、富山市が地域住民や企業の従業員を調査したところ、1日当たり179人の乗車を見込めるとの結果が出たそうである。

以前記事にもしたが、富山市は高山線の増発や、パークアンドライド用の無料駐車場の整備、フィーダーバスの運行といった、さまざまな交通施策を実施している。今回の「期限付き駅」も、3年後には、「正式な駅」になればよいなあと思う。

|

« 新たな「生き残り策」でどうなる? | トップページ | サーティワンフライングゲット! »

地方交通」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新たな「生き残り策」でどうなる? | トップページ | サーティワンフライングゲット! »