« レイトンさんにうれしいおまけ | トップページ | 500も700(RS)も「こだま」か・・・ »

2007.10.19

JALもマイレージサービスリニューアル!

以前記事にした全日空(ANA)に続いて、日本航空(JAL)もマイレージサービスをリニューアルする。

2008年よりJALマイレージバンクがリニューアルします!(JALホームページ)

発表されたリニューアルの内容は下記の2点。
(1)マイルの有効期間を36ヶ月後まで延長
(2)FLY ON ポイントに新基準
これ以外に、特典航空券についても変更があるようだが、こちらは11月下旬に発表されるとの事。
では、発表された内容についてみていくことにする。

(1)の有効期間延長については、これまで「取得した年の翌々年末」まで有効であった。マイルの取得時期によって、有効期間は25ヶ月~36ヶ月まで幅があったことになる。
これが、取得した翌月から数えて36ヵ月後の月末まで有効となる。このほうが期限切れがいつになるのかが分かりやすいし、マイルをためやすく使いやすくなる。

(2)のFLY ONポイントについては、1点のキャンペーンと2点の変更点がある。
まずキャンペーンについてだが、2008年1月1日~12月31日までの搭乗については、通常のFLY ONポイントに加えて、搭乗運賃に応じたボーナスポイントが加算されることになる。

例えば、国内線の普通運賃、往復割引、各種回数券、特便割引1、特便割引7、シルバー割引、株主優待割引などで搭乗した場合、400ポイントがボーナスポイントとして加算される。このことによって、今まで以上にFLY ONポイントがためやすくなる。

変更点の1つ目は、FLY ONポイントによって決まる「サービスステイタス」の達成基準の変更である。
これまでは、「JMBダイヤモンド」および「JGCプレミア」については、FLY ONポイントか搭乗回数いずれかの達成基準によってステイタスを獲得することが出来た。
これが、搭乗回数の達成基準がなくなり、FLY ONポイントのみの達成基準となる。
ボーナスポイントのキャンペーン期間中に搭乗すれば、上位の「サービスステイタス」の取得も意外と早く達成できるかもしれない。
ちなみに「JMBサファイア」「JMBクリスタル」については、これまでどおりの達成基準となっている。

変更点の2つ目は、「アップグレードポイント」の新設である。
これまでは、サービスステイタスごとに国際線アップグレード券・国内線クラスJ券などが提供されていた。
これが、電子ポイント化されてステイタスごとの基本ポイントに加え獲得FLY ON ポイントまたは搭乗回数に応じたポイントが加算される。
たまったポイントは、国際線・国内線のアップグレードに使うことが出来る(路線・クラスごとに必要ポイントは異なる)。「券」と違って自分が希望する「アップグレード」に使えるという点は、利便性が高くなっていて、よいのではないだろうか。

後は11月下旬に発表されるという、特典航空券の扱いがどうなるかが気になるところ。ここはひとつ、ANAさんに負けない内容で出していただきたいものである。

|

« レイトンさんにうれしいおまけ | トップページ | 500も700(RS)も「こだま」か・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レイトンさんにうれしいおまけ | トップページ | 500も700(RS)も「こだま」か・・・ »