« ようやく届いた賞品なのに・・・ | トップページ | 乗り換えなしで熊本・鹿児島へ一直線! »

2007.10.16

「阪急+阪神+山陽+神鉄+神戸高速」が同じグループになる?

神戸市内に乗り入れる阪急・阪神・山陽・神鉄の4社が乗り入れている「神戸高速鉄道」は、神戸市が筆頭株主の第三セクター鉄道である。「車両を持たない鉄道」の元祖ともいえるこの会社に新たな動きが出てきそうである。

神戸高速鉄道 阪急阪神と統合へ(神戸新聞)

記事によれば、神戸市が神戸高速鉄道の株式を阪急阪神ホールディングス(HD)へ譲渡することを前提にした経営統合を検討しているとのこと。

神戸高速鉄道の主要株主は、神戸市のほかに、阪急・阪神・山陽・神鉄の4社だが、山陽は阪神が筆頭株主であり、神鉄は阪急・阪神HDが筆頭株主である。ということは、神戸高速鉄道が経営統合されると、神戸市内のこれらの鉄道は事実上阪急阪神HDグループでまとまることになる。

そうなると、期待したいのは「運賃の引き下げ」である。現在、乗り入れ各社から神戸高速鉄道を経由する場合、運賃は各社の運賃プラス神戸高速鉄道の運賃となり、どうしても割高になってしまう。同じ鉄道グループになることで、割引運賃制度を拡大することも可能になるかもしれない。距離を通算して運賃算出できるようになれば、もっと安くなっていいのだが・・・これは各社の収入に大きく影響するのでなかなか実現は難しいように思う。

まだ検討の段階ということなので、今後の動きに注目していきたい。

(2007.10.17追記)続報記事が出ていた。

神戸高速と阪急阪神統合 株譲渡09年春までに(神戸新聞)

記事によれば、2009年春までに神戸市が保有する株式(40%)のうち、少なくとも30%程度を譲渡することで、阪急阪神HDの出資比率が過半数になるようにするとのこと。

2009年春といえば、「阪神なんば線」が開業し、近鉄と阪神の相互乗り入れが始まる。通しでの乗車券販売に伴う自動券売機の変更や各種表示物の変更など、さまざまな設備投資が行われるので、そのタイミングにあわせての統合となるようである。

|

« ようやく届いた賞品なのに・・・ | トップページ | 乗り換えなしで熊本・鹿児島へ一直線! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ようやく届いた賞品なのに・・・ | トップページ | 乗り換えなしで熊本・鹿児島へ一直線! »