« 一泊してテッパクの旅(2)テッパクの前に「完乗」しておく | トップページ | 一泊してテッパクの旅(4)「テッパク」満喫 »

2007.11.07

一泊してテッパクの旅(3)いよいよ「テッパク」へ

鉄道博物館駅に戻ってくると、すでに10時を回っていた。早速鉄道博物館に向かう。プロムナードからは入ることが出来ず、駐車場側から並んでの入場である。

2007_1107teppaku0056

平日にもかかわらずかなり多くの人が並んでいる。
待つことしばし、まずは入場するために電子チケットを購入する。スイカをタッチし、料金を入れると入場情報が記録される。
そのスイカを持って、入口の自動改札にタッチすると、いよいよ鉄道博物館の中である。

2007_1107teppaku0057

入口の横に、ミニ運転列車の予約受付があるのだが、すでに本日分の受付は終了していた。

2007_1107teppaku0058

まだ開館してから20分ほどだというのに・・・それも平日なのに・・・すごいとしか言いようがない。

まずは「ヒストリーゾーン」へ向かう。ここには、実物の車両が36両も展示されている。

全部の写真を載せると大変なことになるので、いくつか載せてみる事にする。

2007_1107teppaku0060

入ってすぐのところに展示しているのが、鉄道記念物・重要文化財でもある「1号機関車」、英国から輸入された日本初の蒸気機関車である。後ろにつながっているのは明治時代の3等車両を模して作られた客車である。

2007_1107teppaku0062

車両の上には人が!もちろん本物ではない。夜間の照明(油灯)を屋根から差し込んでいる姿である。

こちらは元祖ブルートレイン20系客車。

2007_1107teppaku0078

こちらも車内に人が!

2007_1107teppaku0081

寝台をセットする人と、

2007_1107teppaku0082

すでに寝台でリラックスしている人。他の車両でもこういった「人物」が多数見られる。

2007_1107teppaku0086

満員電車の乗客とか。

まあ、こればかり紹介しても仕方ないので、他の展示車両も紹介してみようと思うのだが・・・長くなりすぎたので、続きは次の記事で。

|

« 一泊してテッパクの旅(2)テッパクの前に「完乗」しておく | トップページ | 一泊してテッパクの旅(4)「テッパク」満喫 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/17076517

この記事へのトラックバック一覧です: 一泊してテッパクの旅(3)いよいよ「テッパク」へ:

« 一泊してテッパクの旅(2)テッパクの前に「完乗」しておく | トップページ | 一泊してテッパクの旅(4)「テッパク」満喫 »