« 旅名人の九州満喫きっぷの旅(3)トラブル発生 | トップページ | 神戸新聞に大泉さんのインタビュー記事 »

2007.11.26

四国初!鉄道展示施設オープン!

「鉄道博物館」を筆頭に、全国各地にある鉄道展示施設だが、実は四国にはそのような施設がなかったそうである。それが今日、ついに四国にもオープンした。

「四国鉄道文化館」「十河信二記念館」「観光交流センター」オープン(愛媛県西条市)

愛媛県西条市のホームページによれば、11月26日14時にオープンした「鉄道歴史パーク in SAIJO」には、新幹線0系車両先頭部とDF50型ディーゼル機関車が展示されている「四国鉄道文化館」と、第4代国鉄総裁で、「新幹線の父」と呼ばれ、第2代旧西条市長を務め、西条市の名誉市民でもある十河信二氏の資料を展示した「十河信二記念館」と、西条市の観光や産業を紹介する「観光交流センター」の3施設があるとのこと。

特に、DF50型ディーゼル機関車はJR四国多度津工場で動態保存されていたもので、この「四国鉄道文化館」でも、予讃線と線路がつながった状態で保存されている。

その他にもJR四国や鉄道OB、市民から貸与や寄付を受けた鉄道資料も展示されているそうである。

場所は、JR予讃線伊予西条駅すぐ。
開館時間は8時から19時まで、休刊日は四国鉄道文化館、十河信二記念館が水曜日( 観光交流センターは年中無休)、入場料は四国鉄道文化館が大人300円、小中学生100円で、他の2施設は無料とのこと。

伊予西条までは大阪・神戸から高速バスも出ているので、比較的訪れやすい場所である。12月半ばになれば、「青春18きっぷ」も使えるし、近いうちに訪れたいと思う。

|

« 旅名人の九州満喫きっぷの旅(3)トラブル発生 | トップページ | 神戸新聞に大泉さんのインタビュー記事 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/17198602

この記事へのトラックバック一覧です: 四国初!鉄道展示施設オープン!:

« 旅名人の九州満喫きっぷの旅(3)トラブル発生 | トップページ | 神戸新聞に大泉さんのインタビュー記事 »