« あの雑誌で毎週DTMを学ぶ | トップページ | 明石と言えばコレ! »

2007.12.06

食べるのがもったいない?阪急の標識板ケーキ

電車の先頭車両前面に取り付けられている、行き先や種別を表す「運行標識板」。
今は、ほとんどの電車が表示幕やLEDに切り替わってしまっているが、昔は大きな駅に行くとホームにたくさんの「運行標識板」が並んでいたものである。
そんな「運行標識板」が、あるもののデザインに使われる。

阪急の標識板、ケーキに登場──大阪新阪急ホテル(NIKKEI NET)

記事によれば、阪急創立100周年記念事業のひとつとして、「特急」「準急」「急行」「快速急行」の4種類の標識版をデザインしたケーキを新阪急ホテルが発売するとのこと。

お値段は一つ2,500円で、発売は、来年1月7日から3月15日までで、2日前までの予約制となっている。

写真を見る限り、かなりよく出来ているので、なんだか食べるのがもったいない気もする。

また、新阪急ホテルのニュースリリース(PDF)を見ると、このケーキの販売期間中に、お菓子で作る阪急電車をホテルロビーに展示するそうである。この電車は、阪急電車の前身である箕面有馬電気軌道の1形を模しているそうで、これもぜひ見てみたいものである。

|

« あの雑誌で毎週DTMを学ぶ | トップページ | 明石と言えばコレ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
梅田新阪急ホテルの鉄道グッズは鉄道愛好家の私には非常に光栄です!
チョコレート生地で制作した阪急電鉄の電車の模型も実現・デビューできたら私としてはこの上ない至上の感動です!(阪急電鉄の電車の色はマルーンカラーといわれていてチョコレートと類似していることから)

投稿: 阪急チョコレート | 2008.09.26 22:19

阪急チョコレート様
コメントありがとうございます。
確かに阪急電車の色とチョコレートの色は似てますね。
手先が器用な人なら、チョコを溶かしたり型を作ったりして、自分で作ることができるかも知れませんね。

投稿: K_S | 2008.09.28 00:46

お久しぶりです!
梅田の阪急百貨店ではチョコレート製品の売り上げがトップレベルであるようです! 高級チョコレートの試食会イベントもされたほどです。
参考→http://webnews.asahi.co.jp/you/special/2005/t20050208.html
この調子で「チョコレート生地で制作した阪急電鉄の電車の模型も」といった感じです!

投稿: 阪急チョコレート | 2008.10.31 19:32

阪急チョコレート様
コメントありがとうございます。
梅田の阪急百貨店ではそんなにチョコレートが売れるんですね。
今進行中の建替え工事が終わるころには、企画の一つとしてチョコレートの電車なんていうのが出来ると面白いなあと思います。

投稿: K_S | 2008.11.01 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/17292825

この記事へのトラックバック一覧です: 食べるのがもったいない?阪急の標識板ケーキ:

« あの雑誌で毎週DTMを学ぶ | トップページ | 明石と言えばコレ! »