« 関東ふらり旅(1) | トップページ | 「北海道での知名度は100%?」 »

2008.01.13

関東ふらり旅(2)

1月13日(日)
朝、二度寝した結果8時ちょっと前に起床。ホテルの朝食をとった後、千葉駅へ向かう。
9時ちょうど発の館山行き(臨時快速運転のため、時間が変更されていた)に乗車し、五井で下車。ここから乗車するのは「小湊鉄道」である。

2008_0113_092020
テレビドラマ等でよくロケに使われている小湊鉄道に乗るのはこれが初めて。今回は、終点の上総中野で接続しているいすみ鉄道にも乗車し、房総半島を横断しようという計画である。

そんなプランにぴったりな切符がこちら。

2008_0113_092234

暴走横断記念乗車券、おとな1600円。五井から大原まで乗り降り自由なのだが、片道切符のため、降りた駅から後戻りすることは出来ない。

2両編成の気動車は、1時間ちょっとで終点の上総中野駅に到着。

2008_0113_103036

駅名表示版が「かずさ」ではなく「かづさ」になっている。

しばらく待っていると、いすみ鉄道のレールバスが隣のホームに到着。

2008_0113_103439

乗り継ぎ時間12分の間に、いろいろ写真を撮ってから、いすみ鉄道に乗車。外房線の大原に向かって出発する。
途中、大多喜駅で途中下車してみる。

2008_0113_110505

駅の近くに「房総中央鉄道館」という施設があるそうなので、立ち寄ってみる。

2008_0113_111117

入場料はおとな200円だが、当日有効のフリー切符や横断乗車券を持っていると100円になる。100円を支払って中に入ると、そこには大きな鉄道模型のレイアウトがあり、さまざまな列車が走っている。

2008_0113_111403

もう一つあるレイアウトでは、車両を持ち込んで運転することも出来るそうである。

2008_0113_111510
壁には駅名表示板がずらりとならび、列車の行き先表示板(サボ)や鉄道グッズなども販売用に並べられている。

2008_0113_111309

2008_0113_111314

奥の方にもいろんな展示品があるのだが、「諸事情」により撮影は遠慮して欲しいとの事であった。撮影した写真をいろんなことに使う輩がいるとのこと。奥に展示してあるものは、それはもうかなり貴重なものばかりであった。写真でお見せできないのが残念である。ぜひその目で確かめていただきたい。

再び駅に戻り、次の大原行きに乗車して、大原駅に到着。

2008_0113_124628
ここでの乗り継ぎ時間は約1時間。駅舎内で待っていてもかなり寒い。
かなりやられた状態で、ようやく千葉行きの電車が到着したので乗り込む。

2008_0113_133942

約40分ほどの乗車で大網駅に到着。ここからは東金線に乗り換える。

2008_0113_142323

終点の成東駅では、時間の節約と、自分の体調を考えて、特急に乗り換えることにしたのだが、乗り換え時間はわずか3分ほど。
電車を降りて改札をいったん出て、特急券と乗車券を購入し、再び改札を抜け、跨線橋を駆け上がり、ホームに停車中の特急「しおさい」に乗り込む。
座席について程なくして発車。何とか間に合った。

2008_0113_145515

飯岡駅まで980円の出費。しかし、ここで特急に乗らなければ成東駅でまた1時間近く待たなければならないので、この程度の出費は仕方がない。

飯岡駅からは銚子行きの普通電車に乗り換えて、銚子駅に到着。

もちろん、銚子駅に来たからにはこれに乗らないと!

2008_0113_153911

銚子電鉄である。停車していたのは、「桃太郎電鉄」のラッピング車両。車内で1日乗車券を買い求め、まずは終点の外川駅へ。
外川駅には、「鉄子の旅」DVD&カラー特別版のポスターが貼ってあった。

2008_0113_160532

このポスターを見て以前記事にもした「鉄子の旅」カラーの車両があることを思い出した。もし運行していれば乗りたいし、運行していなくても車庫に行けば見られるかもしれない。

折り返しの列車に乗車し、犬吠駅で下車。まずは、1日乗車券「小廻手形」の特典であるぬれ煎餅をいただく(こちら)。さらに、売店をのぞいてみると気になるものを発見。

2008_0113_162217

「新春銚電セット」である。
ぬれ煎餅(5枚入り)2セットと、「銚電のいわしの佃煮」2セットに、犬吠駅の入場券がセットなって限定1000袋・一袋2000円での販売である。
「残り195」の文字も気になりつつ、せっかくなので購入。
中身はこんな感じ。

2008_0113_230715

入場券は裏面に干支が描かれている。

2008_0113_230755

2008_0113_230739
再び電車に乗り込む。今度は普通の塗装車両である。

2008_0113_163556

車内には、テレビ番組「カルチャーSHOwQ」で書かれていた手作り車内ポスターが吊ってあった。

2008_0113_163452

床が「木」というのがまたいい。

2008_0113_163513

今度は車庫のある中ノ町駅で下車する。すると、「鉄子の旅」カラー車両が留置されていた。

2008_0113_165739

出来れば乗りたかったのだが・・・残念。
次の銚子行きの電車まで時間があったので、歩いて銚子駅へ。ここでまた待つこと約30分、千葉行きの普通電車に乗り込み、2時間弱の乗車で千葉に到着し、再び宿へと戻ってきた。

本日は千葉県内のローカル鉄道に3つも乗車するという、かなり「濃い」旅になった。
明日はもう帰るのみ。特に途中でどこかに立ち寄る予定も立てていないし、出来るだけ早く帰るつもりである。

|

« 関東ふらり旅(1) | トップページ | 「北海道での知名度は100%?」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/17684713

この記事へのトラックバック一覧です: 関東ふらり旅(2):

« 関東ふらり旅(1) | トップページ | 「北海道での知名度は100%?」 »