« 旧交通博物館が復活!? | トップページ | 房総半島横断中 »

2008.01.12

「あなたも一日ミュージシャン体験!」に参加する

以前記事にしたデアゴスティーニの「『週刊 マイミュージックスタジオ」。
記事にした後に、CyberBuzzから商品発売を記念した限定イベントのお知らせが届いたので、申し込んでみたところ当選したので、本日そのイベントに参加してきた。

イベント開催場所は、東京・築地にあるデアゴスティーニ・ジャパン。
朝、大雨の神戸空港から飛行機で羽田へ、イベントの受付開始までは、雨の中をいろいろとめぐって時間をつぶした後(これについては後ほど記事にする予定)、会場にたどり着いた。

受付を済ませ、会場に案内されると、そこにはこんな風景が。

2008_0112_154912
大きなスクリーンが前にあり、テーブルの上にはパソコンが置いてある。これを使って今回のイベントに参加することになる。

2008_0112_155241
もちろん、「週刊マイミュージックスタジオ」創刊号も置かれている。
そして、部屋の壁面にはこれまでにデアゴスティーニ・ジャパンが発行してきたパートワークの全てが飾られている。

2008_0112_154641

いろいろ見ていると、初期に発売されたパートワークの中に購入したことがあるものを発見。

2008_0112_154632

「ENGLISH FOR YOU」。英語学習のパートワークである。付属しているのがCDではなく「カセットテープ」であるところが、時代を感じさせる。

また、部屋の周りを見渡すと、いろんな模型が展示されている。これらも全てデアゴスティーニ発行のパートワークを全て購入すると出来上がるものばかりとのこと。

2008_0112_154409

先日実物を見た(記事はこちら)C62 2号機の模型もある。

2008_0112_154827

手前の戦艦大和は、本当によく出来ている。

そうこうしているうちに、参加者が続々と集まり、いよいよイベントのスタートである。

まず、サイバーバズの担当者やデアゴスティーニ・ジャパンの担当者からの挨拶と、デアゴスティーニについての説明が行われた。

「デアゴスティーニ」という名前は、創業者・ジョバンニ・デアゴスティーニからとられたそうで、1901年に地理学研究所として創業したそうである。1959年にパートワーク形式の出版物を発行し、日本には1988年に参入し、今年で20周年。これまでに97タイトルが発行されているとの事。
「knowledge for life」をスローガンに、「意欲があればどなたにでも始められるように(パートワークを)作っている」そうである。

その後、この「マイミュージックスタジオ」の監修を手がけられた小川悦司さんによる商品説明がスタートした。

今回の「マイミュージックスタジオ」に使われているソフトは、「Singer Song Writer」。
国産ソフトとしてもメジャーなこのソフトのパッケージ版(現在最新版は8.0)に、使いやすい機能を加えたオリジナル版が使われているそうである。

以前の記事にも書いたとおり、ソフトの機能が全て使えるようになるには、50号まで買い揃える必要がある。各号の内容がそのままソフトの「説明書」にもなっているので、途中が抜けるとつらいのでは、とのことであった。
また、ソフトMIDI音源として「VSC(Virtual Sound Canvas)」もついてくる。こちらの方は最初から902音色+26ドラムセットが機能制限なしで使える。これはかなりお得感がある。

さて、内容は6つの章に分けられている。イベントでの説明順序と異なるが、ここでまとめておくことにする。

・ミュージックプロジェクト
ソフトの使い方をマスターするこのパートワークのメインコンテンツ。付属するCD-ROMに映像ガイドが入っており、それでアウトラインをつかんだ後に、同じくCD-ROMに収録されている素材を使って学習していくことになる。1回約30分程度で学べるようになっている層である。
・音楽アラカルト
音楽の知識を深めることの出来る内容に成っており、第1回目では「世界の音階を楽しむ」という内容で、CD-ROMにも中近東系音階や琉球音階による「ある童謡」が収録されている。
・マイ・サウンドラボ
周辺機器やソフトの紹介等のコーナー
・この1曲、大解剖!
ヒット曲をさまざまな角度から分析。第1回はサザンオールスターズの「TSUNAMI」についての分析。3号では「世界に一つだけの花」、5号では「サウンド・オブ・サイレンス」が紹介されるそうなので、5号は絶対買い!(個人的に)。
・ワーズワード
音楽制作で知っておきたい専門用語や音楽用語の辞典。
・サウンド・インデックス
ソフトMIDI音源に収録されている楽器についての紹介。CD-ROMには音色のサンプルサウンドも入っている。

イベントでは、1月21日夕方から放送されるという「マイミュージックスタジオ」の30秒CM2パターンが流された。

2008_0112_163423

パートワークのCMの「王道」といってよい内容であった。画面の右手にいらっしゃる方が、小川さんである。

そしていよいよ、ソフトを使ったレクチャーが始まる。
まずはソフトを起動し、今回の学習素材を読み込む。

2008_0112_163549

今回の題材は、ベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」。名曲である。ちなみに、各号ごとに有名な曲が題材となっているそうなので、学ぶのも楽しいだろう。

2008_0112_163618

画面の上部がMIDIトラック、画面の下がオーディオトラックになっており、創刊号では下のオーディオトラックのみを使用する。

CD-ROMに入っている素材(WAV)を各トラックに読み込んでいくと、あっという間に「スタンド・バイ・ミー」が完成していく。

2008_0112_164329

2008_0112_170930

あまり詳しく解説すると、「創刊号」の内容をそのまま紹介する形になってしまうので、このくらいにしておく。
最初は、素材の貼り付けで曲を作っていくことからスタートするので「楽器が出来ない」人でも全く問題なく楽しむことが出来るはずである。

途中10分ほどの休憩を挟みながら、約2時間。あっという間にイベントも終わりの時間となった。アンケートを記入して、お土産をいただいてイベント終了である。

ちなみに、いただいたお土産はこちら。

F1000014
「マイミュージックスタジオ」創刊号+バインダー(バインダーは創刊号に1つついてくるとのこと)と、今発売中の「地球の鉱物コレクション」創刊号である。

ちなみに、「鉱物コレクション」の創刊号に入っているのは「アメジスト」の原石である。

2008_0112_213535

こういったパートワークはどうしても途中で挫折しやすいものである。
しかし、今回のイベントのように1回でも「講習」のようなものを受ければ、続けられそうな気がする。もちろん、購入者全てに対して実施することは出来ないだろうが、販売促進の手段として、「創刊号を使った講習会イベント」というのは、アリだなあと感じた。

「ENGLISH FOR YOU」はすぐに挫折してしまったのだが(苦笑)、今回の「マイミュージックスタジオ」は続けていけそうな気がしている。

参考:マイミュージックスタジオ公式サイト(http://www.de-club.net/mms/

|

« 旧交通博物館が復活!? | トップページ | 房総半島横断中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/17670737

この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたも一日ミュージシャン体験!」に参加する:

» ☆デアゴスティーニ新商品『マイ ミュージック スタジオ』体感イベント!!☆ [*izumanix*]
GGMATESさんのクチコミ案件にてご招待頂きました。 今回のイベントは、題して・・・ 楽器が弾けなくても、楽譜が読めなくても、パソコンで音楽をクリエイトできる!! デアゴスティーニ新商品『マイ ミュージック スタジオ 』体感イベント!!... [続きを読む]

受信: 2008.01.16 19:13

« 旧交通博物館が復活!? | トップページ | 房総半島横断中 »