« 関東ふらり旅(2) | トップページ | また忘れるところでした・・・ブログ開設4周年 »

2008.01.15

「北海道での知名度は100%?」

仕事場で定期購読している雑誌「宣伝会議」1月1日号をパラパラとめくっていたら、「地域で人気のおもしろ広告-北海道篇-」という記事に目が留まった。

「北海道」「おもしろ広告」・・・この2つのキーワードで、「彼ら」が出てこないはずがない。
記事のトップに紹介されている広告は、NTTドコモ北海道のFOMAエリア改善CM、そうTEAM NACSが出演しているあのCMである。

記事タイトルは「地元でもやっぱり人気 北海道での知名度は100%?」。

記事の冒頭は、大泉さんを「『水曜どうでしょう』で一躍全国区タレントとなり、今や、俳優、バラエティ業に引っ張りだこ」だと紹介し、その大泉さんが所属する劇団ユニットTEAM NACSを、「地元北海道で知らない人はいないといわれるほどの人気者集団である」と書いている。

「知名度100%」とか「知らない人はいない」というのは、かなりオーバーな表現のようにも思えるが、こういった雑誌の特集記事で「北海道の顔」的な扱いを受けるようになったのは、彼らの知名度が北海道以外でもそれだけ上がってきている証拠ともいえるだろう。

大泉さんをはじめとするメンバーのCMカットシーンも、モノクロ記事のため不鮮明ではあるが何点か掲載されているほか、NTTドコモ北海道の方にTEAM NACSを起用した理由などを聞いたインタビューも掲載されている。

すでに次の号(1月15日号)が発売されているので、探すときはご注意を。
掲載ページは96ページである。

|

« 関東ふらり旅(2) | トップページ | また忘れるところでした・・・ブログ開設4周年 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/17708726

この記事へのトラックバック一覧です: 「北海道での知名度は100%?」:

« 関東ふらり旅(2) | トップページ | また忘れるところでした・・・ブログ開設4周年 »