« あの「白と青のツートンカラー」復活! | トップページ | 温泉で「文豪気分」を体験しよう »

2008.02.28

山陽・九州直通新幹線は「グリーン席」付き

一つ前に初代新幹線「0系」の塗装変更についての記事を書いたが、今度は最新車両の話題である。

3年後に直通運転を開始する山陽新幹線と九州新幹線に導入される新しい車両のデザインなどが発表された。

山陽・九州新幹線直通用車両のデザインなどについて(JR西日本:JRニュース)

上記JRニュースによれば、新しい車両はN700系をベースに作られており、九州新幹線の急勾配に対応するため全ての車両が電動車であるほか、全席禁煙、モバイル用コンセン置、車内防犯用カメラなどの設備を備えている。

編成は8両編成で、普通車自由席3両(2&3シート)、残り5両のうち1両(6号車)は半室グリーン席になっており、他は全て普通車指定席(2&2シート)となっている。

現在九州新幹線の全車両と山陽新幹線の「レールスター」車両にはグリーン車はない。この新しい直通用車両で登場する「半室グリーン」というのは、在来線ではあったが新幹線では初登場ではないだろうか。

まずは今年の秋にJR西日本が先行量産車を製造し、山陽新幹線管内で各種試験を実施するとのこと。果たしてどんな車両に仕上がるのだろうか、今から楽しみである。

|

« あの「白と青のツートンカラー」復活! | トップページ | 温泉で「文豪気分」を体験しよう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/40295272

この記事へのトラックバック一覧です: 山陽・九州直通新幹線は「グリーン席」付き:

« あの「白と青のツートンカラー」復活! | トップページ | 温泉で「文豪気分」を体験しよう »