« 0系で行く のんびり山陽新幹線の旅 | トップページ | ついに北海道から「道内夜行特急」消滅・・・ »

2008.04.20

「九州満喫きっぷ」で行く熊本~小倉への旅

土曜日、博多に着いたあと、何も予定を立てていなかったので、駅近くのネットカフェで、宿を探したり、旅の予定を考えた結果、せっかく九州に上陸したので、以前記事にした「旅名人の九州満喫きっぷ」を使った旅をすることにした。

宿を熊本に出来た新しいホテルに決め、高速バスで移動し一泊。日曜の朝、ホテルをチェックアウトし、最寄の駅へ向かおうと熊本市電の停留所に向かうとこんなポスターを発見。

2008_0420kyushu0004
熊本城の本丸御殿が落成したことを記念して、今日1日市電の運賃が無料になるとのこと。すぐに熊本駅に向かおうと思っていたのだが、せっかくなので少しだけ市電を乗り降りしてみた。

2008_0420kyushu0002

2008_0420kyushu0001

車内にも「全線無料運行」の表示がなされていた。

時間もあまりないので、熊本駅に向かい、早速「旅名人の九州満喫きっぷ」を購入。
まずは久留米へ向かう。

2008_0420kyushu0007

久留米からは久大本線に乗り換え。

2008_0420kyushu0009

由布院行きの普通列車で出発。

2008_0420kyushu0012
カッパの形をした田主丸駅を眺めたりしながら、乗換駅となる夜明駅に到着。

2008_0420kyushu0024

2008_0420kyushu0016

乗り換え時間17分で、日田彦山線田川後藤寺行きに乗車する。

2008_0420kyushu0028

田川後藤寺駅からは、平成筑豊鉄道に乗り換える。これに乗車できるのが「九州満喫きっぷ」のメリットである。

2008_0420kyushu0032

金田駅で20分以上の乗り継ぎ時間があったので、駅周辺をうろうろし、昼食を調達、再び駅に戻ってくると、こんな車両がやってきた。

2008_0420kyushu0038

3月9日に登場したばかりの新車両「へいちく浪漫号」である。団体列車だったので乗車することは出来なかったのが残念。

しばらくして直方行きの列車が到着。

2008_0420kyushu0041

「なのはな号」、こちらも新しい車両である。こちらに乗り込んで出発。

2008_0420kyushu0045

この先は直方まで複線区間が続く。非電化の複線といえば、以前乗車した関東鉄道を思い出す。
終点の直方駅から歩くこと約10分、今度は筑豊電鉄に乗車する。

2008_0420kyushu0054
筑豊直方駅のホームに上がると、ちょうど電車が到着したところであった。

2008_0420kyushu0056
今回の「九州満喫きっぷ」から乗車が可能となったこの筑豊電鉄で終点の黒崎駅前に向かう。道路上を走る区間はないのだが、その揺れっぷりは路面電車のようである。

黒崎駅からは、再びJRに乗車し小倉へ。小倉駅からモノレールに乗るということも考えたのだが、帰宅があまり遅くなるのも体がきついので、新幹線で一気に帰ることに。
指定席を確保して、やってきた「のぞみ」はこの車両。

2008_0420kyushu0059

300系である。最新のN700系や700系に比べると、揺れるし、車内もうるさい。ただ、車内はかなり空いていた。隣に人が座ることもないまま、新神戸駅に到着。地下鉄とJRを乗り継いで19時半過ぎには自宅に到着となった。

やはり1日だけ使うというのは、どうも中途半端な感じがする。
残り2日分で、いつ・どこに行くか、7月の有効期限までにじっくり考えようと思う。

|

« 0系で行く のんびり山陽新幹線の旅 | トップページ | ついに北海道から「道内夜行特急」消滅・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/40943348

この記事へのトラックバック一覧です: 「九州満喫きっぷ」で行く熊本~小倉への旅:

« 0系で行く のんびり山陽新幹線の旅 | トップページ | ついに北海道から「道内夜行特急」消滅・・・ »