« 大泉さん露出媒体チェック(追加4) | トップページ | レイトン教授・携帯電話に内蔵 »

2008.05.27

DMV開発に強力な援軍登場!

JR北海道が開発し、試験運行が行われている「DMV(デュアル・モード・ビークル)」。実用化に向けての課題で一番大きなものといえば、その「乗車定員」だと思われる。
現在の「DMV」はマイクロバスを改造したもので、定員は16名(運転手を含む)。実際に営業運転を行うには少なすぎる。
その問題を解決すべく、強力な「援軍」が登場することになった。

JR北海道のDMV開発、トヨタ・日野が参加(NIKKEI NET)

記事によれば、トヨタ自動車の子会社である日野自動車が、定員が25人以上で、現在より積載重量を1トン増やせる車両を研究しているそうで、これが実現すれば、実用化に向けて大きく前進することになる。

地方鉄道が生き残るためのひとつの手段として注目される「DMV」、今回のトヨタ・日野自動車の協力による新たな車両の登場がとても楽しみである。

参考:JR北海道「DMV」の紹介ページ

|

« 大泉さん露出媒体チェック(追加4) | トップページ | レイトン教授・携帯電話に内蔵 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/41344897

この記事へのトラックバック一覧です: DMV開発に強力な援軍登場!:

« 大泉さん露出媒体チェック(追加4) | トップページ | レイトン教授・携帯電話に内蔵 »