« いよいよ明日! | トップページ | さよなら「AIWA」 »

2008.05.14

「変えていいもの、変えちゃいけないもの」再び

会社帰りに「水曜どうでしょう」DVD第10弾「東京2泊3日70㎞/マレーシアジャングル探検」を引き取ってきた。
帰宅後、いつもなら「Disk1」から順番に見るDVDを、今回ばかりは「Disk2」から見始めることにした。
そして、予告編が終わったところで、今度は「副音声」をonにして再び予告編から企画発表のシーンまでを見た。

なぜそのような見方をしたのか。

それは、以前藤村Dが公式HPの「ウラ」で発表した、予告編BGMの変更、これを確認するためである。そして、確認を終えた後、今度はDisk1も少しだけ見てみた。見た部分は、本編が始まる直前の日時と場所が出るあのシーンである。

・・・そうか、ここも変わったのか。てっきり「ギャオス逃げ去る」だけが変わると思い込んでいたのだが、「ガメラ出現」も新しい曲に変わっていた。

このBGMが変わるということに対して、以前こんなことを書いていた。

まあ、どんな音楽に仕上がったのかも分からない状況だし、実際に新しい音楽による「予告編」を見れば、また違った感想を持つ可能性もある。
「1/6の夢旅人」が使えなくなり、「ベトナム縦断1800キロ」の最終夜エンディングで「1/6の夢旅人2002」という「新曲」が投入されたときに感じたように、「これはアリやな」と思うかもしれない。

はっきり言おう。

これは「ナシ」だと。

長年にわたって定着し、番組の「血となり肉となってきた」(DVD副音声での嬉野D発言)BGMを変えるのならば、定着したイメージを完全に払拭し、これまで以上に「ぴったり」だと感じさせるものでなければならない。果たして、そんな仕上がりだったのだろうか?
何度か聞いてみたのだが、やはり違和感を感じざるを得ない。

見ている側としては番組に対する思い入れと同様、そこに使われている音楽に対する思い入れも強い。特に、「水曜どうでしょう」の場合は、使われた音楽の選択があ まりにも優れていたために、元々の曲が使われていた作品(「ガメラ」など)や、ほかの番組を見ていても、その音楽がかかった瞬間に、「どうでしょう」の場 面がふと浮かんでしまう・・・まあ、こういうのは一種の「病気」なのだろうが(苦笑)。

それほどまでにイメージがついた曲が、いとも簡単に変わってしまった・・・なんともやり切れない。

藤村Dは、DVDの副音声で今回の新BGMについては、レコーディング(10時間)に立会い、曲が誕生するところから立ち会ったことから、思い入れはある、そして、今後の新作やDVDにおいても、長い時間をかけて使っていきたいといった内容の発言をなされている。

そうやって何度も聞いていけば、そのうち慣れるのかもしれない・・・でも、今はそんな気持ちには到底なれないし、彼ら(どうでしょうD陣)のいう「思い入れ」は、今の段階では全く伝わってこない。

そして、BGMとは関係のない話になるが、ついに、次回DVDの予告がパッケージ内に入らなくなってしまった。入っていたのは、これまでの10本のDVDパッケージをステッカーにしたもの。今後のドラマ制作のスケジュールなども考えると、今年のDVDはこれ1本で終了する可能性が高まった。

新作制作の予定は未定、DVDの発売予定も不透明、「どうでしょうクラシック」で多発する「企画飛ばし」、相変わらず増えていく「新作グッズ」・・・いったい「水曜どうでしょう」は、どこへ向かっているのだろうか・・・まあ「すでに終わった番組」なので、どこにも向かっていないとも言えるのだが。

|

« いよいよ明日! | トップページ | さよなら「AIWA」 »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私も「なし」という感想です。印象は変わるかもしれませんが、少なくとも既存のものに関しては今までの音楽を使ってほしい。作曲家の方はファンの方らしいですが、今の所は「好きなら黙っていてほしかった」という思いです。

>予告

次回は拉致関係が関わるため未定なのだと思います。今までもチラシに予定日はなかったですし。

>グッズ

確かにそうですね。多くの人が期待する写真集の再販・BOXの再販は延ばし延ばしなのに・・・

私が最初にがっくり来たのは、DVDのケースです。なんか作業が粗くなっていませんか?顔だけ浮いている感じがします。

投稿: コバ | 2008.05.15 00:04

コバ様
コメントありがとうございます。
DVD化というのは、基本的に初回放送時(「水曜どうでしょう」としての放送時)のテイストを出来るだけいかしてほしいと思っているので、「今までの音楽を使ってほしい」というご意見は全く同感です。

予告についてですが、予定日についての告知はなかったものの、次にどんな作品が、おおよそいつくらいに予約開始で、いつごろ(春とか秋とか)発売なのかくらいはわかったように思うのです。
確かに順番で言えば次は「桜前線」と「十勝二十番勝負」ですから、いろいろとあるのかもしれませんが・・・それならば「最新作」のDVD化という手もあったようには思うんですけどね(まあ、それはあまりうれしくはないですが)。

グッズについては、グッズ店長も絡んでくる話なので、D陣だけがどうこうという問題ではないんでしょうけどね。ニーズは分かっているはずなのになあ・・・。

DVDケースの「顔だけ浮いている感じ」は、ご指摘を受けて初めて気づきました。今回はとにかくBGMが変わるということが気になっていたので、ケースの絵柄には目もくれず・・・でございました。

投稿: K_S | 2008.05.15 00:30

こんにちは。
実はあたし、今回のDVDの購入は見送ったんです。
K_Sさんの前の記事を読んで、あたしの考えは同じだったし、「見たくないな」と思ってしまって…
D陣が「いい」と思ったものが「水曜どうでしょうそのもの」になるってコトなんでしょうけど、それは今後にしてもらって、過去のものはなるべくそのままにしてもらいたいです。
シーンにしても、セリフにしても、そこに流れる音楽にしても、この何年かの間でファンそれぞれが、思い出とか気持ちとかと一緒に封じ込めた「それぞれの水曜どうでしょう」があると思います。
それは「こっちの方がいいから」とか言われて、すぐに入れ替わるものではないですよね。

ちょっと落ち着いたら、DVDを買って見ようと思います。

投稿: ことぶき | 2008.05.15 12:49

ことぶき様
コメントありがとうございます。

今制作に入ろうとしているドラマの件もそうですが、最近のどうでしょうD陣の「水曜どうでしょう」というものに対する「考え方」や「想い」というものが、視聴者のそれとかなり乖離しているのではないかと思うのです。

「変わらないことに価値がある」「変わらないからこそいつ見ても変わらない面白さがある」、それが「水曜どうでしょう」という番組が持つ魅力だったと思うのですよ。
その部分がどんどん失われていくような気がして、「一生どうでしょうします」という気持ちもどんどん失われていくような気がして・・・なんともいえない気分になりますね。

まだDVD本編は見ていないです。私ももう少し落ち着かないと見る気にはなれないですね・・・。

投稿: K_S | 2008.05.15 14:05

 こんにちは。突然のコメント恐れ入ります。
 私は、「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事にはガメラの検索から参りました。
 拙Blogでは従来より、ガメラに関連する情報の一環として、水曜どうでしょうに言及した記事をまとめておりまして、この度5月15日付けの更新、
ガメラ:平成(金子)版キャスト関連情報 2008/05/15
http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/afb9591ef0e436ebc454437175b4e45f
中にて、こちらの記事をご紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。事後のご報告となり申し訳ございませんが、もし差し支えなければ、拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。

投稿: ガメラ医師 | 2008.05.15 19:01

こんにちは
わたくしはTV番組のDVDは、基本的に放送時と同じか、放送の為に作成した素材を使ったモノになるべきだと思います。
DVDによって、放送後に追って見る人たちも沢山いるわけですから。

最初のonちゃんの映像は、onちゃん(安田さん)の動きを彷彿とさせて、とてもイイ感じでカワイイと思いました。

が、んー・・・音楽には違和感があります。
全体的に軽い。低音パートが少ないのと単音符が多いからなのでしょうか?曲の「味」や「色」がまったく違う感じです。(専門家ではないので、勝手な印象です)
ディレクターさん達や作曲者が「違うテイストのモノ」を選択されたのかもしれませんが、どうしても変更せざるを得ないならば、せめて今回のマレーシアジャングルのような、緊迫感・期待感を多大に持たせる作品には使わないで欲しかったなぁ・・・(T_T)
(言いたいことがいっぱいありますが、考えてると悲しくなっちゃうので、ここまでで失礼します・・・)

投稿: まねぴー | 2008.05.21 11:48

ガメラ医師様
コメント&記事のご紹介ありがとうございました。
記事も拝見させていただきました。
今回のBGM変更については、いろんな意見があるようですね。
こういった意見があることを制作者側が知ってくれるといいなあと思っております。

投稿: K_S | 2008.05.21 22:07

まねぴー様
コメントありがとうございます。
onちゃんの映像はいいですよねえ。それは私も同感です。
そして、あの音楽についての「軽い」という感じも同じですね。「ギャオス逃げ去る」が持つ重厚感とでも言いましょうか、あの「大げさ」な感じがよかったのに、その部分が完全にそがれてしまったのはいただけないなあと思っております。
公式掲示板を見る限りでは、BGMに関する「批判的な意見」はあがっていないのですが、やたらと「投稿時間」に「間隔」があるようです・・・掲示板掲載の「基準」に引っかかってしまったのか、あるいは、こんな「批判的な意見」を持つ人がいないのか・・・どうなんでしょうね?

投稿: K_S | 2008.05.21 22:27

今回のDVD(#10)を観て、これまでのガメラの音楽は緊迫感があってとてもよい選択だったことを痛感しました。
あの曲でこれからどのようなことが起きるのか、場合によって観ているこちらもその場に居合わせてるような、そんなドキドキ感がありましたが、今回の曲は…他人事というか…ちょっと距離感があるような印象を受けました。
今後のDVDにもこの曲が使われるのかと思うと、どうにも魅力が減じられるような気がしてなりません。勿論、水どうはエピソードが主なのは頭で理解しているのですが、新しい曲に関しては感覚的に盛り上がりを殺ぐ効果しかないように今は思われます。
副音声で藤村氏が新しい曲への思い入れを口にされていましたが、受け手側のこれまでの思い入れ(実際はほんの一部の人かもしれませんが)は、置き去りにされたような思いがあります。
時が経てば慣れるのかもしれませんけども。ただ制限がないのであれば本放送の世界を大切にして欲しかった、というのは正直な気持ちです。

投稿: JoJo | 2008.05.22 09:49

JoJo様
コメントありがとうございます。
「受け手側のこれまでの思い入れ」は、一部の人だけが持っているものではないと思います。多くの人がきっと同じような思い入れを持っているんだと思っています。
次のDVDがいつ発売されるのかわかりませんが、そのときにはあの曲が元に戻ってくれればいいのですが・・・難しいですかねえ?

投稿: K_S | 2008.05.22 22:52

 どうも、お久しぶりです。

 実は当方の第一印象「あれ?この曲…インプレスでの『ユーコン』に似ているかな…?」でした。

 賛否両論はあって当たり前だと思います。

 ただ、じわじわと厳しくなっていく著作権法(著作権保有者の没後五十年から七十年に延ばそうという動きがあるらしいし、曲の使用料もメディアによって違うとか)に早く手を打った、ような気がします。

 なんとなく、四半世紀以上前の特撮論議を彷佛とする印象を抱くのは当方だけでしょう。
 ここ数日止まっている日記が怪獣映画の話題なのもなにかの暗示かも。
 エキストラが我々で、我々が飽きてきているのではと…まさかと思いますが…。

 爆発シーンに関してはもう少し迫力が欲しいな、というのが素直な感想です。

 ドラマが終わったら旅に出る、それに期待します。
 それでは。

投稿: ZAP01533 | 2008.05.29 22:29

ZAP01533様
コメントありがとうございます。お久しぶりでございます。
インプレスで使われている曲ですか・・・インプレスさんの場合は、曲が「使えない事情」というのがはっきりと分かっていますから、曲が違っていても納得できるんですけどねえ。
賛否両論あるのは、私も当たり前のことだろうと思ってはいます。
ZAP01533さんがおっしゃるような「著作権」がらみの話ということであれば、その旨をぶっちゃければいいのになと思うわけです。
そして、曲の使用料が絡む話でそのかかる費用分だけDVDの値段が上がるなんてことになったとしても個人的には容認できます。
また、昔の「1/6の夢旅人」のように「権利関係」の問題で曲が使えなくなるということであれば、それもぶっちゃけてもらって、新しい曲にします!というのなら、仕方ないなと思うのです。
しばらくは彼らもドラマ制作にかかりきりになるでしょうから、その間にこの「BGM」の話もうやむやのまま忘れ去られてしまうのかもしれません・・・そうなって欲しくはないのですが。
「ドラマが終わったら旅に出る」、これは私も同じ気持ちです。

投稿: K_S | 2008.05.30 00:15

自分も新DVDのBGMには違和感ありありです。
なんか軽い感じで大げさ感が失われていきました。

「なんかがっかり・・・」

最近思うのは水曜どうでしょう側が気負いすぎてる気がします。
2006年の新作(ヨーロッパ完結編)も録画してありますが、なぜか複数回見る気がしません。

いつもなら何回も見てるのですが2006年のはどうしても笑えないんです。

全国で放送される事を意識しすぎて大型企画にこだわってる気がします

「年に1回の新作なのにこんなしょぼい企画かよー」でイイと思うんですけどねえ・・・。


投稿: ムンク | 2008.06.05 21:40

ムンク様
コメントありがとうございます。
「気負いすぎ」とか「大型企画へのこだわり」みたいなものは、私も感じます。
実は「2006年最新作」、ABCテレビでの放送を1回録画し忘れたのですが、余り悔しくなかったんですね。以前ならものすごく後悔してたはずなのに、今回はそういう気持ちが起こらなかった・・・見ていて正直なところ「来週が楽しみ!」って思わなかったのもあります。
あと、視聴者の思う「面白さ」と、作り手側の「面白さ」のずれが、以前より大きくなったようにも感じます。ムンクさんのおっしゃる「しょぼい企画」の面白さを求めている人は、結構多いと思うのですが(私もその一人ですが)、作り手側はそうではないんでしょうね。
今こそ「低予算」「低姿勢」「低カロリー」という「番組の原点」に帰って欲しいものですが・・・もう戻れないんでしょうかねえ。

投稿: K_S | 2008.06.05 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/41208901

この記事へのトラックバック一覧です: 「変えていいもの、変えちゃいけないもの」再び:

« いよいよ明日! | トップページ | さよなら「AIWA」 »