« HTB開局40周年記念番組は札幌ドームで公開生放送! | トップページ | 「演劇×電鉄」のコラボレーション始まる »

2008.06.17

HTBスペシャルドラマ「歓喜の歌」公式サイト仮オープン&撮影日記開設

水曜どうでしょう公式HPの「本日の日記」(6月17日付・藤村D)によれば、HTB開局40周年記念スペシャルドラマ「歓喜の歌」の公式サイトが仮オープンしたそうである。
同時に「撮影日記」サイトもオープンし、今後ドラマのクランクアップまでは、「本日の日記」ではなく、この「撮影日記」を更新していくとのこと。

ドラマの公式サイトならびに撮影日記が出来たことはとてもよいことである。
なぜなら・・・

「水曜どうでしょう」と関わりのない(あえてこう言っておく)ドラマのことを、どうでしょうさんのHP上で余り語ってほしくはなかったからである。

「じゃあ、嬉野日記はどうなるんだ!」
「あれこそ「どうでしょう」には全く関係ないじゃないか!」

というツッコミも聞こえてきそうだが(笑)、まああれは、「どうでしょう」に関わる話の合間に、時々入る分にはいいんじゃないかなと思っている(このブログでも「嬉野日記」はよくネタにさせていただいているし・・・個人的に嬉野日記が好きだというのもあるが)。

このところは、「本日の日記」も本当にドラマの話ばかりで、「おなかいっぱい」どころか「もう食べられない」ところまで来ていたので、こうやって別の場所で思う存分語っていただければ、「見たい人が見に行けばいい」わけだ。

・・・こんな風に書くと、ドラマ制作を完全否定しているようにとられるかもしれないが、そこまでの考えはなく、ドラマの話はそれ専用の場所でやってほしいなと思っているだけである。
そしてどうでしょう公式HPでは、どうでしょうさんに関する「本日の日記」が読みたい、ただそれだけである。

|

« HTB開局40周年記念番組は札幌ドームで公開生放送! | トップページ | 「演劇×電鉄」のコラボレーション始まる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。

K_Sさんのおっしゃることは一見辛辣に思えなくはございませんが、
「水曜どうでしょう」を愛するが故の苦言だと思えば全く同感ですね。

ところでDVDの発売ペースが年々遅くなっている件については
「リターンズ」や「クラシック」が未だ放映中にも関わらず、
DVDの売上げがある程度キープできている現状にスタッフ陣が甘えており、
リリースが遅れても危機感を感じていないのではないのでしょうか?


投稿: shohei | 2008.06.18 22:14

shohei様
コメントありがとうございます。
「水曜どうでしょう」を愛するが故の苦言・・・まさにその通りでございます。
「撮影日記」も楽しい雰囲気のようですし、ちゃんと「分けて」いただければ、いいんじゃないかなと思います。

ご指摘のDVDの発売ペースが遅くなっている件については、「甘えている」どころか、もしかしたら「何とも思ってないんじゃないか」とすら思えてくるのは私だけでしょうか?

実際のところ、どうでしょう班D陣やプロデューサーが、現状をどう認識しているのか、そして今後どのような戦略を持っているのかは気になりますね(戦略なんてないのかもしれませんが)。
まあ、一どうラーが気にしたところで、どうなるわけでもないですけど(苦笑)

投稿: K_S | 2008.06.19 01:01

通りすがりのHTB近所の者です。
間違いなく「何とも思ってない」かと思われます(笑)
会社自体ちゃらんぽらんもいいとこですよw
未調理の黒豆4kgもくれたって食べきれるわけないじゃない!ンガハハじゃねぇ!

「適当」と「勢い」だけでやってるんじゃないかと思う。この会社。

投稿: | 2008.06.21 09:50

通りすがりのHTB近所の者様
コメントありがとうございます。
やっぱり「なんとも思ってない」ですかねえ。
「未調理の黒豆」、私の手元にもありますよ(笑)

まあ「適当」と「勢い」があったからこそ、「水曜どうでしょう」を初めとした、「普通の放送局における番組制作の常識を覆した番組」を作ることが出来たともいえるんでしょうけどね(笑)

投稿: K_S | 2008.06.21 20:27

もう、中盤から泣いて泣いて。
本当によかった、なんかコメント書かずにいられませんでした。
再放送、欲を言えば映画公開にして欲しい。
いやいや、泣いて。笑って。泣いて。
ありがとう。

投稿: たし | 2008.09.07 15:34

たし様
コメントありがとうございます。
ドラマご覧になられましたか!私も先ほど見終わりました。
分かりやすいストーリー展開と、笑いと涙のバランス、田中裕子さんや大滝秀治さんをはじめとした役者の皆さんの素晴らしい演技、そして、何といっても大泉さんの役どころ、もうこの役は大泉さん以外考えられないでしょう!
全然内容は違いますが、「水曜天幕團・蟹頭十郎太」を見たときの感覚に近いものがありますね。見終わった後に心地よさが残るドラマでした。

投稿: K_S | 2008.09.07 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/41565898

この記事へのトラックバック一覧です: HTBスペシャルドラマ「歓喜の歌」公式サイト仮オープン&撮影日記開設:

« HTB開局40周年記念番組は札幌ドームで公開生放送! | トップページ | 「演劇×電鉄」のコラボレーション始まる »