« 旅に出(てい)ます! | トップページ | 2日目はここから »

2008.07.20

7月3連休の旅(1日目)

7月19日からの3連休、以前から旅に出たいと思っていたので、出かけることにした。

当初の予定では、「青春18きっぷ」を使ってどこかへ向かうつもりで、18日の帰宅途中に、「みどりの券売機」で「青春18きっぷ」を買おうとしたのだが・・・あることに気づいて買うのを見送った。

その理由は・・・発売はされていたが、利用期間は7月20日から。つまり19日の旅には使えなかったのである。
しかし気持ちはもう「旅」に出てしまっている・・・そこで、少しでも「安く」移動するために、高速バスを利用することにした。
幸い、19日の早朝6時10分に大阪駅を出発する東海道昼特急2号に1席だけ空席があったので、即予約。これに乗車するためには、最寄の駅を5時過ぎに出る電車に乗らなければならないことを、ネットの乗り換え検索で確認。
旅支度をまとめ終わると、時刻はもうすぐ午前1時。余り眠れないなあ・・・と思いながら、横になって、しばし睡眠・・・目が覚めて、時計を見て驚いた。

「5時19分」

乗らなければならなかった電車はすでに発車済み。もう高速バスにも間に合わない。
とはいえ、旅に出る気持ちに変わりはないので、とりあえず身支度を整えて、最寄の駅から電車に乗り込んだ。

「さて、これからどうしたものか・・・」

すると、

車掌のアナウンスが聞こえてきた。

「大阪梅田終点には、急行が先に到着します。」

「え?急行?そんなのあったっけ?」

もう一度携帯で乗り換え検索の条件を変えて調べてみると、途中駅から急行が接続しており、これに乗ると大阪梅田到着が6時5分。バス乗り場まで奪取すれば、ギリギリ6時10分には間に合いそうなことが判明したのである。

駅到着直前に扉の前に立ち、扉が開いた瞬間に飛び出して、階段を駆け上がり、改札を抜け、さらに走る、走る、走る・・・荷物を抱えたオッサン一人、全力で走ること2、3分、バス乗り場には、もう間に合わないと思っていた「東海道昼特急」が止まっていた。

無事に乗り込み、大阪駅を出発。これで一安心・・・と思ったら、そうは甘くない。
3連休の初日、ということは、当然高速道路も渋滞している。
途中3、4箇所で渋滞に捕まってしまった。最初は東京駅まで乗るつもりだったのだが、予定を変更して新宿駅で降りることに。結局10分ちょっと遅れて新宿駅に到着した。

定刻到着であれば、「ある場所」へ行くつもりだったのだが、遅れてしまったので予定を変更、山手線で日暮里へ、さらに京成電鉄に乗り換えて、到着したのがこちら。

2008_0719chiba0003

ユーカリが丘駅である。この駅から「ユーカリが丘線」という新交通システムが運行されているので、これに乗ってみることにした。
この「ユーカリが丘線」は、山万という不動産会社が、自社で開発を行っているユーカリが丘ニュータウンの交通の便を浴するために作られた路線で、日本で始めての民間企業による新交通システムである。今年で開業25周年を迎えるとのこと。
2008_0719chiba0015

ちょっと分かりにくいかもしれないが、車内の路線図である。
ユーカリが丘駅から出発し、公園駅からぐるっと環状線を描き、再び公園駅を通ってユーカリが丘駅に戻ってくるようになっている。
途中の駅名が、「公園」「女子大」「中学校」と、普通名詞だけでつけられているのが面白い。特に「女子大」駅は、女子大を移転誘致する目的で作られたのに、結局移転は実現しなかったという、ちょっと悲しい駅である(女子大のセミナーハウスが近くにあるそうだが)。


ホームで待つことしばし、やってきた「コアラ2号」に乗り込む。

2008_0719chiba0036

3両編成の電車は、すべてロングシート。

2008_0719chiba0025

まずはぐるりと乗ってみることにする。
公園駅の手前で軌道が2つに分岐し、電車は右のほうへと進んでいく。

2008_0719chiba0019

左手に延びる軌道は、ぐるっと回って後ほど通ることになる。

2008_0719chiba0020

車窓からは、田畑がたくさん見える。さらにまだ家の建っていない宅地も結構見られる。
途中の駅で少しずつ乗客を乗せて、電車は、環状線部分を回って、再び公園駅へ。
一度この駅で下車する。

2008_0719chiba0029

電車はユーカリが丘駅へと走り去っていった。

2008_0719chiba0032

改札を出て、近くのコンビニで飲み物を買ったりしてから、再び駅に戻り、やってきた電車に乗り込んで、ユーカリが丘駅へと戻る。

本日の宿は千葉中央駅近くに確保している。チェックイン予定時刻まではまだ余裕があるので、もう少し「乗り鉄」してみる。
ユーカリが丘駅から、津田沼を経由して、千葉中央駅へ。ここからは、線路が単線になる。
そしてついたのが、京成千原線の終点、ちはら台駅である。

2008_0719chiba0040

2008_0719chiba0041

終点なのだが、その先に線路は少し延びていて、線路が途切れた後も、用地が確保されているように見える。気になったので、線路の切れた先まで行ってみることにした。

改札を出て、歩くこと10分足らずで、その場所に到着。

2008_0719chiba0048

雑草が生え放題で、線路用地なのか、何なのかもう分からなくなっている。
元々は小湊鉄道が、海土有木駅から分岐して千葉に乗り入れるためにこの路線の免許を取ったそうで、その後千葉急行電鉄という会社が免許を引き継いで、ちはら台まで開業させた後、会社が破綻。それを京成が引き継いで現在に至る、ということのようである。この先、線路が延びることはあるのだろうか・・・。

再びちはら台駅に戻り、千葉中央駅で下車し、本日の宿へと到着した。
1日目は、朝からバタバタしてしまったが、2つの新しい路線に乗車することが出来たので、まずまずの内容といったところである。2日目は1日目に行く予定だった「あの場所」に行き、その後は・・・まだ未定である。時間が読めないところがあるので、流れに任せて動いていこうと思っている。

|

« 旅に出(てい)ます! | トップページ | 2日目はここから »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/41908500

この記事へのトラックバック一覧です: 7月3連休の旅(1日目):

« 旅に出(てい)ます! | トップページ | 2日目はここから »