« 日帰りラウンドトリップ(1)「リニューアル途中」の列車に乗る | トップページ | 日帰りラウンドトリップ(3)ひとっ風呂浴びて帰る »

2008.07.13

日帰りラウンドトリップ(2)あの鉄橋を見に行く

鳥取12時17分発の浜坂行きに乗車する。

20080712roundtrip0037
キハ126系、鳥取県内高速化工事完了後に導入された最新の気動車である。

20080712roundtrip0039
とても乗り心地のよい車両に乗ること50分弱、終点の浜坂駅で城崎温泉行きに乗り換える。

20080712roundtrip0043

今度は国鉄時代からおなじみのキハ47系である。乗ること10数分、餘部駅で下車する。
餘部駅といえば、そう、「余部鉄橋」である(モブログはこちら)。

20080712roundtrip0047

すでに新しい橋の工事は始まっているが、まだ美しい橋を見ることは出来る。以前駅の上にあった展望台はすでに閉鎖されているので、下から橋を眺めることにする。

20080712roundtrip0052

20080712roundtrip0055

しばらくすると、大阪行きの特急「はまかぜ」が鉄橋を通過していった。

次の城崎温泉方面行きまではかなり時間があるので、いったん浜坂まで戻ることにする。
きつい坂道を登り、息を切らしながら餘部駅に戻り、14時1分発の列車で浜坂へ。

20080712roundtrip0046

ここで約50分ほど時間が出来たので、近くの本屋に行ったり、駅近くのお店で昼食を調達したりして過ごす。
駅には「鉄道グッズ館」が併設されていた。

20080712roundtrip0044

なぜか「鉄子の部屋」という暖簾がかけられている。中にはサボやタブレットなどの鉄道グッズが展示されていた。
浜坂15時4分発の豊岡行きに乗車する。

20080712roundtrip0075

先ほど餘部から乗車した車両の折り返しである。今度は余部鉄橋を車内から堪能する。

16時7分、城崎温泉駅に到着。後は播但線経由で出発駅である姫路に戻るだけ。特急はまかぜの出発時間まで約1時間。さてどうしたものか・・・続きは次の記事にて。

|

« 日帰りラウンドトリップ(1)「リニューアル途中」の列車に乗る | トップページ | 日帰りラウンドトリップ(3)ひとっ風呂浴びて帰る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/41816679

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰りラウンドトリップ(2)あの鉄橋を見に行く:

« 日帰りラウンドトリップ(1)「リニューアル途中」の列車に乗る | トップページ | 日帰りラウンドトリップ(3)ひとっ風呂浴びて帰る »