« 登ってみた | トップページ | HTB開局40周年記念イベントへの旅(3) »

2008.08.31

HTB開局40周年記念イベントへの旅(2)

早朝の「大泉生料理」を見れなかったことに若干へこみながらも、6時半からの特番第二部を見る。徹夜でスープカレーを作り続けている大泉シェフのお姿と、「大泉生料理」の一部も見ることが出来た。
メインの企画としては、全道高校OBクイズの2次予選。早朝から早押しクイズ、それも進行がグダグダで、見ていてちょっと厳しいものを感じた(苦笑)。まあ、クイズ以外の進行もゆるすぎたのだが・・・イベントの仕切りがやや心配になってくる。

第二部の放送終了後、宿を出て札幌ドームへと向かう。ドームの最寄り駅・福住駅までは電車で10分である。
福住駅を降りると、イベントへ向かう人が何人もいる。歩くこと約10分、ようやく札幌ドームの入口付近に到着。

着いた…on<br />
 !

まっすぐ進むと北ゲートの入口なのだが、ぱっと見混んでいるようだったので、南ゲートへ回ってみることにする。
通路を通っていくと、スパイシーな香りがする・・・すぐ近くの部屋が、早朝のスープカレーの配布場所だったようである。食べることはかなわなかったが、香りを楽しめただけでも十分満足である。

南ゲートにも行列は出来ていたが、それほど待つこともなく入場。階段を上がって、ドームの中に入るとそこにはこんな風景が広がっていた。

2008_0830_084044
ひ、広い・・・そしてすでに結構な人出である。まずは一通り会場内を見て回ることにする。

南ゲートから入って、グラウンドに降りてすぐのところにあるのが、「onちゃんパーク」である。
2008_0830_120815
特設ステージでは、onちゃん・noちゃんに加えて、初代マスコットくん太くんも登場してのショーや、人気キャラクターショーなどが行われていた。

また、「ユメミル☆onちゃん検定」なるものが行われていたので、早速参加してみる。
2008_0830_091011
キッズ・初級・中級については、パーク内の展示にヒントが隠されている。2008_0830_090131
2008_0830_090220
しかし、挑戦したのは「上級」である。
2008_0830_090623_2
10問中6問正解で合格とのこと。果たして結果は・・・
2008_0830_091131

8問正解で合格である。1問目も2問目も、よく考えれば答えられたはずなので、満点が取れていたはずなのだが・・・残念である。合格ということで、記念品(onちゃんハンドタオル)をいただく。

「onちゃんパーク」の隣には、チョコレートでおなじみのロイズさんのブースがあり、onちゃんがパッケージデザインされた、ピュアチョコレートが限定発売されていたのでもちろん購入。
Onchoco
宿に戻ってから食べたのだが、かなり美味であった。
さらにそのブースの前には、ノスタルジックカーの展示が行われていた。
2008_0830_113006
TOYOTA2000GT(1968)
2008_0830_113012
NISSAN SKYLINE GT-R(1972)“ハコスカ”
2008_0830_113030
NISSAN SKYLINE GT-R(1973)“ケンメリ”
そのお隣には、情報番組ブースとして、HTB制作の情報番組「おは天」「イチオシ」「スキップ」のブースが設置されており、さらにはハイビジョン中継車も展示されていた。2008_0830_084634
2008_0830_084615
「スキップ」のブースでは佐藤麻美アナによるオクラとトマトを使ったスペシャルメニューが試食できるようになっていた。ただしこれは、じゃんけん大会に参加し、勝った人に配られるチケットが必要だったので、試食はかなわなかった。
その隣には、大抽選会コーナーがあり、入り口でもらったパンフレットを提示することで抽選会に参加できる。
早速参加してみたが・・・オリジナルのメモパッドをいただいた。
F1000158
抽選会場の横には、縁日コーナーとスタンプラリーの受付コーナーがある。
スタンプラリーは、場内6箇所のポイントでスタンプを押してくると、オリジナル光るピンバッチがもらえるとのことで、参加。ほかの展示を見ながら何とか集めて、ピンバッチをいただいた。
On_stamp080830
縁日は輪投げや紐クジ、ダーツ、射的、スピードクジのコーナーがあり、それぞれ1回ずつ参加(1回100円)、これだけのものをいただくことができた。
Htb_ennichi
これまた限定のonちゃんキャラメルがもらえたのはうれしかったのだが、なぜか、「北海道名産」ではないものが一つ入っている。
どうでしょうファンにはおなじみのあの巨大な「ふ菓子」である。それも結構当選本数が多いようで(スピードくじでは5等であった)、場内にはこの「ふ菓子」をもって歩く人が多数見受けられた。

HTBグッズコーナーや協賛各社のブースの隣には、「おにぎりあたためますか」で使われていたロケ車両「おにぎり号」の初代車両が展示されていて、実際に中に入って記念撮影ができるようになっていた。

2008_0830_085257
2008_0830_111818
出演者3名のイラストが座席に配置されており、外側のモニターで「おにあた」おなじみの映像を見ることができる。
2008_0830_085307
個人的には、カメラの配置が気になっていたので、それを確認することができたのがよかった。
2008_0830_111914
以前自宅の車を使って、撮影をしたときも同じようなカメラセッティングだったなあ・・・。

その隣は、「ハナタレナックス」の「ハナタレ部屋」がほぼ忠実に再現されているコーナー。
2008_0830_085225
ファンの方々が代わる代わるテーブルについて記念撮影をされていた。

その隣は「素晴らしい世界」の番組セットとMCであるやまだひさしさんのエコグッズ(私物)が展示されていた。
2008_0830_112629
そして、その横に大きく場所をとって展示されていたのが、「水曜どうでしょう」のブースである。こちらを紹介していきたいのだが、あまりにも記事が長くなりすぎたので、続きは次の記事にて。

|

« 登ってみた | トップページ | HTB開局40周年記念イベントへの旅(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

んー同じ同じ。ふ菓子までも(笑
おにぎり号並んだんですねー
私は途中で脱落・・・腹へっちゃって。
トヨタ2000GTの写真撮った時に
となりにいた方がもしや・・・

続き頑張ってください

投稿: warera | 2008.09.01 00:18

warera様
コメントありがとうございました。
ふ菓子まで同じですか(笑)
おにぎり号は、たまたま近くを通ったときに余り列が長くなかったので、ラッキーでした!

あら、写真撮影のときにニアミスだったんでしょうかね?

続き、頑張って書きますね!

投稿: K_S | 2008.09.01 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/42330636

この記事へのトラックバック一覧です: HTB開局40周年記念イベントへの旅(2):

« 登ってみた | トップページ | HTB開局40周年記念イベントへの旅(3) »