« 神戸新聞にもCDJ2008記事掲載 | トップページ | 「山手線」をいつでも「お手元」に »

2008.08.19

「嘘から出た実」を地で行く男

水曜どうでしょう公式HPの本日の日記(2008.8.19付・藤村D)によると、HTB開局40周年記念ドラマ「歓喜の歌」の宣伝ということで、主演の大泉洋さんが、「徹子の部屋」に出演されるとのこと。
オフィスCUEモバイルサイトの「CUE PHOTO DIARY」には、大泉さんと司会の黒柳徹子さんのツーショット写真も掲載されていた。

ついに来たか・・・という感じがする。

大泉さんと「徹子の部屋」といえば、「30時間テレビ」で「洋の部屋」と称して、いろんな「ミスターさん」をお呼びしたシーンが思い出される。番組内で「パロディ」にしていた「本家」に、大泉さんが出演することになるわけだ。

「松方弘樹とは同期」(サイコロ3)と言ってたら、ドラマ「ハケンの品格」で共演したり、「釣りバカになりたい!」(釣りバカシリーズ)と言ってたら、映画「釣りバカ日誌」に出演したり、「さんまちゃん始まってまうがな!」(試験に出る日本史)と言ってたら「さんまのまんま」に出演したり・・・大泉さんが「水曜どうでしょう」の中で語ってきたこと(主に「ホラ話」)が、どんどん「実現」していくのが、恐ろしくもあり、面白くもある。

「嘘から出た真」を地で行く男・大泉洋、今度はどんな「嘘」を「真」にしていくのだろうか?

|

« 神戸新聞にもCDJ2008記事掲載 | トップページ | 「山手線」をいつでも「お手元」に »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/42216651

この記事へのトラックバック一覧です: 「嘘から出た実」を地で行く男:

« 神戸新聞にもCDJ2008記事掲載 | トップページ | 「山手線」をいつでも「お手元」に »