« 「トレインピック2008」の旅(第2回)その1 | トップページ | 「トレインピック2008」の旅(第2回)その3+α »

2008.11.17

「トレインピック2008」の旅(第2回)その2

熊本駅で普通乗車券を購入し、豊肥本線の電車に乗り込む。

2008_1115kyushu0050
肥後大津駅でディーゼルカーに乗り換え。

2008_1115kyushu0054

この列車の終点宮地駅に到着したのが、15時3分。
帰りに乗車する列車の発車時刻まで残り34分。
雨が降る中、傘もささずに(傘は持っていなかった)、「目的地」へと走る

途中道に迷いながらも、何とか到着。
「目的地」とは、こちら。

2008_1115kyushu0061
「トレインピック2008」のスタンプ設置場所・阿蘇神社門前町(阿蘇とり宮)である。
この「阿蘇とり宮」は、馬肉を使ったコロッケ「馬ロッケ」やメンチカツが有名らしいのだが、買っている時間はない。再び今来た道を戻る。

パソコンの入ったかばんを肩にかけ、来たときよりも激しい雨の中、息を切らして早足ときどき駆け足で宮地駅へ向かう。
駅に到着したのは、列車発車時刻の3分前。宮地駅のスタンプを押印して、改札を抜け、列車に乗り込む。

2008_1115kyushu0064
車内から撮影したら、スタンプ帳が全く写らなかった(苦笑)。
席について程なくして列車は定刻どおり出発。乗車した列車はこちら。

2008_1115kyushu0070
観光列車「あそ1962」である。指定席がうまい具合に取れたので、乗車となった。
汗と雨で濡れた服の腕をまくり、息を切らしているところに、客室乗務員さんが検札にやってくる。切符を見せると、こんなことを言われた。

「暑いですか?もしよろしければ、1号車のほうが涼しいと思いますので、そちらに移られますか?」

座席表で空席の場所を指し示していただき、車端部の2人掛け席へと移動させていただく。
移動すると、確かにこちらの車両のほうが涼しい。実にありがたい配慮であった。
後でわかったことなのだが、この客室乗務員さん(奥村さん)は、こんな本を書かれている。

「九州レール・レディ」
以前記事にしたえちぜん鉄道の「ローカル線ガールズ」と同じ出版社が出している本である。まだ購入はしていないのだが、近いうちに買って読みたいと思っている。
「あそ1962」は、阿蘇駅で多くの乗客を乗せ、雨の中をひた走る。前に乗車したとき(記事はこちら)にも思ったのだが、やはり気動車・それもキハ28・58はいい。エンジン音、振れ、車内オルゴール(こちらは、途中駅ではワンマン列車用のチャイムが使われていたので、あまり堪能できなかったが)、どれをとってもすばらしい。どんどん活躍の場が狭まってきている車両ではあるが、いつまでも現役でいて欲しいものである。
17時21分、終点熊本駅に到着。

2008_1115kyushu0077

こちらも「トレインピック2008」のスタンプが設置してあるので忘れず押印しておく。
熊本駅前から、市電に乗り込み本日の宿にチェックイン。しばし休息した後、鶴屋百貨店に向かい、「大道産子市」へ閉店時間間際のお得な商品を探しに行く。
ぐるぐる回った後、こちらを購入。

2008_1115kyushu0081

札幌・多聞天の「ミニ三色弁当」を300円引きで購入。これを本日の夕食とした。
さて、日曜日は夕方の飛行機で帰らなければならない。残された時間はそれほどない。
しかし、買い忘れたグッズもあるし・・・いろんなことを考えながら就寝。
そして翌朝を迎えるわけだが・・・それはまた別の記事にて。

|

« 「トレインピック2008」の旅(第2回)その1 | トップページ | 「トレインピック2008」の旅(第2回)その3+α »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/43147442

この記事へのトラックバック一覧です: 「トレインピック2008」の旅(第2回)その2:

« 「トレインピック2008」の旅(第2回)その1 | トップページ | 「トレインピック2008」の旅(第2回)その3+α »