« あの気動車特急にもついに新車導入へ | トップページ | 京阪の「テレビカー」に乗ってみる »

2009.03.27

どうでしょう「日記本2」近日発売?

水曜どうでしょう公式サイトの本日の日記(2009.3.27付・藤村D)にこんなことが書かれていた(以下引用)。

で、我々は本日、「日記本2」の校正作業をしておりました。

今度の日記本は、2003年の3月から、その年の暮れまで。

この時期は嬉野先生の恐ろしいまでのコダワリが様々な事件を引き起こした「写真集2」の爆笑の顛末、そしてチームナックスの面々と取り組んだ「水曜天幕團」の忙しい日々が克明に記録されております。

なんだか、じんわりといいですよ、この本も。
(引用ここまで)

「藤村・嬉野 本日の日記 2002年7月~2003年3月」が発売されたのは、2007年9月。もう1年半も前のことになる。
ロッピーさんでの予約だけでなく、全国の紀伊国屋書店での店頭販売もあり、わざわざ梅田の紀伊国屋書店まで本が並んでいるのを見に行ったことを思い出す(そのときの記事はこちら)。

2003年3月から12月までというと、「写真集第2弾」の発売があり、続いてDVD第2弾「サイコロ1・粗大ゴミ・闘痔の旅」の発売、さらにはそのDVDの宣伝番組として「どうでしょう」さんがプチ復活し、「思い出のロケ地を訪ねる小さな旅」が放送された。

また、TEAM-NACSとのお芝居・水曜天幕團「蟹頭十郎太」がHTB駐車場に設けられた特設テント小屋で上演。千秋楽のチケットを取り、観た翌日、朝一番の飛行機で関西へ舞い戻りそのまま出社したことが思い出される。

さらに、DVD第3弾「サイコロ2/オーストラリア大陸縦断」の予約も開始。このころは「きちんと」DVDが定期的に発売されていたのである。

そして、藤村Dの出身地・名古屋で「どうでしょうリターンズ」の放送が開始されたのもこの年であった。

振り返ってみると、DVDの発売はもちろんだが、それ以外の活動にも手を伸ばし始め、どうラーとしては「うれしい悲鳴」状態だったような気がする。
そのころの「本日の日記」となれば、これまた読み応えのあるものになることであろう。

発売日等はまだ発表されていないが、今から発売が待ち遠しい。
(2009.4.9追記)
南平岸ユメミル工房のグッズコーナーに詳細が掲載された。

|

« あの気動車特急にもついに新車導入へ | トップページ | 京阪の「テレビカー」に乗ってみる »

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/44485735

この記事へのトラックバック一覧です: どうでしょう「日記本2」近日発売?:

« あの気動車特急にもついに新車導入へ | トップページ | 京阪の「テレビカー」に乗ってみる »