« 0系新幹線、今度は吹田へ | トップページ | ナッチャン復活へ! »

2009.03.01

神戸-関空ベイ・シャトルで行く関空ミニトリップ

土曜日、いい天気、旅日和ということで、どこかに出かけようと思ったのだが、「青春18きっぷ」の利用期間は日曜日から。というわけで、どうしようかと思いながらふらふらとさまよい、気がつけば神戸空港にたどり着いていた。

飛行機に乗るほどの余裕資金はないので、久しぶりに神戸-関空ベイ・シャトルに乗船して関西空港へ向かう。
降りる直前、扉の隣に何やらクーポンが置いてあったので、手にとってみると、これがベイ・シャトルの乗船者専用のクーポン「行こう!飛ぼう!関空!お楽しみクーポン」(4枚つづり)であった。
内容は、関空展望ホールSky Viewへのシャトルバスの往復チケット(通常片道100円)と、有料アトラクション用プリペイドカードの購入時20%割引券、そして、「わくわく関空見学プラン」の無料参加券(通常1名500円)。
特に予定もないし、展望ホールにはまだ行ったことがなかったので行ってみることにした。

旅客ターミナルからシャトルバスに乗車し、展望ホールへ。まずは「エントランスホール」の5階へ。

2009_0228kix0005

フライト案内が表示されており、これから離着陸する飛行機についての情報を得ることができる。
外に出てみるとこんな風景が広がる。

2009_0228kix0001

隣の建物「メインホール」の4階へ移動してみる。すると、ちょうどノースウェスト航空の飛行機が滑走路に向かうところであった。

2009_0228kix0010

しばらく待っていると、滑走路の向こうから飛行機が近づいてきて離陸、頭のはるか上を飛んでいくところをデジカメの動画で撮ってみた。

これはなかなかいい風景である。しばらく何本か飛行機の離陸を見た後、3階にあるアミューズメントフロアへ移動する。
こちらでは、飛行機の歴史についての展示や、シミュレータなどの体験アトラクションなどがある。

2009_0228kix0017

2009_0228kix0019
旅客機の歴史を紹介するイラストギャラリーは、飛行機のデフォルメ具合と、書かれているコメントがユニークである。

2009_0228kix0025

2009_0228kix0026

2009_0228kix0027

コックピットだけでなく航空管制・トーイングカー・マーシャラーの体験ができるというのが面白い。
しばらく見学した後、「わくわく関空見学プラン」の受付が始まったので、申し込みをする。
無料参加券を渡すと、見学ツアーのバス座席券とともに、記念のポストカードをいただく。

2009_0228_235936
先ほど見たイラストギャラリーのイラストを描かれた航空イラストレーター下田信夫さんが関西空港開港10周年を記念して特別に書き下ろしたイラストのポストカードである。

待つことしばし、ようやくツアーの出発時間となった。ガイドの方に連れられて、まずはバスに乗り込む。

2009_0228kix0031

今回参加したツアーは「飛行機大好きコース」。普通は入ることのできない保安区域内を通り、空港施設を車窓から見学した後、北進入灯付近で飛行機の離着陸(風向きによって離陸か着陸のいずれか)を見学するというコースである。
バスは、管制塔の横を抜け、保安地域へと入っていく。

2009_0228kix0034

2009_0228kix0035
しばらくすると、2期空港島への連絡誘導路の下をくぐる。

2009_0228kix0036

現在は南側にしかない誘導路だが、北側にも誘導路をもうける計画があり、その予定場所では、誘導路の橋桁となる場所が鉄筋むき出しになっているとのこと(写真撮れず)。

2009_0228kix0038

誘導路を抜けた先にあるのは、機内食の工場である。

2009_0228kix0040

裏手には飛行機へ機内食を積み込むケータリング車両が何台も並んでいた。

2009_0228kix0043

建物の2階部分は機内食の積み込み、1階部分は飛行機から引き上げてきた食器などを回収する場所になっているとのこと。
その先は国際貨物地区になっていて、FedExやJAL CARGOなどの倉庫が並んでいる。

2009_0228kix0044

2009_0228kix0046_2

また、この地区にはコンビニが2軒あり(ローソンとファミリーマート)、ファミリーマートには長距離トラックドライバー用にシャワールームも設置されているそうである。

2009_0228kix0048

看板にもシャワーのイラストがある。
JALの格納庫を見ながら、空港の最南端に到着。今度は北を目指す。
左手には給油タンクが見える。

2009_0228kix0053

今来た道を戻り、旅客ターミナルの横を通り、北進入灯へと向かう。
普段は閉まっているゲートを、ガイドさんがバスを降りて開けて中へと入っていく。

2009_0228kix0062

2009_0228kix0063

右手に見える建物は、麻薬取り締まり犬がいる場所とのこと。
進入灯の手前でバスを降り、ここで約20分間ほど飛行機が離陸していく様子を見学する。
今日は北風が吹いているため、こちら側へ離陸していくそうである。
待つことしばし、1機目の飛行機が見えてきたので、動画撮影してみる。

この後も、4,5機離陸していくのを見ていたのだが、ひとつ気づいたことが。

「着陸のほうが迫力あって面白いよなあ・・・」

離陸する飛行機は、当然ながら地上からどんどん離れていくので、見た目には小さくなっていくばかりである。しかし、着陸する飛行機はどんどん地上に近づいてくるので、見た目も音も迫力あるものに違いない。
まあ、こればかりは、「風向き次第」なので、なかなか難しいところではあるが・・・。

再びバスに乗り込み、展望ホールに戻り、約1時間のツアーは終了である。
今回は、クーポンを使ったので「無料」で参加したのだが、これだけの内容を500円で体験できるのであれば、結構いいのではないだろうか。おすすめできるツアーである。

|

« 0系新幹線、今度は吹田へ | トップページ | ナッチャン復活へ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/44205264

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸-関空ベイ・シャトルで行く関空ミニトリップ:

« 0系新幹線、今度は吹田へ | トップページ | ナッチャン復活へ! »