« 西へと向かう旅 | トップページ | 「情熱大陸」(MBS)にTEAM NACS登場!(追記完了) »

2009.03.08

「博多総合車両所」をぐるっと一周してみる

新幹線に290円で乗車できる・・・もうすっかり有名になってしまった「ネタ」である。
山陽新幹線博多駅から先、新幹線の車両基地となっている「博多総合車両所」に設けられた博多南駅まで、乗車時間わずか10分、運賃・料金合わせて290円(うち特急料金100円)。
ずいぶん前に一度乗車したことがあるのだが、そのときは駅で降りてすぐに折り返しの電車で帰ってしまっている。今回は、駅の周りを、というか、博多総合車両所の周りをぐるっと一周してみようと思う。何か変わったものが見られるとよいのだが・・・。

2009_0307kyushu0100
これが駅周辺図。果たしてどれくらいの時間がかかるのだろうか?

【まずは博多南駅へ向かう】
この博多南線を走っているのは、特急料金がかかることからもわかるように「特急」である。したがって「青春18きっぷ」は使えない。というわけで、切符を買い求め、改札を抜ける。

2009_0307kyushu0024

タイミングよく、すぐに博多南行きに乗車できそうである。
ホームに上がると、博多南行きとなる新幹線が停車中であった。

2009_0307kyushu0028

おっ!500系である。それも先日乗車した(記事はこちら)8両編成となった「こだま用」である。
乗り込んで程なく出発。速度はそれほど速くはない。

2009_0307kyushu0030

駅を出た直後からしばらくは、九州新幹線の乗り入れ工事の状況が窓から見える。
また、福岡空港に着陸していく飛行機も車窓から見ることができる。

Air01

ちょっと見えづらいかもしれない・・・実際に見るともっと大きく見えたのだが。
そして左手に九州新幹線の高架橋が離れていくと、博多南駅はもうすぐである。

2009_0307kyushu0033

左手には、新幹線がずらりと並んで見える。

2009_0307kyushu0035

おおー、いっぱいいるなあ(当たり前)。
定刻どおり、博多南駅に到着。

2009_0307kyushu0036

新幹線が止まっているのに、このホームの狭さ!(改札口に近い側は、もう少し広い)

2009_0307kyushu0039

2009_0307kyushu0041

改札は自動改札が導入されていた(以前来たときは有人改札のみ)。
駅を出て、いよいよぐるり一周のはじまりである。

【駅前がえらく変わっていた!】
確か前に来たときは、何もなかったような気がするのだが・・・

2009_0307kyushu0089

「博多南駅前ビル」というビルが駅前に建っている。そして、そのビルと駅の間に連絡通路も設けられている。

2009_0307kyushu0088

ビルは後で見ることにして、まずは建設中の九州新幹線の高架橋に沿ってすすんでいく。

【高架橋に沿って進む】

2009_0307kyushu0044

鹿児島中央に向かって伸びる高架橋は、結構登っているように見える。
しばらくいくと、道端に石碑を発見。

2009_0307kyushu0045

2009_0307kyushu0046

新幹線博多基地之碑とある。山陽新幹線が博多まで開業したときに作られたもののようである。フェンスがあるので、石碑の下に書かれている文章がよく見えないのが残念。
さらに、高架橋沿いに進んでいくと、左手の博多総合車両所内で、新幹線の車両が洗車されているのが見えた。

2009_0307kyushu0048

さらに進んでいくと、総合車両所の端に到達。ここまでくると、九州新幹線の高架橋はかなりの高さになっている。

2009_0307kyushu0050

博多南駅から少し行ったところの高架橋の高さはこれくらい。

2009_0307kyushu0044_2

ものすごい高低差である。九州新幹線の車両にパワーが必要なことがこの高架橋の高低差を見ればよくわかる。

2009_0307kyushu0051

高架橋はさらに伸び、トンネルへとつながっていた。この先の高架橋の様子も見てみたいのだが、今回の目的は車両所を一周することなので、ここで左折する。

【車両所の端に沿って進む】
車両所最西端と思われる線路の終端部が見える。

2009_0307kyushu0054

左折した道はカーブしながらの登り坂である。

2009_0307kyushu0052

博多南駅から歩き始めて20分ほど。まだ疲れはない。
坂の途中で振り返ると、高架橋がきれいに見える。

2009_0307kyushu0055

ここを九州新幹線が走るのを見てみたいなあ・・・。
坂の上まで上がると、再び車両所の端に到達。左折してさらに進んでいく。

2009_0307kyushu0061

車両所の周りは、こんな物々しい有刺鉄線がずっと続いている。

2009_0307kyushu0062

このあたりはずっと建物が続いており、車両を見ることはできない。
だんだん飽きてきたなあと思ったところに、ある表示を発見。

2009_0307kyushu0063

九州新幹線接続工事の工事用材料置き場と書いてある。いったいどんなものが材料なんだろう?ちょっと覗いてみる。

2009_0307kyushu0064

・・・重機しか見えなかった。まあ、見ても何かわからないのだが。
さらに進んでいくと、こんなものが見えた。

2009_0307kyushu0066
車両を平行移動させる「トラバーサー」である。あの上に新幹線の車両が乗せられて移動していくのか・・・見てみたいものである。
そして、先ほど左折した地点から歩くこと約10分、ようやく車両が見えてきた!

2009_0307kyushu0069

ああ、やっと見えてきたなあ・・・と思いながらふと横を見ると、衝撃の画が飛び込んできた。

【ああ、あの「夢の超特急」が・・・】

2009_0307kyushu0070

え?あれって・・・0系!?
さらに角度を変えてみてみる。

2009_0307kyushu0071

やはりそうだ・・・0系新幹線が今まさに解体されているところであった。
よく見ると、「1」の文字が見えるので、先頭車両だったようである。
最後まで残った0系新幹線のうち、いくつかは行き先が決まっているようだが、それ以外の車両は、こうして解体される運命なのである。
実は、その行き先が決まっている車両が、まだ博多総合車両所に置いてあるという噂を聞いていたので、もしかしたら見ることができるかもという思いもあったのだが・・・。
その解体されている0系の向こう側を500系が通っていくのが見えた。

2009_0307kyushu0073
ありがとう0系。あなたがいたから、500系やN700系が生まれ、快適な旅ができるのだ・・・。

【こんなところで発見!その1】
さらに車両基地沿いに進んでいくと、1両だけぽつんと留め置かれている車両を発見。

2009_0307kyushu0076

こ、これは・・・100系・2階建て新幹線?

2009_0307kyushu0077

グリーン車のマークが見える。これは「グランドひかり」で使われていた車両と思われる。

2009_0307kyushu0079

ちょっと見えづらいが、1階部分がちょっと見えている(1階は2×2シートの普通車指定席だった。1回だけ乗ったことがある)。この車両は「保存」されているということでいいのだろうか?ふと以前見た東北新幹線の2階建て車両を思い出してしまった(記事はこちら)。

【こんなところで発見!その2】
さらに進んでいくと、また違う車両を発見。

2009_0307kyushu0080

このカラーリング、グリーン車のマーク、車両と車両をつなぐ幌・・・これはもしかして!

2009_0307kyushu0081

おお、やっぱりそうだ!JR九州とJR西日本が共同開発した、山陽・九州新幹線直通車両・N700系7000番台である。

2009_0307kyushu0082

先頭部分をうまく撮りたいのだが・・・フェンスと線路部分の高さが邪魔をしてうまく撮れない。もう少し向こうに行けば撮影できるかも、と思って歩いていってみたのだが・・・

2009_0307kyushu0083

車両所の端に到達。結局撮影ポイントは探し出せずじまい。もう一度戻って・・・と思ったのだが、歩き始めてからもう50分、かなり疲れてきてしまった。そろそろ駅に戻ろう。

【すでに「直通運転開始!」】
車両所の下を潜り抜けるアンダーパスを通る。すると、その壁面には地元の小学生による画が描かれている。そこにはこんな図柄も。

2009_0307kyushu0084

これは新幹線の絵。それも、奥の絵は赤いラインが入っているので九州新幹線「つばめ」の800系と思われる。そして手前はブルーのラインなので山陽新幹線の車両であろう。
ここではすでに、両者の「直通運転」が始まっている。

【再び駅へ、そして駅前ビルをうろうろ】
アンダーパスを抜けると、目の前に九州新幹線の高架橋が見えてきた。

2009_0307kyushu0085

再び、高架橋に沿って歩いていくと、博多南駅に到着。1時間弱で車両所を一周したことになる。
次の博多駅行き出発まではまだ時間があるので、駅前のビルをうろうろしてみることにする。
ビルには、バスターミナルが併設されている。

2009_0307kyushu0090

バスターミナルの上は、広場になっている。

2009_0307kyushu0091

2009_0307kyushu0093

さらにビルの上にも「ガーデンパーク」というものがあるらしい。早速いってみる。

2009_0307kyushu0094

ほほう、なかなかいい場所である。そしてさらにもっといい場所を発見。

2009_0307kyushu0097

2009_0307kyushu0095

九州新幹線の高架橋が目の前である!新幹線開業後は、いいビュースポットになりそうである。ただ・・・もし高架橋がなかったら、博多総合車両所が一望できる場所だったと思われる(ちょっと残念)。

【再び博多駅へ・・・見えるか?N700系7000番台!】
駅に戻ると、すでに博多行きの電車が到着していたので、切符を購入し乗り込むことにする。

2009_0307kyushu0104

今度は100系(4両編成)。
窓からは隣に止まっているN700系が見える。

2009_0307kyushu0106

もしかしたら、発車した後に、先ほど先頭部分が撮影できなかったN700系7000番台(九州・山陽直通新幹線)が見えるかもしれない。一応カメラをスタンバイしてそのときに備える。
15時7分、定刻に博多南駅を発車。さあ、どうなる?

2009_0307kyushu0109

あれか?

2009_0307kyushu0110

あれだよね?

2009_0307kyushu0111

あれだ!!・・・一瞬だったけど、見ることができたということにしておこう。
しばらくすると、九州新幹線の高架橋が近づいてくる。

2009_0307kyushu0112

そして、現在の博多南線との接続部分は、線路が途切れていた。

2009_0307kyushu0114

2009_0307kyushu0115

あと2年すれば、この真ん中の線路2本を「つばめ」や「さくら」が行き来するようになる。
そのときはまたこの場所を訪れなければ・・・そう思いながら、博多駅で下車した。

というわけで、今回の九州旅行はこれにて終了。一泊した後、再び「青春18きっぷ」乗り継ぎで帰宅の途へとついた。まあ、実は帰り道にいくつか「ネタ」はあったのだが、それはまたいずれ記事にしようと思う。

2009_0307kyushu0116

博多に戻ってから、駅近くの「一蘭」でラーメンを食べた。値上がりしていたのはちょっと痛かったなあ・・・。

|

« 西へと向かう旅 | トップページ | 「情熱大陸」(MBS)にTEAM NACS登場!(追記完了) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/44284627

この記事へのトラックバック一覧です: 「博多総合車両所」をぐるっと一周してみる:

« 西へと向かう旅 | トップページ | 「情熱大陸」(MBS)にTEAM NACS登場!(追記完了) »