« 3月3連休の旅(5)黄と黒の「彼ら」に会いに行く | トップページ | 高速値下げ対抗第2弾は「西日本パス」&「JR九州・西日本乗り放題パス」 »

2009.03.25

さよなら、「テレビカー」

子供のころ、乗ってみたい電車の中でも上位にあった憧れの電車、それは京阪特急の「テレビカー」であった。車体の横に大きく「テレビカー」と書いてある写真を見て、「車窓も見たいけど、テレビも見てみたいなあ」と思っていた。
初めて乗ったのは、中学生のころだと思うのだが、テレビを見た記憶があまりない。
その後も何度か京阪特急には乗っているのだが、やはりテレビを見たという記憶がない。
それでも自分の中のイメージでは「京阪特急=テレビカー」であることは変わりがない。
そんな「テレビカー」が、その役目を終えようとしている。

京阪電鉄、特急車両のテレビ撤去で“テレビカー”廃止へ-「時代の変化により、その役目を終えた」(AV Watch)

 記事によれば、京阪の特急車両「8000系」が、新造後20年を経過したため、シートなどのインテリアの改善、車端部座席のロングシート化、つり革の設置などの改装を行うことになり、それに伴って搭載されているテレビは順次撤去し、平成23年度内には全廃する。
廃止の理由は、「時代の変化により、その役目を終えたと判断したため」とのこと。

確かに、今は携帯電話やポータブルプレーヤーなどでワンセグ放送のテレビを見ることができる。電車の中のテレビをわざわざ見る人もあまりいないのだろう。

しかし、1954年に登場して以来、京阪の名物として親しまれてきた「テレビカー」がなくなるというのは、ちょっと寂しい気もする。
なくなる前に乗りに行かなければと思う。そして、今度はちゃんとテレビを見ることにしよう。

|

« 3月3連休の旅(5)黄と黒の「彼ら」に会いに行く | トップページ | 高速値下げ対抗第2弾は「西日本パス」&「JR九州・西日本乗り放題パス」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/44466467

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、「テレビカー」:

« 3月3連休の旅(5)黄と黒の「彼ら」に会いに行く | トップページ | 高速値下げ対抗第2弾は「西日本パス」&「JR九州・西日本乗り放題パス」 »