« 「鉄分」補給の旅(1) | トップページ | 「鉄分」補給の旅(3) »

2009.08.29

「鉄分」補給の旅(2)

旅2日目。
宿をチェックアウトして高崎駅へ。まずは「有名な朝食」を弁当屋で購入。それがこちら。

2009_0829tetsu0004

「上州の朝がゆ」350円。

2009_0829tetsu0005

暖かいおかゆ(むきえび・しらす・栗入り)と大根みそ漬け・ねり梅・塩がついている。販売時間朝7時~9時、1日限定100食という貴重な駅弁である。
朝ごはんにはちょうどいい量で、値段も安いし、これはかなり得した気分である。

腹ごしらえも終わり、早速今日も「鉄分」を補給する旅に出発である。まず最初は、ここ高崎駅から出ているローカル私鉄「上信電鉄」である。

2009_0829tetsu0010

高崎駅と下仁田駅間33.7kmを約1時間で走破するローカル私鉄であり、途中にある上州福島駅は、トラベルライターの横見浩彦さんが日本の鉄道全駅下車を達成した駅である。
改札口で1日乗車券を購入。

2009_0829tetsu0038

するとこんなものも一緒にいただいた。

2009_0829tetsu0020

スタンプラリーシートである。現在上信電鉄では「銀河鉄道999号」というラッピング電車が運行されており、これを記念したスタンプが5つの駅に設置されているとのこと。今回はこの後の電車の乗り継ぎの都合上、乗り降りしながらスタンプを押していくことはかなわないのだが、とりあえず高崎駅のスタンプだけ押印させていただいた。
乗車すること1時間、終点の下仁田駅に到着。

2009_0829tetsu0034

駅にはこんな「顔出し看板」も設置されていた。

2009_0829tetsu0032

折り返しの電車で再び高崎駅に戻り、上越線の電車に乗り換えて先を急ぐ。

2009_0829tetsu0049
改札口まで約10分かかる土合駅・・・いつかは下車してみたい駅ではあるが、今回は降りずに先に進み、降りた駅は小出駅。もう「わかる人」にはわかる駅である。ここから乗り継ぐのは、只見線の列車である。

2009_0829tetsu0055

小出駅と会津若松駅135.2kmを結ぶ只見線は、全線を直通する列車が1日3往復(早朝・昼・夕方)しかない。前日乗車した吾妻線(1日5往復)よりさらに少なく、距離は長い。
これから乗車する昼の列車が東京方面から普通列車を乗り継いで乗車でき、さらに夏場であれば終点でもまだ明るいという、ベストな列車なので、車内はあっという間に座席が埋まってしまう。
そして、この列車のもう一つの特徴がこちらである。

2009_0829tetsu0057

お気づきになられるだろうか・・・扇風機が並んでいる・・・クーラーがないのである!
したがって窓は開けっ放しである。走り出すと、外の風が入り込んでくる。特にトンネルになると車内の気温は一気に下がり、涼しくなる。
昔の列車はみんなそうだった。暑ければ窓を開け、風を取り入れていた。都会ではありえない、失われた「旅の風景」がここには残されているのである。
車窓も、田園風景が広がっている。このあたりは「魚沼」・・・あのブランド米の生産地である。

2009_0829tetsu0060

しばらくいくと列車は山の中へと分け入ってくる。

2009_0829tetsu0063

そして、全長6,359mの六十里越トンネルを抜けると、冬は豪雪のため閉鎖される臨時駅田子倉駅に到着する。駅の前後で田子倉湖の美しい風景を見ることができる。

2009_0829tetsu0073

只見駅を過ぎると、只見川に沿って列車は走っていく。

2009_0829tetsu0083

2009_0829tetsu0086

会津川口駅で列車交換のため少し長めに停車する。

2009_0829tetsu0091

小出駅を出発してから約2時間、多くの乗客がホームに降りて撮影をしたり、駅構内の売店で買い物をしたりしている。

2009_0829tetsu0094

またこの駅ではタブレットの交換も行われる。

2009_0829tetsu0095copy

10分ほど停車した後出発。景色は川沿いの風景から再び田園風景へと変化していく。

2009_0829tetsu0106

2009_0829tetsu0109

そして、1つの線路が横から近づいてくる。

2009_0829tetsu0111

会津鉄道の線路である。ほどなく西若松の駅に到着。終点の会津若松駅まではもうすぐである。
17時18分、小出駅出発から4時間1分で終点の会津若松駅に到着。

2009_0829tetsu0112

ここからさらに磐越西線に乗り換えて、郡山駅へ。本日は郡山で1泊となった。
さて、この2日間で「鉄分」は十分に補給できたので、明日は「軽め」で行く予定である。
まあ「予定」なので、また「がっつり補給」となる可能性もあるが(苦笑)。

|

« 「鉄分」補給の旅(1) | トップページ | 「鉄分」補給の旅(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/46064378

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄分」補給の旅(2):

« 「鉄分」補給の旅(1) | トップページ | 「鉄分」補給の旅(3) »