« 「樋口了一 時計台アコースティックライブ」を手に入れる | トップページ | ブルートレインで宿泊1泊4000円!唐津くんちホテルトレイン(1日限定) »

2009.09.24

去年の「劇的3時間SHOW」が本に&今年は浅草に藤村Dが登場!

昨年10月に行われた「劇的3時間SHOW」の内容を元に構成された本「劇的クリエイティブ講座」を手に入れた。

2009_0924gekiteki_book0003

出演者のうち、見城徹氏とリリー・フランキー氏については本人の意向によって本書に収録されなかったとのことだが、藤村Dの内容はちゃんと収められている。

2009_0924gekiteki_book0007

本書の内容と、自分で書いたレポート記事藤村Dの「劇的3時間SHOW」を見る(1)(2)(3)(4)(5)】を比較してみると、本題に関係のないところ(大泉さんから送られたススキの穂の話とか)は、本書ではもちろんカットされている一方、本題にかかわる部分でありながら、内容が内容だけにレポート記事では書かなかった「砂事件」にまつわる藤村Dの見解については、本書で読むことができる。
まだ他の方の内容は読んでいないのだが、またじっくりと時間を掛けて読みたいと思う。

さて、この「劇的3時間SHOW」は今年も開催される。藤村Dは今年のこのイベントには参加しない。参加しないのだが、実は別のところで登場するのである。今年の「コ・フェスタ」公式サイトにニュースリリースが掲載されている。

浅草藤村忠寿大集会~おもしろいテレビのための在り方懇~(PDFファイル)

ニュースリリースによれば、今年のコ・フェスタのオリジナルイベントの最後を飾るイベントとして企画されているのがこの「浅草藤村忠寿大集会」。内容と参加方法等については、ニュースリリースより引用する。

コ・フェスタ2008での「劇的3時間SHOW」では抜群の入場応募数を記録した北海道テレビ放送のエグゼクティブディレクター藤村忠寿が、テレビメディア界冬の時代といわれる中、どうしたらおもしろいテレビを作れるのか、どうしたらテレビを変えられるのか、どうしたら視聴者は楽しみ方を見つけられるのか…といったテーマで、これまで喋り足りなかったことや、この一年の新しい発見を、浅草公会堂を舞台に熱く語りつくします。

「浅草藤村忠寿大集会~おもしろいテレビのための在り方懇~」開催概要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日 時 :2009年10月27日(火) 18時半開演
会 場 :浅草公会堂
出演者:藤村忠寿(北海道テレビ放送 エグゼクティブディレクター)
入場料:無料(HPからの事前応募制)
申込方法:HPを参照
参加申込期間:10月9日(金)~15日(木)
HP:http://asakusa-fujimura.jp/
主 催 :JAPAN国際コンテンツフェスティバル実行委員会
企画・制作:テレビマンユニオン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用ここまで)

いつのまに「エグゼクティブディレクター」などという肩書きになられたのだろうか?
「偉くなった」というよりは、「これまで以上に自由に番組を作ることができる立場になった」という感じなのだろうか(あくまで想像だが)。常に番組を作る「環境」を作ることに力を注いできた藤村Dにとっては、まさに求めていたポジションなのかもしれない(もう一度言っておくが、あくまで想像である)。

このブログでは、藤村Dに対しては批判めいたことも結構書いてきている。今回のこのイベントについても、物申したいところではある。

「テレビ論を語ってる暇があったら、新作どうでしょうを作れ!」と。

それはそうなのだが、悔しいことに藤村Dの話は、新作「どうでしょう」の制作という問題を別にすれば、テレビ大好き人間にとっては、興味深く面白いのである。それは、「劇的3時間SHOW」で生の話を聞いたときにも感じたし、今回「劇的クリエイティブ講座」を読んだときにも改めて感じてしまった。

別の考え方をすると、こういった場を設けることで、藤村Dの語りたい「テレビ論」を存分に語ってもらい、その代わりにどうでしょうのHPやDVDの副音声などでは、「どうでしょう」さんの話にこだわっていただく。そうなれば、藤村Dにとっても、多くの「どうでしょうファン」にとっても幸せな状況になるのではないかと思ったりもする。

まあ、実際はそうならないだろうが(苦笑)

イベントは平日開催ということで、なかなか参加しづらいのだが、一応応募はしてみようと思う。恐らくものすごい数の応募で抽選は必至だろうが、もし行けるのであれば、レポート記事も書いてみたい。

|

« 「樋口了一 時計台アコースティックライブ」を手に入れる | トップページ | ブルートレインで宿泊1泊4000円!唐津くんちホテルトレイン(1日限定) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/46303264

この記事へのトラックバック一覧です: 去年の「劇的3時間SHOW」が本に&今年は浅草に藤村Dが登場!:

« 「樋口了一 時計台アコースティックライブ」を手に入れる | トップページ | ブルートレインで宿泊1泊4000円!唐津くんちホテルトレイン(1日限定) »