« 旅に出ます! | トップページ | 高知・思惑外れの旅 »

2009.10.03

「きのさき」「北近畿」などにも新型車両導入へ

以前記事にした特急「はまかぜ」への新車投入に続いて、今度は特急「北近畿」「きのさき」などにも新型車両の導入が決まった。

城崎温泉結ぶ特急に新型車両…座り心地アップ 多目的室設置(読売新聞)
特急「きのさき」「北近畿」などへの新型特急形電車の投入について(JR西日本プレスリリース)

記事およびプレスリリースによれば、現在「きのさき」「北近畿」などに使われている車両・183系は、製造から30年以上が経過していることから、この度新たな車両・287系計を製造し、これらの特急に導入されるとのこと。
今回製造される287系は、先日導入された新型サンダーバード車両・683系4000番台のコンセプトを踏襲し、安全性向上のための車体の構造強化や、バリアフリー対応、座席の座り心地向上などが盛り込まれた車両となる。
営業運転は2011年春ごろからとのことなので、少し先の話ではあるが、旧国鉄型車両の活躍の場がどんどん減っていくのは、一利用者としては快適性が向上するのでありがたいのだが、「鉄」としてはちょっとさびしいところもある。

|

« 旅に出ます! | トップページ | 高知・思惑外れの旅 »

地方交通」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/46385034

この記事へのトラックバック一覧です: 「きのさき」「北近畿」などにも新型車両導入へ:

« 旅に出ます! | トップページ | 高知・思惑外れの旅 »