« JR大阪駅11番のりば復活! | トップページ | 旅に出ます! »

2009.11.21

何も考えずに「秋の関西1デイパス」で出かけてみる

この前の金曜日、突然休みが取れることになった。土曜日からの3連休をあわせれば「4連休」!といきたいところであったが、あいにく土曜日は仕事。
ただ、せっかくの休みなので、どこかに行きたい。されども特に行きたい場所はなし。
こんなときに便利なのが、乗り放題のフリーきっぷ。ちょうどいいものが発売中だったので、とりあえず買ってみた。

2009_1120kansai1daypass0001

「秋の関西1デイパス」である。
このきっぷ、関西エリアのJR線普通列車が1日乗り放題なのに加えて、「湖都・びわこチケット」または「堺・住吉チケット」への引換券がついてお値段なんと2,900円である!
「湖都・びわこチケット」は、京阪電車京津線・石山坂本線の1日乗り放題と、琵琶湖汽船が運航する琵琶湖周遊船「ミシガン」への1回乗船がセットになっている。
「堺・住吉チケット」は、南海電鉄なんば~堺・中百舌鳥間、汐見橋~岸里玉出間の一日乗り放題と、阪堺電車全線1日乗り放題、南海バスの堺市内指定区間1日乗り放題がセットになっている。
「びわこ」か「堺」か・・・とりあえずは大阪へ向かってそこで考えよう。

2009_1120kansai1daypass0004

JR西日本が誇る「新快速」に乗車。車内は平日10時を過ぎても満員である。とりあえず、運転席の後ろに陣取り、運転台を凝視・・・そのわけはこれを見るため!

2009_1120kansai1daypass0008

時速130km!在来線の、それも特急料金のいらない列車で、これだけの速度を出して走る列車は、全国を探してもそうはないはず(つくばエクスプレスとか常磐線の快速くらいか?)。

乗車時間22分で大阪駅に到着。ここで多くの乗客が下車し、それと同じくらいの乗客が乗車してくる。

さあ、決断のとき!どうする?

35分後、この駅に到着。

2009_1120kansai1daypass0014

山科駅・・・というわけで、今日は琵琶湖方面を目指すことにする。
JRの改札を出るとすぐ目の前に京阪電車の京阪山科駅がある。

2009_1120kansai1daypass0016

駅の窓口で、「湖都・びわこチケット」を引き換える。

2009_1120kansai1daypass0017

パンフレットと、「湖都古都・おおつ1dayきっぷ」を受け取る。このきっぷは、通常500円で販売されているものである。ホームで待つことしばし、浜大津行きの電車に乗り込む。

2009_1120kansai1daypass0020

4両編成の京阪800系。京都市営地下鉄東西線と直通運転を行っている車両である。
車内は空いていたのだが、またもや運転席の後ろに陣取ってみる。

2009_1120kansai1daypass0031

こちらの時速は70キロ。でも意外と早く感じる。というか、こんな速度で走ることの出来る区間はあまりなく、ほとんどが40キロいくかいかないか程度の速度である。なぜか?その答えはこれ。

2009_1120kansai1daypass0032
曲がる。

2009_1120kansai1daypass0036
曲がる。

2009_1120kansai1daypass0041
曲がる。

2009_1120kansai1daypass0046

曲がる。
とにかくカーブが多い。それもかなりきつい半径のカーブである。これでは速度の出しようがない。
ちなみに線路から立ち上る白い煙のようなものは、線路沿いに設置されているノズルから噴射された「水」。線路と車輪から発生する「きしみ音」を軽減するためのもののようである。
そして上栄町駅を過ぎると、電車は道路の上を走り始める。

2009_1120kansai1daypass0048

2009_1120kansai1daypass0049

2009_1120kansai1daypass0051

4両編成の電車、それも地下鉄へ直通している電車が普通に路面を走っている・・・何度乗っても不思議な感じがする。

2009_1120kansai1daypass0053

路駐している車をよけるために、前の車が線路に入り込んでくる!ぶつかることはないのだろうが、やはり怖い・・・。そうこうしているうちに、電車は終点の浜大津駅に到着。

2009_1120kansai1daypass0056

ここから「ミシガン」が出航する大津港は歩いてすぐのところにある。

2009_1120kansai1daypass0057

2009_1120kansai1daypass0058

2009_1120kansai1daypass0060

乗船券売り場で「関西1デイパス」と「湖都古都・おおつ1dayきっぷ」を見せる。両方のきっぷに「済」のはんこが押され、乗船券とともに手元に戻ってきた。

2009_1120kansai1daypass0061

ちなみに「ミシガン」の乗船料は通常2,700円。「関西1デイパス」が2,900円だから、その「お得度」がどれほど高いかはお分かりになるだろう。
待つことしばし、乗船時間が近づいてくる。まずは、「クルー」のお出迎えパフォーマンスが始まる。

2009_1120kansai1daypass0065
「ミシガンクルーズへようこそ!」

2009_1120kansai1daypass0070

フラッグによるパフォーマンス!
・・・正直に思ったことを言おう。

「これは・・・最も苦手な場所に来てしまったかもしれない」

こういった観光船やテーマパークなどで、スタッフの皆さんが「お客様に楽しんでいただこう!」と、いろいろ盛り上げれば盛り上げるほど、こちらはどんどん盛り下がってしまうのである。ましてや今日は1人旅(ていうかいつも1人旅だが)。この時点で「乗るのやめよっかなあ・・・」と思ったのだが、せっかくここまで来たのだから、意を決して(笑)乗船することにする。
パフォーマンスが終わると、いよいよ乗船である。船の前では乗客をお迎えする「ウエルカム演奏」が行われていた。

2009_1120kansai1daypass0074

イメージは「アメリカニューオリンズのデキシーミュージック」らしい。
船に乗り込み、階段を登って、3階の「ベッキーズスクエア」へ。

2009_1120kansai1daypass0076

2009_1120kansai1daypass0077

外はガラス張りの壁、天井にはヒーターが取り付けられており、結構暖かいスペースになっている。とりあえず、座席を確保して、出航のときを待つ。すると、先ほど乗船前に登場した2人が登場し、希望した乗客に銅鑼を叩かせて、出航の合図を出す。

2009_1120kansai1daypass0079

さらに、見送りしてくれているクルーへ「行ってきまーす」と叫ばせる。

2009_1120kansai1daypass0080

2009_1120kansai1daypass0081

うむぅ、キツイなあ・・・はっ!いかん、いかん!まだ出航したばかり、大津港に戻ってくるのは90分後である。
とりあえず「体勢」を立て直すために、外に出る。この船はミシシッピ川を行き来していた船「外輪船」をモチーフとして作られている。「外輪船」の特徴である「パドル」を見に行ってみる。

2009_1120kansai1daypass0083

おおー、すごい勢いで回ってる!ふと後方を見ると、そこには「びわこボート」が見える

2009_1120kansai1daypass0085

写真には収められなかったが、実際にボートが走行しているところも見えた。
続いて4階へ登ってみる。ここでは、操舵室を窓越しに見学できるスペースがある。

2009_1120kansai1daypass0089

前に見える操舵輪はもちろんダミーである(当たり前か)。
さらに船内をうろうろ。

2009_1120kansai1daypass0099

顔出し看板発見!

2009_1120kansai1daypass0098

さらにもう一つ。

2009_1120kansai1daypass0101

鳥が止まっている。多少近づいても逃げていかない。

2009_1120kansai1daypass0090

2009_1120kansai1daypass0091

晴れていたらいい景色なんだろうけれども・・・曇っていていまいち。
再び席に戻って座っていると、ヒーターの心地よい暖かさに思わずウトウト・・・その間、風景のガイドや、ダンス・ジャグリング・音楽演奏のパフォーマンスが行われたようなのだが、記憶がない(苦笑)
気がつけば、「琵琶湖周遊の歌」が流れていて(加藤登紀子さんバージョン)、大津港に到着。90分の船旅は、ほとんど「夢の中」であった。
再び浜大津駅に戻り、京阪石坂山本線を乗ったり降りたりしてみる。

2009_1120kansai1daypass0111

うーん、なんだか気分が乗らない。結局、石山駅でJRに乗り換え、そのまま帰宅の途へとついた。
今回の日帰り旅は、不完全燃焼となってしまった。もし大阪駅で乗り換えて、「堺・住吉チケット」の旅にしていたら、一体どんな旅になったのだろうか・・・いずれにせよ、もう少し「計画性」や「目的」を持たないと厳しい旅になるような気はするが(苦笑)。

|

« JR大阪駅11番のりば復活! | トップページ | 旅に出ます! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/46823020

この記事へのトラックバック一覧です: 何も考えずに「秋の関西1デイパス」で出かけてみる:

« JR大阪駅11番のりば復活! | トップページ | 旅に出ます! »