« 携帯で九州を塗りつぶせ!「九州一周塗りつぶし位置ゲーの旅」開催! | トップページ | 門司港レトロ観光列車「潮風号」好評に付き来年は増便決定! »

2009.11.04

「鉄」から「鉄道会社社長」へ、山形鉄道社長の本を読む

先日、久しぶりに旭屋書店本店7階に立ち寄った。ここは知る人ぞ知る「鉄道関連本」の宝庫である。また、本以外にも鉄道グッズ・部品なども販売されており、時間をつぶすには最適の場所でもある。
何げなく本棚を見渡していると、ある1冊の本に目が留まった。パラパラとめくると、これはかなり面白そうだなと感じたので、即購入した次第。それがこちらの本である。

2009_1103tetsubook001 
下記のリンク先から購入されると山形鉄道に500円がチャリティとして入るとのこと。
山形鉄道-社長の本-

山形県の第3セクター鉄道「山形鉄道」の社長・野村浩志さんが書かれた本「私、フラワー長井線「公募社長」野村浩志と申します」である。
読了したので、早速記事にしようと思っていたら、ちょうど読売新聞のサイトに紹介記事が掲載されていた。

「鉄ちゃん」だった山形鉄道・公募社長が体験記

(読売新聞)

「鉄」だった野村さんが、旅行会社を経て、公募で山形鉄道の社長になり、現在に至るまでの軌跡と、山形鉄道の未来への提言がつづられている。
旅行会社でのさまざまな「ツアー企画」はもちろんのこと、自ら描いた「絵」の絵画展や、移動美術館を立ち上げ、全国展開するなど、いろんなことに挑戦し、成功させていくところは読んでいてとても面白いものであった。あと、最近テレビでもよく紹介される山形鉄道の名物ガイド(運転士)さんのことも載っていた。ぜひ一度その「名調子」を聞きながら旅をしてみたいものである。

地方鉄道のがんばりを書いた本は、銚子電鉄(記事:「煎」で「線」を守った軌跡が一冊の本に!)やえちぜん鉄道(記事:がんばる地方鉄道の本を読了する)など、このブログでもいくつか紹介させていただいたが、この野村社長の本もかなりおすすめできる1冊である。

|

« 携帯で九州を塗りつぶせ!「九州一周塗りつぶし位置ゲーの旅」開催! | トップページ | 門司港レトロ観光列車「潮風号」好評に付き来年は増便決定! »

地方交通」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/46674938

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄」から「鉄道会社社長」へ、山形鉄道社長の本を読む:

« 携帯で九州を塗りつぶせ!「九州一周塗りつぶし位置ゲーの旅」開催! | トップページ | 門司港レトロ観光列車「潮風号」好評に付き来年は増便決定! »