« 季節がよくなったら行って見たい飯田線の「秘境駅」 | トップページ | 旅に出ます! »

2010.03.12

2010年3月JRダイヤ改正に思う

明日2010年3月13日は、JRダイヤ改正の日。上野と金沢を結ぶ二つの夜行列車が消えることになる。

Notohokurikujpg

急行「能登」と寝台特急北陸である(写真は昨年10月に撮影)。先ほど夜のニュース番組でも特集が組まれており、金沢駅発射の様子も生中継されていた。
「北陸」には昨年末に乗車することができた(記事はこちら)が、「能登」は乗車できないままこの日を迎えてしまった。
ただ「能登」については、車両は変わるものの、臨時列車としては残るとのことなので、また機会を見つけて乗りに行きたいと思っている。

さて、このダイヤ改正以後、大幅に運転本数の減る列車がある。
その列車とは、大阪と北陸方面を結ぶ特急「雷鳥」。
今回のダイヤ改正で、新しい車両に置き換わった「雷鳥」は「サンダーバード」に名前を変えるため、古い車両(485系)で運転される定期列車の「雷鳥」は1往復のみとなる。これも、次のダイヤ改正あたりでは・・・と思ったりもする。
あと、181系気動車で運転されている「はまかぜ」も、平成23年春には新しい車両が投入される(記事はこちら)。

国鉄時代から活躍する古い車両が、淘汰され、快適な車両へと置き換わっていく。一乗客としてはありがたいが、「鉄」としては寂しい気持ちもある。まだあまり注目されていない今のうちに、乗っておいたほうがいいのかもしれない。

|

« 季節がよくなったら行って見たい飯田線の「秘境駅」 | トップページ | 旅に出ます! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/47795004

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年3月JRダイヤ改正に思う:

« 季節がよくなったら行って見たい飯田線の「秘境駅」 | トップページ | 旅に出ます! »