« 「奈良万葉きっぷ」の旅 | トップページ | さよなら元特急「北アルプス」キハ8500系 »

2010.04.06

2010年8月12日、山陰本線余部橋梁は「鉄橋」から「コンクリート橋」へ

以前から架け替え工事が進められていた、山陰本線の餘部橋梁の架け替え工事がいよいよ完了する。今までの「鉄橋」から新しい「コンクリート橋」への切り替えについてのスケジュールが発表された。

山陰本線鎧・餘部間余部新橋りょうへの架替について(JR西日本)

JR西日本のニュースリリースによれば、新しい橋の供用開始は平成22年8月12日から。また、それに伴う架替工事が平成22年7月17日(土曜日)早朝~8月11日(水曜日)夜間に行われ、この期間中は山陰本線 香住~浜坂間(一部、香住~鳥取間)が運休になるとのこと。
架替工事期間中は、バスなどによる代行輸送を検討しており、詳細は後日発表される。

ということは、7月16日(金)が現在の「鉄橋」での最終運転日となる。おそらくまた多くのファンや報道陣が訪れるものと思われる。
何度か通ったことのある場所ではあるが、新しい橋に切り替わる前に、もう一度訪れてみたいものである。

|

« 「奈良万葉きっぷ」の旅 | トップページ | さよなら元特急「北アルプス」キハ8500系 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/48017816

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年8月12日、山陰本線余部橋梁は「鉄橋」から「コンクリート橋」へ:

« 「奈良万葉きっぷ」の旅 | トップページ | さよなら元特急「北アルプス」キハ8500系 »