« 来月の予定を考えてみる | トップページ | 讃岐うどんめぐりに必携!?あの「麺通団」の本が4年ぶりに発売! »

2010.04.23

元・高千穂鉄道の車両に宿泊できる、「TR列車の宿」オープン!

廃線となった高千穂鉄道の車両といえば、JR九州の観光特急「海幸山幸」になったり、阿佐海岸鉄道に譲渡されたりしているが、今度は「地元」で第二の人生をスタートさせている。

廃線の列車、宿泊施設に変身 GWほぼ満杯 高千穂鉄道(asahi.com)

記事によれば、駅舎内に温泉があることで知られていた高千穂鉄道の旧・日之影温泉駅に高千穂鉄道で使われていた車両2両を改造し、簡易宿泊施設「TR列車の宿」としてオープンさせたとのこと。

部屋は、1、2、4人部屋が各2室ずつあり、1日に宿泊できる人数は最大14人。
室内には、運転席や運賃箱もそのまま残っているそうなので、好きな方にはたまらない空間といえるのではないだろうか。

気になる宿泊料金は、4名部屋10,000円、2名部屋6,000円、1名部屋3,500円とリーズナブル。
これなら一度は泊まってみたい・・・そう思う人がかなりいるようで、すでにGWはほぼ満杯になっているそうである。
すぐにはいけそうにないが、いつかきっと訪れてみたい場所である。

|

« 来月の予定を考えてみる | トップページ | 讃岐うどんめぐりに必携!?あの「麺通団」の本が4年ぶりに発売! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/48163436

この記事へのトラックバック一覧です: 元・高千穂鉄道の車両に宿泊できる、「TR列車の宿」オープン!:

« 来月の予定を考えてみる | トップページ | 讃岐うどんめぐりに必携!?あの「麺通団」の本が4年ぶりに発売! »