« 日帰りさぬきうどん満喫の旅 | トップページ | 北で南で、あの寝台特急の名前が新幹線として「復活」! »

2010.05.09

細目の新幹線「100系」2012年春引退&700系レールスター「こだま」化へ

0系なき後、山陽新幹線「こだま」として活躍してきた100系もいよいよ引退へのカウントダウンが始まる。

山陽新幹線「100系」2012年春引退へ(@niftyニュース-読売新聞-)

記事によれば、2011年春開業に予定されている九州新幹線鹿児島ルートの全線開通によって、新大阪―鹿児島中央間を最高時速300キロで直通する「さくら」の新型車両が大量投入されることになり、最高時速230キロで高速化に対応できない100系に代わって、来春以降順次、700系「ひかりレールスター」が「こだま」となるとのこと。

100系といえば、1985年に一部2階建ての新幹線として登場。2階にグリーン席、1階にグリーン個室やカフェテリアが設けられていた。
特にJR西日本が所有した「グランドひかり」では、食堂車・グリーン車・普通車指定席(1階部分・2×2シート)が4両の2階建て車両に設けられていた。

今は、山陽新幹線で4両または6両編成となり、車内はすべて2×2シートになっている100系、引退まではまだもう少し時間があるが、今度乗車したときには、車内外をじっくりと観察してみたいと思う。20070502_nishikigawa_hiroshima0012

この「細目」の先頭車を見られるのもあと2年足らずである。

|

« 日帰りさぬきうどん満喫の旅 | トップページ | 北で南で、あの寝台特急の名前が新幹線として「復活」! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
100系もとうとう引退なんですね。
100系の”顔”が好きだったんですけど。
これも時代の流れなんでしょうか。
残念です。

投稿: そんさん | 2010.05.10 01:53

そんさん様
コメントありがとうございます。
100系がまだ東海道新幹線を走っていた頃、わざわざ選んで乗っていたことがあります。
新幹線は常に「より早く」を求められる乗り物ですから、車両が淘汰されていくのは仕方がないのでしょうね。

投稿: K_S | 2010.05.10 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/48319317

この記事へのトラックバック一覧です: 細目の新幹線「100系」2012年春引退&700系レールスター「こだま」化へ:

« 日帰りさぬきうどん満喫の旅 | トップページ | 北で南で、あの寝台特急の名前が新幹線として「復活」! »