« 旅に出ます! | トップページ | 細目の新幹線「100系」2012年春引退&700系レールスター「こだま」化へ »

2010.05.08

日帰りさぬきうどん満喫の旅

GWが終わり、ようやく休みが取れたので旅に出ることにした。土曜日が仕事のため、日帰りしなければならないという条件の中、以前記事にした候補地の中から選んだのは、うどんの「香川」である。

先日購入した「超麺通団4」(記事はこちら)と、FM香川のラジオ番組「麺通団のうどラヂ」「続・麺通団のうどラヂ」(番組ブログはこちら)のポッドキャストをダウンロードしたものをお供に、木曜日の夜、実家から車で出発。

香川県へ向かうには、いくつかルートがある。明石海峡大橋と大鳴門橋を経由するルート、山陽道から瀬戸大橋を経由するルート、そしてもうひとつは、今回利用した「ジャンボフェリー」である。
ジャンボフェリーを利用したのは、深夜便に乗車すると早朝5時に高松に到着するため、時間を有効に使えるのと、「ETCフェリー乗船実験」で運賃が割引になるため。

乗船口で手続きを済ませ(といっても、ETC乗船なので、車を降りずに完了)、待つことしばし、乗船する。乗船したら、利用したいサービスがあったので、売店で受付を済ませる。
そのサービスとは、「シングル個室」。深夜の1便のみ利用できる「シングル個室」は、通常運賃に+2,000円で一人用個室(枕・布団つき)が利用できるもので、運転手はなんと+500円で利用できる(詳しくはこちら→シングル個室はじめました)。

鍵とシーツを受け取り、個室へ。モブログでもUPしたが、部屋は広くはない。2010_05070001しかし、鍵をかけられ、回りを気にせずに寝られるのはありがたい。入港前の船内放送が流れるまで、眠ることが出来た。

翌朝5時過ぎ、高松港に到着。いよいようどん屋巡りの始まりである。
あいにくの雨模様で、カメラを持っていたのだが、景色などはまったく撮影できなかったので、うどん屋の店構えとうどんの写真を以下並べていく。

うどん屋巡りその1「さか枝」2010_05070002
セルフうどんの「基本」がすべて味わえるお店である。
こちらでいただいたのは、かけ中+ちくわ天+たまご天。2010_05070003
お値段350円なり。

うどん屋巡りその2「上戸(じょうと)」2010_05070004

JR予讃線箕浦駅のすぐ隣にお店がある「上戸」。2010_05070009_2
手前にある駅舎(貨物車の転用)よりもお店のほうが大きく目立っている。「麺通団4」にも登場し、「うどラヂ」では店の大将がよくゲスト出演されていて、ぜひ食べてみたいと思っていた1軒である。
こちらでいただいたのは、かけ中+ちくわ天+たまご天。2010_05070006お値段450円なり。
今度は電車で訪れてみたい。

うどん屋巡りその3「長田in香の香」
2010_05070010

釜あげうどんといえばこのお店、「長田in香の香」である。「うどラヂ」によれば、店の大将が四国八十八箇所を100回以上回られているそうである。
こちらでいただいたのは、釜あげ小。さすがに3杯目になると苦しくなってくる。

2010_05070011

お値段250円なり。
大変おいしいと噂の「つけだし」は、本当に絶品!次はおなかに余裕を持たせて「大」を食べてみたい。

うどん屋巡りその4「日の出製麺所」2010_05070013

営業時間が11時半から12時半までのわずか1時間という、県外客にとってはなかなか行くのが難しい店である。
こちらでいただいたのは、釜玉小。2010_05070015

お値段150円なり。
お店の人に「釜玉もできますよ」と言われて思わず注文してしまった「釜玉」。もちろんおいしかったのだが、今度訪れる機会があればシンプルに「かけ」を食べてみたい。

うどん屋巡りその5「宮武うどん」2010_05070023「麺通団4」にも書かれていたのだが、2009年に閉店した琴平の「宮武うどん」を、大将のお弟子さんが継承し、場所を高松自動車道高松西ICの近くに移してこの4月にオープンしている。
店内に入ると、以前の「宮武うどん」で使われていた道具が展示されている。2010_05070017

2010_05070018

厨房の中では、宮武の大将がうどんを伸ばしているお姿も拝見することが出来た。
こちらでいただいたのは、かけあつあつ小とちくわ天とげそ天。2010_05070019

お値段410円なり。
てんぷらが揚げたてでかなりおいしかった。うどんは言わずもがなうまい。

以上で今回のうどん屋めぐりは終了。最初の2軒を「中」ではなく「小」にしていたら、もう少し回れたように思う。

今回は行けなかったが、今度行くときには訪れたいお店を忘れないようにここに書いておく。

「清水屋」・・・麺通団田尾団長が教授をされている四国学院大学のすぐ近くにあるお店。「うどラヂ」でも幾度となく話題に上っているのでぜひ行ってみたい。

「麺豪山下」・・・こちらも「うどラヂ」でよく出てくるお店。

「あたりや」・・・金曜日がお休みだったため立ち寄れなかったのが悔やまれる。

他にも、神の手「田村」、半熟卵天「竹清」、「水曜どうでしょう」でおなじみの「山田家」「山越」など、挙げ始めたらきりがない。
次に訪れることが出来るのはいつになるだろうか・・・。

|

« 旅に出ます! | トップページ | 細目の新幹線「100系」2012年春引退&700系レールスター「こだま」化へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ジャンボフェリーです。

いつもご乗船いただき、ありがとうございます。

フェリーはたいへん地味な存在ですが、少しでも便利で快適な旅をご提供できるよう、これからも努力してまいりたいと存じます。

またのご乗船を心よりお待ち申し上げております。

ありがとうございました! o(*^▽^*)o

PS。
男性用だけですが、船内にお風呂・サウナもご用意いたしております。
よろしければ、またの機会にご利用ください。
(手ぬぐいや石鹸は、船内売店でご用意いたしております。)

投稿: ジャンボフェリー | 2010.05.08 22:51

ジャンボフェリー様
コメントありがとうございます!
久しぶりの乗船でしたが、ゆったり快適な船旅を楽しませていただきました!
お風呂・サウナも今度は利用してみようと思います。
あと、出航・入港時に流れるジャンボフェリーの曲が結構好きです。あの曲を聞くと、「ああ旅に出てるなあ」と実感します。

投稿: K_S | 2010.05.08 23:13

はじめまして。
どの店のうどんも、おいしそうですね。
本場の讃岐うどんを食べてみたいですが、
四国までが遠い。。。(私は北海道なので)
いつか行きたいと思います!

投稿: そんさん | 2010.05.09 03:49

そんさん様
はじめまして!&コメントありがとうございます。
北海道にお住まいですか!確かに四国は遠いですよねえ・・・でも、機会があればぜひ行って見てください。うどん以外も魅力的なところ満載ですよ、四国は。

投稿: K_S | 2010.05.09 07:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/48307837

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰りさぬきうどん満喫の旅:

« 旅に出ます! | トップページ | 細目の新幹線「100系」2012年春引退&700系レールスター「こだま」化へ »