« 「せっかく関東地方まで来たので、行けるとこ行っとこ!」の旅(1) | トップページ | 「せっかく関東地方まで来たので、行けるとこ行っとこ!」の旅(2) »

2010.06.04

鉄道写真家中井精也さん「フォトレッスン&サイン会」に行く

デジタル一眼レフカメラを手にしてから数ヶ月。なかなか思うような写真が撮れず、何かよい参考書のようなものがないかずっと探していたところ、こんな本を見つけた。

毎日1枚鉄道写真を撮影し、それをブログ「1日1鉄」(ココログさん)で公開されている鉄道写真家・中井精也さんの「世界一分かりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」である(書名長っ!)。
旅、それも鉄道に乗ることがメインのこのブログにとっては、鉄道写真家による写真の教科書というのはまさにぴったり。
さらに、ジュンク堂大阪本店で購入すると、中井さんの「フォトレッスン&サイン会」に参加できる(定員30名)というので、これは買わないことがあろうか(いやない)というわけで、購入し、通勤途中などに少しずつ読み進めていた。
そして今日(2010年6月4日)、その「フォトレッスン&サイン会」の当日となり、仕事を終えて会場となるジュンク堂大阪本店へと向かった。
定時で会社を出るつもりがちょっと遅れてしまい、会場に到着したのは10分前。
すでに多くの参加者が着席し、中井さんの登場を今か今かと待ち構えている。
空いている席につき、待つことしばし、ついに中井さんの登場である!
最初に「デジタルカメラマガジン」編集長の川上さんから「注意事項」の説明がある。こういったフォトレッスンでは「撮影禁止」というのが普通なのだが、今回は中井さんのご好意により、撮影自由・ツイッター、ブログ等での掲載もOKとのこと。なんとまあ「太っ腹」なんだろうか!
中井さんいわく「体重以外は全て教えます」とのこと(笑)

そしていよいよフォトレッスンがスタート。今回発売された本は、もともとニコンが運営する写真教室「ニコンカレッジ」での中井さんの教室をベースに作られたもので、今回のレッスンでも、その教室同様パワーポイントを使って説明が行われる。2010_06040001

基本的には本に載っている内容と同じなのだが、やはり著者の生の声を通して聴くことによって、単に本を読んでいるよりも内容が入ってくるように感じる。
自分なりに気をつけたいポイントを箇条書きしてみる。
・全ての基本は「何をどう撮るか」
・撮影場所について安心してしまうとそのことを忘れがちになってしまう。
・漫然と撮らない
・撮る前にどういう写真になるかイメージする。
・被写体を愛しすぎない。
・主題と副題のバランスは「重さ」を意識する。
・オートをうまく使いこなす。
・絞り値とシャッター速度の関係をおおよそ頭に入れておく。
・絞り値小ならシャッター速度早(暗い場所で動きのあるものを撮るなら、さらに感度をあげて調整すると、ぶれにくくなる)
・絞り値大ならシャッター速度遅(ぶれやすいが、ピントの合う範囲が広くなる)
・適正露出を見るためには、テスト撮影して、そのときの数値をマニュアルで入力する。
・撮影場所の順光・逆光を行く前に知るには、国立天文台の「こよみの計算」で日の出・日の入り時間を調べるとよい。
・露出補正は大胆にする(一気に+3とか)
・ホワイトバランスはフィルターの代わりに使える。電球=ブルー、マゼンダ=WB調整機能でマゼンダを足す。

そんなこんなで、予定時間を少しオーバーしてフォトレッスンは終了。続いては、中井さんの撮影された写真のプリントやポストカードの当たる抽選会。中井さんが玉を引いて、参加券に記載されている番号で当選が決まっていく。大体こういうので当たったためしがないのだが、今回はなんと見事に当選!001いすみ鉄道の車内とのこと(「1日1鉄」でも掲載されていた)。

抽選会終了後は、サイン会。参加者はそれぞれサインをしてもらった後に、中井さんと一緒に記念撮影をされている。中には、中井さんに撮影をしてもらっている方もいらっしゃった。
さて、自分の番が回ってくる。まずブログにUPするために、サインへ書いてもらう名前は「K_S」にしてもらわなければならない。こんなときに役に立つのが「ブログ名刺」なのだが・・・すっかり忘れていた(苦笑)。仕方ないので、紙に「K_S」と書いて「これでお願いします。ブログに乗せたいので。」とお伝えする。
そして、さらにプロの写真家を前にこんなことまでお願いしてしまった。
「ブログに乗せたいので、写真撮らせてください」
そして撮影した写真がこちら。
2010_06040060

場所が暗かったので、露出補正して撮影させていただいた。特に「表情」については何もお願いしなかったのだが・・・素晴らしすぎる!(笑)
希望者全員へのサイン&撮影が終わるとイベントは終了。中井さんは最終の「のぞみ」でお帰りになったようである(「1日1鉄」より)。

カメラ系のイベントに参加したのは今回が初めてだったのだが、短い時間ながらかなり充実した内容で、もっともっとカメラのことを学びたい、学ばねばという気持ちが高まった。
また機会があればこういったものにも参加したいと思う。そしてもっともっと写真を撮りたい!

|

« 「せっかく関東地方まで来たので、行けるとこ行っとこ!」の旅(1) | トップページ | 「せっかく関東地方まで来たので、行けるとこ行っとこ!」の旅(2) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/48544189

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道写真家中井精也さん「フォトレッスン&サイン会」に行く:

« 「せっかく関東地方まで来たので、行けるとこ行っとこ!」の旅(1) | トップページ | 「せっかく関東地方まで来たので、行けるとこ行っとこ!」の旅(2) »