« 鉄道写真家中井精也さん「フォトレッスン&サイン会」に行く | トップページ | 有田鉄道廃線跡を訪ねる(1) »

2010.06.06

「せっかく関東地方まで来たので、行けるとこ行っとこ!」の旅(2)

前の記事UPから間が開いてしまったが、続きを書くことにする。
5月30日、旅の最終日は「前にも行ったけれどももう一度行きたいところ」と「一度行って見たかったところ」の両方を満たす路線である。2010_0530tokyo0013

江ノ島電鉄である。
以前乗車したことはあるのだが、昨年10月14日(鉄道の日)京都の「嵐電」と「江ノ電」が姉妹提携を行い、江ノ電では嵐電カラーを塗装した『嵐電号』、嵐電では江ノ電カラーを塗装した『江ノ電号』が走っているということで、それを見に来たのである。
ちなみに、嵐電で走る「江ノ電号」はこんな感じである(2010年4月撮影)。2010_04180012
車内には、江ノ島や鎌倉の観光地のポスターなどが掲出されていた。
2010_04180016 2010_04180017

果たして、江ノ電で走る「嵐電号」はどんな感じなのだろうか。
鎌倉駅から電車に乗ることしばし、ある駅に到着すると、向かい側に「嵐電号」を発見!
急いでホームに降りて写真を撮る。

2010_0530tokyo0014

実際の「嵐電」と比べてみる。2010_04180031
「嵐電号」の車内に入ってみる。

2010_0530tokyo0016嵐電の「江ノ電号」にあった、観光案内のポスターなどは見つけることができなかった・・・。

続いては、「一度行って見たかったところ」に行くために途中下車。
1箇所目は、鎌倉といえばここ!という観光名所である。2010_0530tokyo0019鎌倉大仏である。天気はあまりよくなかったのだが、多くの観光客(参拝客)でにぎわっていた。
続いて2箇所目は、「江ノ電」の名前の由来でもあるあの場所。まずは「最寄り駅」で下車。2010_0530tokyo0043

江ノ島の最寄り駅・江ノ島駅である。この駅の待合室には、江ノ電の車両(303号車)の運転台カットモデルや、プラレールのジオラマなどが展示されており、嵐電との姉妹提携を記念した写真の掲示も行われていた。2010_0530tokyo00292010_0530tokyo0037

もちろん、江ノ島にも行ってみる。2010_0530tokyo0048エスカーには乗らずにさらに先を行く。2010_0530tokyo0053

2010_0530tokyo0054道の途中で人だかりを発見。何かと思ってのぞいてみると、そこには「彼(彼女?)ら」がいた。2010_0530tokyo00642010_0530tokyo0063

一応いけるところまで行ってみる。2010_0530tokyo0055帰り道の階段がかなり足にきたが、何とか江ノ島駅まで戻ることができた。
そのまま江ノ電に乗ってもよかったのだが、せっかくなので、併用区間を少し歩いて写真をとることにする。2010_0530tokyo0068
有名な「江ノ電最中」のお店を発見。2010_0530tokyo0069
最中は今日の分は売り切れとのこと。食べることができなくて、ちょっとホッとした(笑)。
しばらくすると、電車がやってきたので、早速撮影。2010_0530tokyo00722010_0530tokyo0076

さらに歩きながら撮影を続ける。2010_0530tokyo0079012 008 004

結局2駅ほど歩いて、鎌倉高校前から江ノ電に乗り込み、鎌倉駅へ。そこからJRを乗り継いで新横浜駅へ向かい、新幹線に乗り換えて帰宅の途へとついた。
久しぶりの関東地方、それも3泊4日という長い期間の滞在ということで、人の多さにやられそうになりながらも、おおよその目的は達成できたので、なかなか満足のいく旅となった。

|

« 鉄道写真家中井精也さん「フォトレッスン&サイン会」に行く | トップページ | 有田鉄道廃線跡を訪ねる(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/48562103

この記事へのトラックバック一覧です: 「せっかく関東地方まで来たので、行けるとこ行っとこ!」の旅(2):

« 鉄道写真家中井精也さん「フォトレッスン&サイン会」に行く | トップページ | 有田鉄道廃線跡を訪ねる(1) »