« 樋口了一コンサート「手紙~親愛なる子供たちへ~」 at 三重県川越町に行く | トップページ | 「ひとり合宿」の旅(2) »

2010.07.19

「ひとり合宿」の旅(1)

さて、樋口さんの三重でのコンサートが終わり、コンサート会場でお会いした4名を近くの駅までお送りした後、「せっかくここまで来たのだから、そのまま帰宅するのはもったいない」ということで、そのまま旅に出ることにした。

夜、車で旅となれば、「夜中走り続ける」という案が頭の中に浮かぶ。
そう、「合宿」である。

どうでしょうファンのみなさんはお分かりかと思うのだが、それ以外の方のために解説しておくと、ここでいう「合宿」とは、学校のサークルなどでみんなで集まって練習したりするものではない。
「水曜どうでしょう」の中で、ミスターどうでしょうこと鈴井貴之さんが、番組企画を成立させるために実行する強行スケジュールのことを「合宿」と呼び、主に車による深夜移動がメインとなることが多い。

これをやろうというのである、それも「ひとり」で。

こうして始まった今回の「ひとり合宿」。
まずは、高速道路に入り、伊勢湾岸道路から東名阪、名古屋高速、名神高速を経由し、東海北陸道へと向かう。
東海北陸道では、SA/PAがあるたびに車を止めて5分から10分ほど休憩しては、また走り続け、岐阜県内を通り抜けて、富山県へ。

早朝4時過ぎに富山インターを降りて、インター近くのマクドナルドへ。
ここは、公衆無線LANが使えるのだが電源が取れない。とりあえず、ノートPCのバッテリーが持つところまでと思いながら、前日の樋口さんのコンサート記事をUP。記事をUPしてふと気がつけば外はもう明るくなっていた。

再び車を走らせ、富山駅付近へ移動。
駐車場に車を止めて、路面電車(富山地方鉄道市内線)に乗車して、南富山駅へ。
ここにきた目的は今年4月に導入された新車両「サントラム」に乗ること。
この愛称は、「3両編成」「ポートラム・セントラムに続く3番目のLRT」「太陽のSUNにあやかり燦然と輝く前途に期待を込める」という意味で名づけられたそうである。

まずは駅近くの車庫へ。2010_071800062010_07180001
たくさんの車両が並ぶ中、探してみると、端のほうに「サントラム」を発見!

2010_071800032010_07180004何枚か写真をとった後、南富山駅に戻り待つことしばし、ホームに「サントラム」が入線。2010_071800192010_071800202010_07180021発車までの時間、車内を撮影する。

2010_071800232010_071800222010_071800272010_071800252010_071800302010_07180029

豊橋鉄道のT1000形(ほっトラム)とほぼ同じスペックとのこと。
富山駅前まで乗車し、少し歩いて、交差点を曲がる「サントラム」を撮影。2010_071800352010_07180036

さらに、少し歩いていくと「セントラム」の「黒」がやってきたのでこちらも撮影。2010_07180039

「合宿」の目的を達成したので、あとは帰宅すればいいのだが、普通に帰るのも面白くない。というわけで、高速には乗らず、一般道をひたすら西へ走ることにした。走りながら、ふと新しい「目的地」を思いついたので、そちらへ向かうことに。どこへ向かったのか、それはまた次の記事にて。

|

« 樋口了一コンサート「手紙~親愛なる子供たちへ~」 at 三重県川越町に行く | トップページ | 「ひとり合宿」の旅(2) »

地方交通」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あらっ、意外なところにいかれてたのですな!
前回帰省したときに、セントラムは乗りましたが
サントラムなるものが登場したのは、今ここで知りました(^^;
今年はお盆期間帰省予定がないのですが、また近々
実家に帰省した際に、乗ってみたいと思いますです。

投稿: Riezo | 2010.07.20 23:22

Riezo様
コメントありがとうございます。
ポートラムとセントラムはほぼ車両が同じなので兄弟みたいなもんですが、サントラムは車両自体が違いますので、乗り比べてみても面白いと思いますよ。
ぜひぜひ乗ってみてください!

投稿: K_S | 2010.07.20 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/48920665

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひとり合宿」の旅(1):

« 樋口了一コンサート「手紙~親愛なる子供たちへ~」 at 三重県川越町に行く | トップページ | 「ひとり合宿」の旅(2) »