« 旧急行形気動車ラストランへのカウントダウン・「あそ1962」引退へ | トップページ | マップ片手に鉄道で巡る埼玉B級グルメはいかが? »

2010.10.22

指宿枕崎線に「左右非対称」の観光特急登場!

さまざまな観光特急を登場させているJR九州が来春また新たな観光特急を登場させる。

指宿枕崎線特急に「たまて箱」 海側は白、山側は黒(朝日新聞)
平成23年春の観光列車新設について(JR九州ニュースリリース)

記事ならびにJR九州のニュースリリースによれば、新たな観光特急の名前は「指宿のたまて箱」(愛称「いぶたま」)。指宿枕崎線の鹿児島中央と指宿の間を1日3往復する列車として来年春に運転を開始するとのこと。九州新幹線全線開通にあわせての登場ということだろう。

デザインはおなじみ水戸岡鋭治さんによるもので、記事やニュースリリース別紙のイラストを見ると、海側は「白」山側は「黒」と非対称の塗色になっている。

「マジンガーZのあしゅら男爵みたい」と思ったのは、私だけではないはずだ(笑)

さらに、列車名の「たまて箱」にちなんで、ドアが開くと煙に見立てた霧が出るそうで、この「遊び心」が水戸岡さんらしいと思う。

ただ、この「いぶたま」の登場により、現在運転されている特別快速「なのはなDX」は運転を終了する。「なのはなDX」も良い車両だっただけに、車両だけは何とか使い続けて欲しいものである。

|

« 旧急行形気動車ラストランへのカウントダウン・「あそ1962」引退へ | トップページ | マップ片手に鉄道で巡る埼玉B級グルメはいかが? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/49817060

この記事へのトラックバック一覧です: 指宿枕崎線に「左右非対称」の観光特急登場!:

« 旧急行形気動車ラストランへのカウントダウン・「あそ1962」引退へ | トップページ | マップ片手に鉄道で巡る埼玉B級グルメはいかが? »