« 日本唯一の定期運行・高山線のキハ58・28に乗ってみる・撮ってみる | トップページ | ついにファイナル!JR九州のブルートレインツアー »

2010.10.14

富山名物「ホルモン中華」を食べに行く

さて、高山線での撮影を終えて富山駅に戻り、あるブロガーさんからの「つぶやき」情報を元に再び移動を開始する。
その情報の場所の最寄り駅は、JR北陸線東富山駅なのだが、少し距離はあるものの富山ライトレール「ポートラム」の大広田駅からでも歩いていけそうである。せっかくなのでポートラムに乗車。

2010_1007toyama0066

大広田駅から歩くこと15分ほど、そのお店の看板を発見。2010_1007toyama0071

お店はすぐ近くにあった。

2010_1007toyama0079

手打ち専門店「アラキ」(サイトはこちら)。「おにぎりあたためますか」(HTB)で紹介されたこのお店、開店は11時のはずなのだが、すでに数名のお客さんが入っていたので、入ってみる。2010_1007toyama0072

自動券売機の上にサイン色紙が飾られていた。
この店の名物は、豚のホルモンがたっぷりのった「ホルモン中華」である。もちろんこれを注文するのだが、店内に入る前、そして入った後にも気になるものがある。2010_1007toyama00772010_1007toyama0075

「麺の量が多いです」
どういうことだろうか?2010_1007toyama0078

メニューの中にも「小盛」という表記がある。とりあえず普通の量と思われる「ホルモン中華(中)」にしておく。2010_1007toyama0073

食券は「ホル中」と表記されていた。
待つことしばし、「ホル中」がやってきた。2010_1007toyama0074

写真では伝わらないかもしれないが、このホル中、かなり麺の量が多い。普通のラーメン屋であれば「大盛り」といってもいいくらいの量である。
早速食べ始めるのだが、食べても食べても麺が減らない(苦笑)。
ホルモンの量もかなりボリュームがあり、何とか完食したが、翌日昼まで胃の中が麺とホルモンで埋め尽くされているような感覚であった(笑)
その後は、東富山駅まで歩き、ひたすら在来線を乗り継いて帰宅の途へとついた。

今回の旅、食事を振り返ると、結局「麺」しか食べてないということに気づいた(苦笑)まあ麺類は大好きなのでそれでもいいのだが、せっかく富山まで来たのだから海の幸も何か食べればよかったなあ・・・。

|

« 日本唯一の定期運行・高山線のキハ58・28に乗ってみる・撮ってみる | トップページ | ついにファイナル!JR九州のブルートレインツアー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/49742290

この記事へのトラックバック一覧です: 富山名物「ホルモン中華」を食べに行く:

« 日本唯一の定期運行・高山線のキハ58・28に乗ってみる・撮ってみる | トップページ | ついにファイナル!JR九州のブルートレインツアー »