« 八木橋百貨店「秋の大北海道展」HTBショップへ行く | トップページ | 試乗史上最大(?)「九州新幹線全線開業」記念試乗会の募集人員は11,312名! »

2010.11.21

長野&日光・鬼怒川で元NEXが再デビュー

初代成田エクスプレスとして活躍していた253系が、来年春長野と日光・鬼怒川で再デビューを果たす。

元「成田エクスプレス」253系、長野電鉄の愛称は「スノーモンキー」に決定(マイコミジャーナル)
ニーゴーサンケイでニッコーサンケイ - JR東、東武直通特急に253系を投入(マイコミジャーナル)

まず長野の方は、長野電鉄と山ノ内町が共同で愛称募集を実施していたのだが、この度「車両前面の赤色と側面の白のコントラスト」から連想したという選定理由により「スノーモンキー」に決定したそうである。
「NEXだからNAGANO EXPRESSでそのままでいいじゃない」という話があったかどうかは定かではないが(笑)、雪景色の中温泉に入る猿が沿線(といっても湯田中駅からバス15分、徒歩30分の場所にある地獄谷野猿公苑)にいるということもあり、いい名前が付いたようにも思う。
「スノーモンキー」の運行開始は来年3月からとなっている。

一方、日光・鬼怒川の方は、現在485・189系が使われている東武鉄道直通の特急「日光」「きぬがわ」の車両を置き換える形で、253系リニューアル車両(1000番台)が投入される。
車体は赤を基調とし、窓周りには朱色を使うことで、日光のシンボルである「二社一寺」や神橋を、窓下に黄色の帯を使うことでニッコウキスゲや紅葉をイメージしたそうである。
車内も、偶数号車は華厳の滝や中禅寺湖をイメージした「青」、奇数号車は蓮華やつつじ、紅葉をイメージした「橙」でまとめられている。
座席間隔も拡大されており、ゆったりと旅をすることが出来るのではないだろうか。
253系1000番台の運行開始は、日光に春を告げる「日光弥生祭」が開催される2011年4月16日からの予定となっている。

現役時代には結局乗る機会のなかった253系、来年はこの「再デビュー」にあわせて両方とも乗りに行きたいものである。

|

« 八木橋百貨店「秋の大北海道展」HTBショップへ行く | トップページ | 試乗史上最大(?)「九州新幹線全線開業」記念試乗会の募集人員は11,312名! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/50094652

この記事へのトラックバック一覧です: 長野&日光・鬼怒川で元NEXが再デビュー:

« 八木橋百貨店「秋の大北海道展」HTBショップへ行く | トップページ | 試乗史上最大(?)「九州新幹線全線開業」記念試乗会の募集人員は11,312名! »