« 海外への車両譲渡に思うこと | トップページ | 樋口了一さんもやってくる!八木橋「秋の大北海道展」イベントスケジュールが発表! »

2010.11.10

城崎温泉駅の発車メロディ期間限定で変更

駅の発車メロディは、その駅にちなんだ音楽が使われることがある。例えばそのエリア出身のアーティストの曲(小田急「海老名駅」「本厚木駅」の「SAKURA」「YELL」いきものがかり)とか、駅名のイメージにあわせた曲(さくら夙川駅の「桜」コブクロ※現在は違う曲)などが多いが、今回城崎温泉駅で採用された発車メロディは、その歌の「歌詞」に関係がある。

カニ食べ行こう~城崎温泉駅はPUFFY(読売新聞)

記事によれば、今回、城崎温泉駅の発着案内メロディに採用されたのはPUFFYの「渚にまつわるエトセトラ」。
この曲の歌詞のサビには「カニ食べ行こう はにかんで行こう」という歌詞があり、ズワイガニ漁の解禁と特急「はまかぜ」の新型車量導入にあわせて11月7日から変更し、来年3月21日まで列車の接近と出発を知らせるとのこと。

ただ、「発着案内メロディ」ということは、到着するときにはカニを食べにやってきた人は電車の中なので聞こえず、出発するときには車内でも聞こえるだろうが、もうカニを食べて城崎から帰る人たちが聞くことになるので、「カニ食べ行こう」といわれても「もう食べたがな」とツッコミを入れられそうな気がする(笑)

その点、今年3月から使われていたという「ドリフのビバノン音頭」はぴったりだと思う。

「ババンババンバンバン♪」
「風呂入れよ」
「入ったわ!」
「ババンババンバンバン♪」
「また来年~!」

てな感じで合いの手を入れられそうだ(笑)

「はまかぜ」の新型車両に乗るついでに新しい駅メロディを聴きに行きたいものである。

|

« 海外への車両譲渡に思うこと | トップページ | 樋口了一さんもやってくる!八木橋「秋の大北海道展」イベントスケジュールが発表! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先日、播但線を走るはまかぜを目撃しました!
シルバーに輝く車体、とってもかっこよかったんですけど、やっぱり播但線にはいつも走ってるあのなんとも言えない色(えんじ色?)が似合うかな?w
はまかぜ内部のレポ、楽しみにしてます♪

メロディーに対するK_Sさんのツッコミ、大いに笑いました!確かにねぇ〜w

投稿: きょうこ | 2010.11.12 21:35

きょうこ様
コメントありがとうございます。
おお、すでに新はまかぜをご覧になっているのですね!
私は試運転のときにチラッと見かけただけで、まだちゃんとは見ていません。
いつもの色というのは、普通電車のあの色のことでしょうか。
あの色は一応「ワインレッド」ということだそうですよ。
新はまかぜに乗るのはちょっと先になりそうですが、乗ったら記事にしたいと思っております。
メロディへのツッコミ、ぜひ現地でやってみたいものです(笑)

投稿: K_S | 2010.11.12 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/49992020

この記事へのトラックバック一覧です: 城崎温泉駅の発車メロディ期間限定で変更:

« 海外への車両譲渡に思うこと | トップページ | 樋口了一さんもやってくる!八木橋「秋の大北海道展」イベントスケジュールが発表! »