« 「旅の終わりは個室寝台車」で! | トップページ | 年末恒例の旅(2)東北から北海道へあれこれ乗り継ぐ »

2010.12.31

年末恒例の旅(1)富士急&都電で乗りたかった車両に出会う

ここ数年は年末に長期の休暇を取り、長い旅に出るのが定番となりつつある。
今年もそのつもりでずいぶん前から計画を立てていたのだが、休暇が思うほど取得できず予定を大幅に変更して実行することになった。これから数回に分けてその旅について記事を書いていく予定である。

旅の出発日は樋口了一さんの定例ライブが渋谷で行われるのにあわせて前日の12月26日。この日も所用があり、出発は夜。電車を乗り継いでこれに乗り込む。20101226224755

おなじみ、「ムーンライトながら」である。青春18きっぷ2日分との組み合わせなら、格安深夜バスとそんなに値段も違わないし、格段に「ながら」のほうが「楽」である。
翌朝4時40分、横浜で下車。樋口さんのライブ開始は19時30分。まだまだ時間はある。京浜東北線と横浜線を乗り継いで八王子へ。ここで「北海道&東日本パス(普通列車限定)」を購入。
さらに中央線に乗り換えて、大月で下車。ここから乗車するのはこちら。20101227072047

富士急行。以前から乗りたいと思いつつ、なかなか乗車する機会のなかった路線である。こちらは「北海道&東日本パス」で乗車することができる。
まずはすぐ接続する電車に乗り込み、途中リニア実験線の高架や富士山の見えるポイントを確認しつつ、富士吉田駅で下車。一旦大月駅へと舞い戻る。戻りの電車は「トーマス電車」。2010_1227_31eastjapantrip0017

2010_1227_31eastjapantrip0046

2010_1227_31eastjapantrip0023

2010_1227_31eastjapantrip0030

2010_1227_31eastjapantrip0038

車内外にトーマスとそのなかまたちのイラストがふんだんに盛り込まれているほか、トーマスの顔が座席になっているところもある。
大月駅に戻ってきたのにはもちろんわけがある。それはこれに乗るためである。

2010_1227_31eastjapantrip0082富士登山電車。鉄道車両デザインでおなじみの水戸岡鋭冶さんが手がけた車両で、別途200円の料金が必要である。
2両編成の電車には「赤富士」「青富士」の名前がつけられており、それぞれ違った内装デザインになっているl。木をふんだんに使い、グッズの展示スペースや本棚があったりと、水戸岡さんらしさがあふれた車両となっている。

2010_1227_31eastjapantrip00522010_1227_31eastjapantrip00562010_1227_31eastjapantrip00592010_1227_31eastjapantrip00602010_1227_31eastjapantrip0106

9時45分、大月駅を出発。車内アナウンスも観光案内が盛り込まれており、先ほど確認しておいたリニア実験線や富士山のビューポイントもきちんと押さえてくれる。それにあわせて写真を撮影。2010_1227_31eastjapantrip0118

リニア実験線。さすがに走行はしていなかった。2010_1227_31eastjapantrip0130

富士山。静岡川から見るよりも明らかに近くて大きい。

終点の河口湖駅に到着し、駅舎を撮影しようと駅前に出てみると、駅舎の向こうにちょうど富士山が見える。2010_1227_31eastjapantrip0179

どこかのセットか書割のようにも見えなくはないが、後ろにあるのは本物の富士山である。
駅前には、富士急行の前身である富士山麓電気鉄道の車両が展示されていた。2010_1227_31eastjapantrip01722010_1227_31eastjapantrip0174

再び大月駅まで戻り、中央線で高尾を経由して新宿へ。山手線に乗り換えて大塚で下車する。
ここから乗車するのはこちら。

2010_1227_31eastjapantrip0206

都電荒川線である。もう何度も乗ったことのある都電ではあるが、以前から気になっている車両がある。それは、阪堺電気軌道カラーに塗装された車両である。以前記事にしたのだが、都電荒川線と阪堺電気軌道は相互PRを兼ねて、双方の車両カラーに塗装された車両を運行している。
ちなみに阪堺で走る都電カラーの車両はこちら。2010_06200001

これを撮影して以来、都電でも撮影せねばと思っていたのである。とはいえ、運行ダイヤを調べているわけでもないので、とりあえず荒川車庫まで行ってみることにする。
荒川車庫前で下車して、車庫の中をのぞいてみると・・・いた!

2010_1227_31eastjapantrip0193奥のほうに阪堺の緑色に塗られた車両を見ることができた。でもどうせなら走っているところを見て撮影したいけど・・・まあ、そううまくはいかないだろうと思いながら、ホームで待っていると、目の前に真新しい車両がやってきた。

2010_1227_31eastjapantrip0195先日、鉄道ジャーナリスト史絵.さんのブログで紹介されていた最新車両である。せっかくなので乗車してみる。乗り込んで、ちょうど車庫の前を過ぎるときに、先ほどの阪堺カラーの車両の前に止まっていた電車が車庫から出て行くのが見えた。これは!もしかしたらあの阪堺カラーの車両ももうすぐ出てくるのではないか!
そこで、王子駅前電停で下車し、ホームでしばらく待ってみることにした。
しかしやってくるのは違う車両ばかり。2010_1227_31eastjapantrip02032010_1227_31eastjapantrip0211待っている間に最新車両を何両も撮影することができた・・・それが目的ではないのだが(苦笑)。
待つこと1時間、日も落ち、寒くなってきたし、そろそろ渋谷へ向かったほうがよさそうだと判断、来ようと来まいと次の電車で移動しようと決めて待っていると・・・!!!!

2010_1227_31eastjapantrip0223阪堺カラーの車両がやってきた!奇跡的(とはオーバーだが)な登場である。2010_1227_31eastjapantrip02272010_1227_31eastjapantrip0225早速乗り込み、終点の早稲田まで乗車。

早稲田から折り返して、鬼子母神前電停で下車し、地下鉄副都心線で渋谷へと向かい、樋口さんのライブへと向かった(樋口さんのライブについてはこちらの記事へ)。

樋口さんのライブが終わった後、再び旅が始まるのだが、それはまた別の記事にて。

|

« 「旅の終わりは個室寝台車」で! | トップページ | 年末恒例の旅(2)東北から北海道へあれこれ乗り継ぐ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/50451916

この記事へのトラックバック一覧です: 年末恒例の旅(1)富士急&都電で乗りたかった車両に出会う:

« 「旅の終わりは個室寝台車」で! | トップページ | 年末恒例の旅(2)東北から北海道へあれこれ乗り継ぐ »