« 地デジ化への道(後編) | トップページ | おかげ様ブラザースUNIT5のライブに行く »

2010.12.09

ホームで触れる高野線の歴史「南海思い出ミュージアム」オープン

南海高野線(汐見橋-極楽橋)の全線開通80周年を記念して、全国の大手私鉄では唯一となる駅構内ミュージアムが12月8日にオープンしている。

高野線歴史ホームに展示:和歌山(読売新聞)
高野下駅ホームに「南海思い出ミュージアム」を設置します(南海電鉄・PDF)

記事ならびに南海電鉄のニュースリリースによれば、「南海思い出ミュージアム」と名づけられたこの施設は、南海高野線高野下駅のホームに設置されており、ホーム中央付近に設けられた展示ケース・展示ツリーには、犬釘(レール固定に使われたもの)や車両に取り付けられていた社章、実際に使用されていたレールを中心にさまざまなメーカーの古レールが展示されている。
また、ホームの上屋すべての柱に外国製の古いレールが使用されており、製造会社・製造年月・発注会社などの刻印を研磨して読みやすくしたり、説明板も設置されている。
さらに、駅舎の駅名看板も昭和初期のデザインに復刻しており、駅全体が「ミュージアム」として楽しめるようになっている。

これからますます寒くなってくるが、ホーム上にある鉄道展示施設というのは珍しいので、近いうちに訪れたいものである。

|

« 地デジ化への道(後編) | トップページ | おかげ様ブラザースUNIT5のライブに行く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/50256797

この記事へのトラックバック一覧です: ホームで触れる高野線の歴史「南海思い出ミュージアム」オープン:

« 地デジ化への道(後編) | トップページ | おかげ様ブラザースUNIT5のライブに行く »