« E5系「はやぶさ」4000人試乗会募集開始! | トップページ | 乗ってピンバッジ、思い出送ってキーホルダーをもらおう!特急「雷鳥」運転終了イベント開催! »

2011.01.14

ぶらり地下鉄の旅in名古屋

休みの朝、どこかに行きたいなあと思いながら、時刻表を見たり、ネットでいろいろ見たりしているうちに時間があっという間に過ぎてしまい、気づけば夕方。今からではそう遠くにも出かけられない、どうしようか・・・そこでふと頭に浮かんだ場所があった。それは「名古屋」。
「乗り鉄」として、日本の鉄道全路線踏破に向けて、あちこちの鉄道に乗車し続けているのだが、残っているのが東北エリアの一部(JR・地下鉄・第三セクター)、関東エリアの一部(私鉄と第三セクター)、そして東海エリアの一部(名古屋の地下鉄)である。
名古屋の地下鉄も半分くらいは乗車済みなので、1日あれば十分全線踏破できそうである。それと、「レトロでんしゃ館」という旧名古屋市電や地下鉄の旧型車両が展示されている施設もあるようなので、これを絡めた旅にしようと決定。
旅支度を整え、三宮バスターミナルから高速バスで一路名古屋へ。

2011_01130001

この日は名古屋で一泊となった。
翌日朝、ホテル近くの伏見駅で1日乗車券を購入。2011_01130002

前日ホテルで踏破ルートを決めるときに、ずっと地下鉄ばかりに乗るのは飽きると思い、バスを組み合わせた行程を組んだので、バスと地下鉄に乗車できる1日乗車券である。
東山線に乗車してまず最初に向かったのは、終点の高畑駅。2011_01130003

2011_01130004

「愛・地球博」の時に名古屋から「リニモ」の接続駅である藤が丘駅までは乗車したことがあったのだが、こちら方面は未乗車であった。
高畑駅からは、市バスに乗り換えて六番町に向かい、名港線に乗り換えて、終点の名古屋港駅へ向かう。2011_011300092011_011300122011_01130013

名古屋港駅では近くにちょっと気になる施設があるので立ち寄ってみることにする。
駅から歩くこと数分・・・着いた!2011_01130016

南極観測船「ふじ」である。子供のころ、南極観測船といえば「ふじ」であった。1965年に初代観測船の「宗谷」に代わって登場し、1983年までその任務についていた。今はここ名古屋港に係留され、見学することができるという。また、「ふじ」が係留されている名古屋港ガーデンふ頭には、こんなものも展示されている。2011_01130018

南極の基地近くで採取された石2011_01130024

雪上車2011_01130031

「ふじ」の主錨2011_01130037

「ふじ」のプロペラ2011_01130039

「南極物語」でおなじみのタロ・ジロの像。

せっかくなので「ふじ」の中に入ってみることにした(入館料は300円)。

船内に入ると、まず最初に「食堂」がある。2011_01130052

この食堂のいすは先代の観測船「しらせ(初代)」で使われていたものとのこと。
食堂の隣には調理室がある。2011_01130054

!!!「人」がいる。もちろん人形なのだが、結構リアルである。この後もいろんな場所で「彼ら」の姿を見ることになる。
船内を進んでいくと、観測隊員や乗組員の居室などが再現されている。2011_01130074

幹部である士官の部屋はまずまずの広さである。
下士官のなかでも主だった人(先任海曹)の部屋はこんな感じ。2011_01130090なにやらゲームで楽しんでいるようだ。ここではテーブルにおいてある物に注目。2011_01130093

船の中なのに「ゼロの焦点」とか「鉄道ものしり事典」とか・・・「鉄」の人がいたのだろうか?2011_01130132

こちらの引き出しの上には、「スヌーピー」とか熊のぬいぐるみが・・・かわいいもの好きなのだろうか?2011_01130131

こっち見んな!(笑)

一方で「平」の乗組員たちの寝床は・・・2011_01130097

昔、3段式のB寝台車のことを「かいこ棚」と呼んでいたそうだが、こちらの方がより「かいこ棚」に近い。
また、医務室や理容室なども再現されている。2011_011300822011_01130085
エンジンが見られる場所では、スピーカーからエンジン音が聞こえるようになっている。2011_01130115

さらに進んでいくと、「南極の博物館」がある。
こちらでは南極観測の歴史や観測の様子がパネルやジオラマ、映像で紹介されたり、南極の氷や実際に使われていた雪上車やそりなどが展示されている。2011_011301512011_011301482011_011301642011_011301842011_011301792011_01130182

扉を出ると、そこにはヘリコプターが展示されている。2011_01130221

こちらも実際に南極観測の輸送支援で使われたものである。
続いてはブリッジ(操舵室)へ。2011_01130234

こちらでもスピーカーから操舵室でのやりとりが流れている。
ブリッジを抜けて、再び船内に戻り「ふじライブラリー」に入ってみる。2011_01130248

こちらでは、南極観測に関する図書の閲覧ができるほか、DVDの映像が流れており、思わず見入ってしまう。気がつけば、次の移動予定時間を大幅に超えて見学していた。
時間超過したついでに、すぐ近くにある「名古屋海洋博物館」にも立ち寄ってみる(入館料300円)。
こちらは名古屋港の歴史や名古屋港で扱われる輸出入品などが、パネルや模型、映像などで紹介されている。
こちらはガントリークレーンの操縦席から見た映像が見られる。2011_01130274

そして、名古屋港で扱われる輸出品といえばこれ。2011_01130263

自動車。もちろん「トヨタ」である(ちなみに展示車両はカローラ)。
そしてもうひとつ。2011_01130267

バイク。もちろん「ホンダ」である。
やや急ぎめでの見学ではあったが、子供のころ夏休みの自由研究で「神戸港」をテーマに取り上げたものとしては、ここの展示はかなり興味深いものであった。

時計を見ると、もう12時になろうとしている。お昼ごはんを食べねば・・・ということで、再び地下鉄に乗り込み、上前津駅で乗り換えて、降りた駅は鶴舞・・・といえば、わかる人にはわかるはず。
お昼ごはんを食べに訪れた場所はこちら!2011_01130294

カフェレスト「ラディッシュ」、「水曜どうでしょう」の藤村Dのお母様がやっておられるお店である。
店はちょうどお昼時で、店内はいっぱいかと思ったのだが、ちょうど席が空いたところで、案内されたのは、目の前にこんなものがある席。2011_01130292

どうでしょうやCUE関連の資料がそろった席である(ちなみにこれらの資料はすべてファンの方が勝手に持ってきて整理して置いているとのこと)。水曜どうでしょうの「対決列島」で対決した席でもある。ファンの方なら一度は座ってみたい場所ではないだろうか。まあ個人的には前回初訪問のときに、わざわざ案内していただいたので、今回はこの席でなくてもよかったのだが(苦笑)。
とりあえずランチを注文する。お水を持ってきた店の方に「どちらからいらっしゃったんですか?」と聞かれる。神戸だと答えると、「遠いところからわざわざありがとうございます」と言われ、恐縮・・・自分の中では名古屋は遠い場所ではないのだが(苦笑)
待つことしばし、お客さんも少なくなってきたころに「ランチ」が出てくる。2011_01130289

相変わらずの量である。とにかく多い。でもうまいから全部食べてしまうのだ!
おいしくいただいて、コーヒーを飲みながらゆっくりしていると、店の奥からある人が登場!

「神戸から来たの?」

声をかけてきたのは、そう、藤村Dのお母様である。前回訪れたときはちらりとお見かけしただけだったのだが、今日はあれやこれやとたくさんお話をしてくださる。
今日はいつもよりどうでしょうファンの来訪が少ないというお母様。いつもなら平日でもかなりファンの方がこられるそうで、特にサラリーマンが出張で訪れるとのこと。また土曜日は朝からファンでいっぱいになるそうだ。
それから、どうでしょうがなぜ面白いのかとか、屋久島ロケ同行の話とか、その他いろんなお話をしてくださったのだが、ブログで書くとはお伝えしていないのでこのくらいにしておく。
結局3時間も滞在し、おいしい昆布茶もいただいて、「また来ます!」といって店を出て、地下鉄に乗り込んで名古屋駅へ。帰りも高速バスに乗り込んで、渋滞に巻き込まれることもなく帰宅の途へついた。

今回は当初の目的であった地下鉄全線踏破と「レトロでんしゃ館」見学は出来ずじまいだったが、実に中身の濃い旅をすることができた。
3月にはJR東海が「リニア・鉄道館」を開設するし、地下鉄桜通線も野並から徳重までが延伸開業することになっているので、これに合わせて名古屋を訪れたいと思っているのだが、また「ラディッシュ」に立ち寄って、どちらにも行けないかもしれない(笑)

|

« E5系「はやぶさ」4000人試乗会募集開始! | トップページ | 乗ってピンバッジ、思い出送ってキーホルダーをもらおう!特急「雷鳥」運転終了イベント開催! »

旅行・地域」カテゴリの記事

水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

電車の中でブログを読ませて頂いておりまして、お人形にツッコミを入れてられるのに思わず「ぐふっ」と笑ってしまって・・(^^;;)。
藤村Dの母上とお話していると、なにかホッとしてきます。で、ついつい長居してしまうのですよね(笑)。何処かへ行かないと行けないときは、先に済ませてから、ラディシュ討ち入りがいいかもです(笑)

投稿: まねぴー | 2011.01.18 00:06

まねぴー様
コメントありがとうございます。
「ふじ」の人形と部屋の小物はツッコミどころ満載でしたよ(笑)
それと「ラディッシュ」は「最終目的地」にした方がよさそうですね(笑)

投稿: K_S | 2011.01.18 20:47

どうもです。事情あって名を秘しますが、謎の人(と風船)です。

いらしていたんですね、名古屋。
今度はかあちゃんとこでお会いしたいものでございます。
名古屋->金城ふ頭->野跡->バスで延々金山->JRで鶴舞->
地下鉄赤池->名鉄バス白土->徒歩で市バス白土->徳重->名古屋
とめぐれば、わりと効率よく、ほどよく濃い(笑)まわり方が
できそうですね。
赤池近辺のおすすめのCAFEとか、もしかあちゃんとこでお会い
できましたらご案内いたしますよ。

ところで…樋口さんのラジオのサイマル放送って、どこでやって
いるものでしょうか。CBCの入りがあやふやなので願ったり
叶ったりなのですが。差し支えありませんでしたら…。

それでは。

投稿: 謎の人 | 2011.01.30 01:05

謎の人様
おそらくあの方かと思われますが(笑)、ご無沙汰しております&コメントありがとうございます。
ご紹介いただいたルート、さすがです(笑)参考にさせていただきますね。
ぜひラディッシュでお会いしたいものです。

それと樋口さんのラジオの件ですが、樋口さんがゲスト出演されていたコミュニティFMがサイマル放送を実施していたので聴けたということでございまして、残念ながら「帰ってきた夢旅人」ではありません。
全国のFM局が聞けるというauの「LISMO WAVE」を使うというのが現状ではベストなのかもしれませんね。個人的にはdocomoでもやってくれるととてもうれしいのですが。
ご参考:au端末でFMラジオと音楽映像を楽しめる「LISMO WAVE」、1月26日開始
(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1101/25/news059.html

投稿: K_S | 2011.01.30 05:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/50587250

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり地下鉄の旅in名古屋:

« E5系「はやぶさ」4000人試乗会募集開始! | トップページ | 乗ってピンバッジ、思い出送ってキーホルダーをもらおう!特急「雷鳥」運転終了イベント開催! »