« 北九州vs久留米・勝つのはどっちだ?B級ご当地グルメバトル開催! | トップページ | 土産物買って北海道の観光地を救え!格安応援ツアー実施 »

2011.04.15

おめでとう25周年!ニフティさんが記念サイトで「パソコン通信」復活?

このブログを作成している「ココログ」を提供するニフティさんが今年25周年を迎えている。それを記念したサイトがオープンしているのだが、そこにはある層(自分を含めて)にとってはとても懐かしいものがあった。

「NIFTY-Serve」へGO──ニフティ25周年サイト、パソコン通信体験も(ITmediaニュース)

今はインターネットプロバイダであるニフティさんだが、もともとはパソコン通信「NIFTY- Serve」を運営していた。1987年4月15日に誕生した「NIFTY-Serve」は、「フォーラム」と呼ばれる様々なジャンルの電子会議室があり、それぞれ趣味や関心のあるフォーラムごとに会員のコミュニティが形成され、情報交換や交流が行われていた。

1995年の阪神淡路大震災では、NIFTYのメールで安否を確認することもあったそうで、私自身も震災直後に会員になり、大学時代の友人たちと連絡を取り合ったりしたものである。
その後も、テレビ・ラジオ系のフォーラムやMIDIフォーラムなどに出入りし、いろんな情報を得たり、友人たちとチャットやパティオで交流したものである。

その後、インターネットの普及に伴い、ニフティさんもインターネットプロバイダになり、パソコン通信サービスは2006年3月末でその役目を終えたわけだが、今回の25周年記念サイトでは、この「パソコン通信」を疑似体験できるコーナーが設けられており、黒い画面でコマンドや数字を打ち込んで、メールを読んだり、フォーラムに入ったりすることが出来る。
さすがにフォーラム内の掲示板などのデータはないが、Twitterでハッシュタグ#nifty25をつけて25周年のメッセージをつぶやくと、この体験コーナーでそのつぶやききを閲覧することが出来るようになっているので、ちょっとした「掲示板書き込み閲覧体験」が出来る。

NIFTY-Serveに限らず、PC-VANやアスキーネット、また草の根BBSなどパソコン通信に慣れ親しんだ世代にはとても懐かしく、いろいろと思い出もよみがえるのではないだろうか。

今こうしてブログを作成したり、Twitterでつぶやいたりしている原点は「NIFTY-Serve」にある。この先もずっとお世話になっていくと思うので、ニフティさん、これからもよろしく!

参考:ニフティ25周年記念サイト

|

« 北九州vs久留米・勝つのはどっちだ?B級ご当地グルメバトル開催! | トップページ | 土産物買って北海道の観光地を救え!格安応援ツアー実施 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/51397946

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう25周年!ニフティさんが記念サイトで「パソコン通信」復活?:

« 北九州vs久留米・勝つのはどっちだ?B級ご当地グルメバトル開催! | トップページ | 土産物買って北海道の観光地を救え!格安応援ツアー実施 »