« 旅に出ます! | トップページ | 被災地&箱根を救う!小田急ロマンスカー運転一部再開へ! »

2011.04.07

ふらっと日帰りラウンドトリップ

当初の予定では2日間の休みを利用して遠出をするはずだったのだが、仕事の都合で休みが1日だけになってしまい、遠出の計画はあきらめたものの、どこかに出かけたいという気持ちは抑えられず、日帰りで出かけることにした。

まずは、大阪駅できっぷを購入。2011_0406roundtrip0139

(旅行終了時に撮影)
大阪市内から大阪市内まで、ぐるっと1周する行程、過去にも何度かやったことのある「ラウンドトリップ」である。
今回のトップランナーはモブログでもUPしたこちら。2011_0406roundtrip0002特急「はまかぜ」である。キハ189系に車両が変わってから乗るのは今回が初めてとなる。
2011_0406roundtrip0008

車両端の座席には、「レールスター」などでもおなじみの大きなテーブルと電源が用意されている。
朝に発生した人身事故の影響で、列車は遅れて発車。その後もなかなか遅れを取り戻せず、姫路駅では10分間の停車時間が「準備が整い次第発車」となってしまい、「駅そば」を食べる時間がなくなってしまった・・・残念!

姫路から播但線に入り、山の中を走っていく、以前の181系よりはやはり乗り心地がよくなっているような気がする。心地よい日差しと乗り心地のよさで、ついうとうとしてしまい、気がつけば山陰本線に入っていた。
このまま終点の浜坂まで行ってしまいたいところだったのだが、今回は豊岡で下車。
豊岡からは、廃線のうわさも聞こえるあの鉄道に乗車する。

北近畿タンゴ鉄道である。2011_0406roundtrip0023

1両編成の気動車には、10数名ほどの乗客。途中駅では学生やお年寄りを拾いながら、ゆっくりと走っていく。車が使えない人々にとっては欠かせない「足」、会社では「トレインオーナー」を募集して車両のリニューアルを行うなど、様々な取り組みを実施している。何とか踏ん張ってほしいと思う。
列車は、天橋立駅に到着。向かい側のホームに停車中の列車に乗り換える。乗り込むと程なくして発車。その列車はこちら。2011_0406roundtrip0036

京都行きの特急「はしだて」である。2011年3月のダイヤ改正から新型車両「287系」が一部使われるようになっている。
宮津からは、方向を変えて宮福線に入り、福知山から山陰本線へ。園部で普通列車に乗り換えて、下車したのは嵯峨嵐山。改札を出て、駅の隣にあるトロッコの駅へ向かう。といってもトロッコ列車に乗るわけではない。目的地はこちら。2011_0406roundtrip0119嵯峨野観光鉄道鉄道ミュージアム「ジオラマ京都JAPAN」である。中に入ると、そこには日本最大級のHOゲージのジオラマが広がる。2011_0406roundtrip0047

2011_0406roundtrip0044

場内奥には電気機関車EF66(実物!)の運転台が設置されており、こちらでは実際の運転装置を使ってHOゲージを運転できる。
また、この運転台以外にも実際のマスコンが設置されたスペースがあり、こちらでもHOゲージの運転が出来る。2011_0406roundtrip0039ちなみに、どちらも有料である。でも、運転しなくても見ているだけで十分楽しめる施設である。2011_0406roundtrip01052011_0406roundtrip00512011_0406roundtrip0063

列車以外の「風景」も細かく作りこまれている。2011_0406roundtrip0054交通事故発生!!!2011_0406roundtrip0100

こちらでは火災発生!消防車が消火活動に当たっている。
ちなみにこの「火災現場」は「アトラクション」として、時間を決めて火災を発生させ、消防車が現場まで走ってくるようになっているらしい。

気がつけば1時間近くジオラマを見学していた。「鉄道ミュージアム」は、ここだけではない。隣のSLを展示している「鐵風感」にも立ち寄ってみる。

2011_0406roundtrip0126 2011_0406roundtrip01272011_0406roundtrip01282011_0406roundtrip0130

運転台の見学も出来るらしいのだが、時間も遅かったので今回はパス。 この後、嵯峨嵐山駅に戻り、京都駅を経由して帰宅の途へと着いた。
1日かけて、大阪・兵庫・京都をぐるっと一周したわけだが、久しぶりに「鉄分」が補給することが出来、まずまず満足感を得ることが出来た。だが、次の旅はやはり最低1泊はしたいものである。

|

« 旅に出ます! | トップページ | 被災地&箱根を救う!小田急ロマンスカー運転一部再開へ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あぁ!やはりはまかぜでしたね。えきそばが食べられなかったのは残念…牛天(生姜風味)もなかなか美味しいので、また機会があれば是非いらしてください^^

今の季節、山陰線は素敵ですよね〜窓を開けてたら緑が入ってきて、下には川が流れていて…私がプチ乗り鉄になったきっかけの路線です。

ジオラマ、いつか見に行こうっと!私も1時間以上見続ける自信があります(笑)

投稿: きょうこ | 2011.04.09 20:20

きょうこ様
コメントありがとうございます。
「えきそば」は、大阪梅田の阪神百貨店地下でも食べられるのですが、やはり「本場」で食べたいですね(笑)
日本海側の路線はどこを通ってもいいですね。時間の流れ方が違うんじゃないかと感じます。
ジオラマ、ほんとおすすめです。日本最大級のジオラマですので(名古屋のリニア・鉄道館のジオラマのほうが少しだけ大きいらしい)、見ごたえ抜群ですよ!

投稿: K_S | 2011.04.09 23:26

訪問ありがとうございます、いつもは鐵風感でナッパ服を着てお客さまのご案内をさせていただいております、スタッフの一人でございます。

ジオラマは常に進化を続けておりますので、次回も時間がありましたら是非足をお運びください。
 きっと新しい発見があると思います。

鐵風感でも、スタッフが常に新しい知識を吸収してお客様の質問に答えられるよう日夜努力をしておりますので併せてお立ち寄りくださいませ。

投稿: | 2011.05.16 22:47

鐵風感スタッフ様
コメントありがとうございます。
ジオラマの進化、とても楽しみです。ぜひまた訪れたいと思います。
今回は鐵風感さんでの時間があまり取れませんでしたので、次はもう少し早めの時間にお伺いしてじっくり見学させていただきます!

投稿: K_S | 2011.05.16 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/51320554

この記事へのトラックバック一覧です: ふらっと日帰りラウンドトリップ:

« 旅に出ます! | トップページ | 被災地&箱根を救う!小田急ロマンスカー運転一部再開へ! »