« 「鉄道プラザ」に行ってみる | トップページ | いすみ鉄道社長の本を読了する »

2011.05.10

JR東日本の復興・応援策「つなげよう、日本。」「日本を元気に」

JR東日本グループが、東日本大震災からの復興に向けた様々な復興・応援策の実施を発表した。

~JR東日本は復興に向けた様々な取り組みを実施します~(JR東日本プレスリリース・PDF)

まずはお得なきっぷ情報から確認してみる。
「やまびこ自由席片道きっぷ」は、復興支援にあたっているボランティアなどの方が利用しやすいきっぷで、被災地エリアから東京までの東北新幹線「やまびこ」の自由席がほぼ半額になるというもの。発売・利用期間は平成23 年5 月14 日(土)~6 月13 日(月)で、利用当日も購入可能となっている。

「JR東日本パス」は、東北をはじめとした東日本エリアの観光や、復興支援・お見舞い・帰省といった移動のサポートを目的としたきっぷで、JR東日本・北越急行・青い森鉄道・IRG岩手銀河鉄道全線の新幹線・特急列車の普通車自由席が1日乗り降り自由で、さらに普通車指定席も2回まで利用可能(事前予約必要)となる。お値段は大人10,000円、こども5,000円となっており、この「JR東日本パス」利用者は、フリーエリア内の駅レンタカー営業所で「Sクラス」のレンタカーが1日3,500円で利用できるとのこと。

この「JR東日本パス」を使って出かけるのに最適なキャンペーンが「青森デスティネーションキャンペーン」である。
4月23日に始まり、7月22日まで行われるこのキャンペーンは「行くたび、あたらしい。青森」「~がんばろう日本!がんばろう東北!~」をキャッチフレーズに、青森県全域と秋田県の大館市、能代市、八峰町、小坂町、藤里町で開催されるもので、D51498号機によるSL列車「SL津軽号」(弘前-青森間・2011 年6 月11 日(土)・12 日(日運転)、「リゾートあすなろ」(大湊線・津軽線)、「リゾートしらかみ」(五能線)の運転や、観光周遊バス「びゅうばす」8コースの運行、定額観光タクシーやハイキング特別コースの設定、エリア内約200施設から3施設のスタンプを集めて応募すると1,000名に青森満喫賞品が当たる「あおもり満喫スタンプラリー」の開催など、盛りだくさんの内容で展開されている。

そして、出かけた先でのお泊りにはJR東日本ホテルズの特別プランがおすすめである。
4月30日から6月末まで、JR東日本ホテルズの予約サイトで特別宿泊プランが提供されており、売り上げの一部は被災地支援のための義援金になるとのこと。

なかなか東北までは出かけられないという方には、東日本エリアの各県、地域を応援する「応援産直市」が行われるそうなので、こちらにいくというのもよいだろう。
また、駅のコンビニ「NEWDAYS」の首都圏主要店舗では、東北地方のみやげ物が販売されていたり、ホテルメトロポリタンでは「食の応援プロジェクト」として、被災地域や東北各県の食材を使った料理や地酒などが提供されていたり、駅弁大会の開催や、駅ビルでの復興応援キャンペーンなど、あらゆる取り組みが行われる。

自らも被災企業であるJR東日本さんの様々な取り組み、関東方面に出かける機会があれば、ぜひとも協力したいと思う。

|

« 「鉄道プラザ」に行ってみる | トップページ | いすみ鉄道社長の本を読了する »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14516/51636397

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本の復興・応援策「つなげよう、日本。」「日本を元気に」:

« 「鉄道プラザ」に行ってみる | トップページ | いすみ鉄道社長の本を読了する »